輸入転売とメルカリの相性は?Amazonとどちらがおすすめ?

 


友だち追加

この記事の所要時間: 56

細野です。

 

ビジネスを実践する上でプラットフォーム選びというのはとても大事です。

 

なぜならばプラットフォームを決めた時点で戦い方も決まりますし、何を覚えていかなければいけないかも変わるからです。

 

そしてプラットフォームにも適切な順番があり、最初から間違ったプラットフォームを選ぶと高い確率で挫折をします。

 

今回は最初に参入する市場としてどこが適正なのかを解説します。

 

メルカリ転売の終焉

 

まず今回の表題でもあるメルカリですが、売り手としてメルカリに参入する事は賢明ではありません。

 

なぜならば規約で転売行為が禁止されているので、売る側だろうと買う側だろうとアカウントを削除されるリスクが常にあるからです。

 

買う側。つまり仕入れとしてメルカリに参入する場合は、電脳せどりという位置づけになります。

 

電脳せどりには莫大な資金が必要であり、1000万以下の資金力で参入をすべきではありません。

なぜかというと競争が激しく、低い利益率(10%前後)のビジネスだからです。

 

最初のこのビジネスを選んでしまうとたくさん作業をしている割に小銭しか稼げずモチベーションがダウンしかねません。

 

時間を使ってビジネスをやるのですから、ある程度大きく稼げたほうがいいですよね。

 

電脳せどりをやっている人、やっていた人から相談を受けることがあるのですが、利益が10万とか20万以下で頭打ちになる人が多いです。

資金が100万以下しかないと、このように大きく稼ぐことが難しいんですね。

 

だから買い手としてメルカリに最初に参入するのはやめましょう。

 

売り手としてのメルカリはダメなのか?

これに関しても割けるべきだと考えています。

 

メルカリは一度アカウントが消されると、電話番号を新しく取らない限り復活は不能。

 

無在庫転売や規約で禁止されている商品を出品してアカウントが消されてしまうと、活動そのものが困難になってしまいます。

 

いつ消されるかわからない事に怯えながら作業するよりも、長く稼ぎ続けることが出来る土壌を選んだほうがいいというのが僕の考えです。

 

だから販売者としてメルカリに最初に行くこともおすすめしません。

 

Amazonを使った輸入転売の問題点

 

メルカリが駄目ならAmazonはどうなのかと思うかもしれません。

 

しかしAmazonも規制が厳しく、取り扱える商品が激減。

今の市況で最初からAmazonを選ぶことが賢明だとは思えません。

 

Amazonもアカウントを消されると、新しいIPアドレスと新しいパソコンを用意しないと復活が出来なくなります。

 

Amazonとメルカリは規約にとても厳格な市場なので、これから参入するのであれば慎重になるべきです。

 

輸入とAmazonの相性で言うと、これも最悪で、日本にいる代理店からの嫌がらせ出品を取り消されたり、アカウントを潰されたりと、茨の道です。

 

ずっとAmazonを使った輸入をやるなと言っているのではなく、こういったハードルが高いビジネスは後でもよくありませんか?という話です。

 

最初からここを選んでしまうと高い確率で挫折に繋がる要因にぶち当たり、撤退を余儀なくされるでしょう。

 

最初に輸入をやることに対するそもそもの疑問

 

そもそもの前提条件として仕入れをしてから日本に届くまでに時間がかかる輸入ビジネスを最初にやる理由ってあるんでしょうか?

 

僕であれば日本国内で作業が完結をするヤフオク無在庫転売をまず最初にやります。

 

そこで作業に対する慣れと相場観を作った上で輸入にシフトをしたほうが、スムーズに移行ができますし、資金が出来ているので余裕があります。

 

そして輸入にシフトする際も、極力在庫を持たなくていい仕組みを実践する事。

 

在庫を持つから資金に悩んだり、在庫が回転せずに資金ショートして挫折をするわけです。

 

この問題を根本から解決するには資金力を増やすか、無在庫転売をやるしか方法はありません。

 

資金力を増やすのは実績があれば簡単ですが、最初はない。

アルバイトをした所で100万、200万作るのには時間がかかるので、これも本質的な解決策とは言えない。

 

であるならば資金力や在庫で勝負が決まらない無在庫転売で戦うという選択をすべきです。

 

そして無在庫転売を実践する際も、資金力が求められるブランド物ではなく、単価が安いノーブランド品を扱う。

ここを抑えておけば失敗してしまうリスクは極限まで抑えられていきます。

 

負ける戦いをしないことが勝利への一歩

 

ここまで読んで頂ければ僕が言いたいことはある程度伝わっているでしょう。

 

市場選び、手法選び。

入り口の段階で勝負は殆ど決まってしまっているんです。

 

最初からアフィリエイト。

無理ゲーすぎます。

 

最初からメルカリ。

すでにオワコンっす。

 

最初からAmazon輸入。

リスクが高すぎてやるべきじゃない。

 

最初に取り組むべきはヤフオクを使った無在庫転売です。

ここを覚えておくだけでもコケる確率が物凄く低くなりますので、覚えて下さい。

 

副業選びは戦略選びと同じです。

負ける戦をしないことが勝利への最短ルートでもありますので、しっかりそれぞれのメリットデメリットを知った上で副業に取り組んでいきましょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す