中国輸入で稼げなかったのはお前のせいじゃない。塾や教材でダメだったあなたへ

 


友だち追加

この記事の所要時間: 42

こんにちは、細野です。

 

過去に輸入ビジネスをやってみたが、ちっとも稼げなかったという人は少なくないと思います。

僕もその一人です。

 

船原さんとか、時さんのノウハウを買っては見たものの全然稼げなかったんですね。

 

でも今は輸入で稼げていますし、教えた人たちも最初の月から黒字で稼げています。

 

何が変わったことでこのような変化が訪れたのかを今回は解説します。

 

昔の輸入ノウハウは有在庫ノウハウしかなかった

 

人昔前の輸入ノウハウって在庫を持つことが前提のビジネスでした。

 

売れるかどうかわからない商品を大量に仕入れる。

これをやらなければならず、精神的な負担が大きかったです。

 

一点一点仕入れる中古輸入という方法もあるのですが、販売先がヤフオクなので作業が多くてめんどいです。

 

仕入れた商品が確実に売れる保証はないですし、売れるまでに時間がかかることもある。

 

僕は物販ビジネスの入り口で在庫を持つという選択は可能な限り避けるべきだと思っています。

在庫を持つから資金が必要になるし、資金が必要だから行動が出来なくなるんです。

 

でも無在庫であれば資金も在庫も不要なので、日本語を理解出来て行動さえ出来れば結果は出ます。

 

今のノウハウは在庫も資金も不要なんですね。

そして販売先はヤフオクを使いますが、コピペ作業で完結するので負担は少ない。

 

すぐに作業を覚えて外注さんに任せることが出来る様になるんです。

 

昔の無在庫転売はBUYMAとネットショップしかなかった

 

 

昔のノウハウはダメだと思うのは、無在庫だとBUYMAを使うというスキームだという事です。

 

これは後発ほど不利ですし、作業量が尋常じゃないので殆どの人は挫折すると思います。

そしてうまく軌道に乗せた所で大きく稼ぐことは難しいのでコスパが悪いです。

 

今は単調作業を組み合わせて外注化して、自分は作業ゼロの状態でも稼ぐことが出来ます。

そして稼げるまでの期間も短いですし、稼げる金額も皆さんが求める30万というラインを問題なく狙っていけます。

 

過去のノウハウではこれは無理でした。

自分も作業しまくってようやっと稼げる。

そういう感じだったんです。

 

昔のノウハウは中国輸入=タオバオだった

 

中国輸入に目を向ければタオバオ仕入れのノウハウしかありませんでした。

 

一度にまとまった量を仕入れねばならず、代行会社を通さないと輸入できない。

そのくせ作業量が多くあんま稼げない…。

非常にコスパが悪いノウハウだったんです。

 

今はタオバオは使いませんし、代行会社も使いません。

購入単位は1個から買い付けが可能で、しかもこれを無在庫でやります。

 

ですから挫折要因もないですし、維持費もかからないので取り組みやすい。

 

今から3年とか4年ぐらい前に輸入をやって稼げなかった人は、ノウハウのせいだと思って下さい。

あの時代はスキームがクソすぎました。

 

今はノウハウがまじでいいです。

最初から自動化、他人の労力にタダで乗っかるというのが簡単に出来るようになっている。

 

今の人っていいよなぁ…っていつも思ってますw

 

実際今教えている人で手を動かしてる人は皆稼げるようになっているので、ノウハウが優れているのは疑いのない事実です。

 

スマホの性能も上がって、スマホ一台で作業が完結させることだって出来るようになった。

 

今転売で稼げない人なんてどこにもいない

 

今の時代転売やせどりをやって月利30万すら行かないって完全にギャグだと思ってます。

 

こんだけノウハウとインフラが素晴らしい時代に取り組んでいて、30万すら稼げないって、ちゃんと勉強してないか、我流でやっているかのどちらからです。

 

在庫持たなくても稼げるのに作業出来ないとかありえないですから。

結果が出るまで時間がかかるBUYMAやネットショップも使わなくていいんですよ。

 

最短一日で結果が出ます。今は。

 

過去に輸入に参入したけど稼げなかった人は、この記事を参考に何がダメだったのかを振り返るといいです。

あなたのせいじゃないですよ。

 

昔のノウハウがクソすぎただけです。

 

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す