せどりのデメリット克服法。メリットを強くしてやる理由を見出そう

 


友だち追加

この記事の所要時間: 352

細野です。

 

せどりという話をすると、せどりのデメリットが敬遠されてしまう経験を何度もしてきました。

 

とても悔しかったので研究を重ねて、やらない理由を突きつけられない状態にしてやりました。

 

今回はせどりのデメリットをメリットに変換して、やりたくなる理由をたくさん作る方法を解説します。

 

せどりは在庫を持つからやりたくない

 

せどりの提案をすると真っ先に批判されるのが在庫です。

 

売れるか売れないかわからない商品を仕入れるので、お金がかかる、作業も多くて面倒というわけですね。

 

これに対する反論としては、現在では在庫を持たなくても参入が得きるので失敗するリスクはないという事です。

 

PPCアフィリエイトであれば広告出稿のお金がかかります。

アフィリエイトであれば記事を書くために調べたりする時間がかかる。

 

物販は出品するのにお金がかからない。

出品するリサーチに記事を書く時ほどかからない。

 

だから他の副業よりも実践しやすいと言えるはずです。

 

せどりで仕入れに行くのが無理。車持ってない

 

次によく来る批判として、仕入れに行きたいくない。

車持ってないし、店で仕入れするのが恥ずかしい。

こういう批判ですね。

 

これは何度も指摘されたことなので、シカトしてきたのですが、現在では仕入れさえも不要の仕組みを作ってオーバーウェルムしてやりました。

 

せどりに仕入れが必要な理由は在庫を持つからですよね?

在庫を持たなければ仕入れ作業は不要だし、販売元からお客さんの所に直送すればいいだけなので、発送作業も不要。

 

これであればどんな人でも出来るはずです。

 

仕入れ事態は楽しい側面もあるので、長期的には経験をして出来るようになって欲しいです。

ただ入口の部分でつらそうと判断されてしまうのはもったいないので、仕入れしなくてもいいやり方を最初に提案しています。

 

車を持ってない方でも物販で稼ぐことは可能なので、諦めないで下さい。

 

Amazonの操作が難しく出来ない

 

次に来る批判として、過去にメルカリをやっていた人から、Amazonで操作難しくないですか?というもの。

 

確かに数タップで出品が終わるメルカリに比べたら若干複雑に見えるかもしれないです。

 

ただし何度かやっていれば慣れることですし、出品大学と言ってやり方を詳しくAmazon事態が解説をやってくれるサービスがあります。

そこを見てやればどんな人でも出来るはず。

 

それでも無理だと思うのであれば、ヤフオクはどうでしょうか。

メルカリよりは少し面倒ですけど、同じような作業で出品が終わります。

 

家の中が仕入れた商品やダンボールだらけになって奥さんから怒られる

 

次の批判です。

 

これは結婚をしている人からの批判です。

 

奥さんが神経質な人で家の中に物が増えると機嫌が悪くなるそうなんです。

過去には一緒に仕入れに行って欲しいけど、商品を仕入れるのは嫌ですという人がいました。

 

その人は結局買ってもらったんですけど、自宅とは別に倉庫を借りてせどりをやるようになりました。

 

現在は顧客直送というサービスがあるので、自宅に仕入れた商品やダンボールが溜まってしまうことがありません。

 

家族に負担や迷惑がかかったら心配という方でも問題なく実践できるんです。

 

やれば稼げる。それが物販だ

 

頂いた批判に反論をしてきましたが、結論としてはやれば稼げるよって事です。

 

そして主観的にも、客観的にも物販に取り組むハードルってすごく低いです。

 

昔は資金が必要だったり、車ないときつかったり、在庫を持たなければいけなかったりと、皆さんが嫌がるのもわかる理由がたくさんありました。

 

でも今は違います。

 

過去に物販って大変そうだし、自分には無理だなーと思った方ももう一度チャレンジしてみませんか?

 

ノウハウ探しをして稼げない状態を続けるよりも、手段は問わずに稼げるようになったほうが可能性は広がるはずです。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す