amazon出品制限対処法2017。CD、家電、ゲーム、おもちゃでは稼げない?

 


友だち追加

この記事の所要時間: 64

細野です。

 

新しくアマゾンでアカウントを取得すると、多くのカテゴリーで出品規制が適用されています。

そのため、仕入れをして出品をしようとしても販売そのものが出来ず詰んでしまう人がいます。

 

半年以上このような状況が続くアマゾン。

もはやアマゾンで稼ぐことは不可能なのでしょうか?

 

Amazonの出品制限:CDが規制される理由と対処法

 

まず最初に音楽CDの規制についてです。

 

音楽CDが規制された理由は、アカウント情報を盗む詐欺行為に続き、偽物を販売する人が出てきたからです。

新規のアカウントは中古、新品関係なくCDを出品することが出来ません。

 

CDが取り扱えないと予約転売や新品転売、中古CDの仕入れが一切出来なくなるので、このカテゴリーの転売は諦めないといけないです。

 

しかしCDは元々そんなに売れるジャンルではないので、影響は少ないですし、利益率が高いわけでもないのでそれほど影響はありません。

 

現在は多くの人がYouTubeや定額サービスで音楽を聴くというスタイルに移行しているので、音楽CDを仕入れられない事で問題が出ること張りません。

 

Amazonの出品制限:DVDやBlu-rayが規制される理由と対処法

 

CDだけでなくDVDやBlu-rayも規制されています。

 

一昔前はお店のワゴンコーナーや処分品をスキャンして仕入れましょうという塾や教材があったのですが、今はその手法が使えなくなりました。

 

映像コンテンツに関しても熱心なファン以外はオンデマンドサービスで見ることが当たり前になりましたので、完全にダウントレンドに突入しています。

元々動きがゆっくりな商品だったのが、さらに売れるまで時間がかかるようになっています。

 

無理してこのカテゴリーに取り組む理由はないと言えるでしょう。

 

Amazonの出品制限:家電が規制される理由と対処法

 

メーカーの商品を中心に家電商品にも規制がかかっています。

 

新品は多くのメーカーで規制がかかっており、中古は今のところ出せるメーカーが多いです。

その事もあり、中古家電の教材が販売されたりして、家電仕入れをやってる人の多くが中古に以降をしました。

 

ただ家電の場合はAmazon以外でも売れるので、規制されたからといって騒ぐほどの事ではありません。

当たり前の話をするのですが、Amazonで人気のある商品は他の市場でも人気があります。

 

ヤフオクやメルカリに出すことで問題なく売れていくので、そちらで販売をすればいいだけの話。

 

家電をメインにするとリサーチに時間がかかりすぎて効率は若干落ちますが、稼ぐだけならば規制をされていても影響はないです。

 

中古家電の場合は工夫をすることで高く売ることが出来るので、販売のコツを学べばAmazonでしっかりと稼いでいくことが可能です。

 

新品を取り扱える方はライバルが非常に少ない状態なので、家電量販店さんで新品を仕入れに行ってみましょう。

非常においしい狩場になっていることが理解できるはずです。

 

Amazonの出品制限:ゲームが規制される理由と対処法

 

ゲームせどりの塾やコンサルを壊滅に追い込んだのが、ゲームの出品規制です。

元々回転が良くて、簡単に実践できるジャンルだっただけに、この影響はとても大きいです。

 

新品だけでなく中古にも規制がかかっているので、ゲーム機転売もオワコン化しました。

 

ただゲームの規制は新規の方でも気がついたら解除されていたという報告も貰っているので、今後は規制も緩くなっていくものと予想されます。

 

ゲームせどりは覚えゲーなので、ノウハウ覚えたら単調作業の繰り返しです。

ただしこのジャンルだけで大きく稼ぐことは難しいので、数ある転売手法の一つとして取り組んでいくのがいいでしょう。

 

Amazonの出品制限:フィギュアが規制される理由と対処法

 

フィギュアに関しては規制が入るものと、入らないものがあります。

 

その基準も不明であり、運ゲーになっております。

 

フィギュアも覚えることが少なくライバルが多いジャンルでしたが、気がつけば飽和状態になってきたので、あまり仕入れをしなくなりました。

同じ時間を割くならばもっと少ない時間で稼げる分野はたくさんあるので、コスパが悪いと感じるようになったんですね。

 

フィギュアも偽物が普通に流通しているので見極めに注意しないと、一発でアカウント停止です。

火傷するのもあれなんで、無理して手を出さなくてもいいかなと考えています。

 

Amazonの出品制限:おもちゃが規制される理由と対処法

 

最後におもちゃです。

 

年末商戦で最も売れるというおもちゃが規制されたことで、年末商戦で稼ぎましょうとか言っちゃってる人たちが全滅しました。

 

僕に言わせれば年末だからってやる事に変わりはないし、年末商戦狙いで動く人たちの逆を行くことで、もっと楽をして金儲けが出来る。

 

だからおもちゃだけ狙って何店舗もお店を回るというのは意味不明でした。

もちろん回っていく途中であれば見ていき、取っていくのですが、ここに特化するというのは非常にしょっぱい。

 

おもちゃは一部規制と全面規制の二つがあり、例えばアンパンマンやレゴなどは一切出せなくなってる人がいます。

その横で一部の商品は出せているという人もいて、しばらくすると出せなくなったりして、非常に不安定な状態が続いています。

 

元々おもちゃというのは年末以外は動きがゆっくりな商品ですので、年末商戦依存をしない僕らにとってはあくせく動く必要のない商材です。

今後も市況を注視しながら、有効な戦法を生み出していきますが、おもちゃに対する優先度は極めて低いと考えています。

 

まとめ:規制の影響はあるけどそれイコール稼げないわけではない

 

Amazonの規制が厳しくなったことで、最初に取り組むビジネスとして店舗せどりや電脳せどりは適切でなくなりました。

 

ただしAmazonで稼ぐことが不可能なのか?と問われるとそんなことはなくて、実際現在進行形で稼げています。

 

今後はAmazonに新規で参入する人は減っていくと予想しますが、今から始める人は今の市況で稼げるようになることで安泰です。

昔からやってる人は規制が入らない分野を掘り下げることでライバルが少ない状態で稼ぐことが出来ます。

 

特定のジャンルが規制された所で、オールジャンルでやっていれば影響など皆無なので、強固な仕組みを学んで作り込んでいきましょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す