学費が払えないなら自分で稼ごう。奨学金に手を出したら人生終了です(たったひとつの大学を除いて)

 


友だち追加

この記事の所要時間: 728

こんにちは、細野です。

 

親の給与所得が低く、子供に満足な教育を与えられない家庭が増えています。

教育の格差は是正されるべきであり、誰もが質の高い教育を受ける権利を有すべきです。

 

しかし良い教育を与えられない、受けられない側にも問題があるのも事実です。

 

チャンスを与えられてもそれを活かさない人間がいるのです。

そういった人間には教育が与えられないと文句を言う資格はありません。

 

今回はどういった時に経済的な負担を経て、教育に手を出して良くて、どんな時には見送っていいのかを考えていきます。

 

高等教育の存在価値

 

現代社会において教育格差というのは極限まで是正をされています。

なぜかというと一介の個人が情報を発することが可能になったからです。

 

YouTubeを使えば自分のメッセージを世界に対して発することが出来ます。

ブランドも信用もなくてもいきなり個人がテレビ局を持ち、発信が出来るようになったのです。

 

そして大学の講義というのも無料で公開されており、誰もがダウンロードして受講することが出来る。

従って私にはお金がありませんから学がないのですとか、大学に行かなかったので教養が浅いのです、こういった主張は通りません。

 

単純に自分の努力不足で学が浅く、貧乏なのですから、同情の余地がないのです。

 

2つの大学

 

そんな現代社会に生きる僕らにとって大学とはどのような価値を持つでしょうか?

 

出会いや学びとの接点という考え方もできるでしょう。

しかし4年間で人間が学べることなんてたかが知れています。

 

どの大学に行った所で習うことに大差はないと考えて問題ないです。

 

であるならば、大学に行く価値とは何か?

 

それは信頼です。

私は大学受験という試練に対して努力をして結果を出すことが出来た人間ですという信頼を得るために進学をするのです。

 

そうすれば就職をする際にもきちんと企業側はあなたを丁重に扱ってくれます。

でも2流以下の大学だと優遇されたり、丁重に扱われることはありません。

 

大学は出たかもしれないけれど、君に何が出来るの?

こういう目で見られるわけですね。

 

就職活動というのは良い企業から順番に内定枠が埋まっていきます。

良い企業とは何かというと、一言で言うと待遇ですね。

 

給与もそうですし、福利厚生など総合的に判断してコスパが高い企業を良い企業であると考えます。

ブラック企業というのは給与もしょぼいですし、福利厚生はないですし、精神を病むので総合的に判断して非常にコスパが悪いんですね。

 

なんでブラック企業にそれでも就職する人がいるかというと、他に雇ってくれる会社がないからです。

大学受験で結果を出さなかったらです。

そして進学後も他の学生を圧倒する経験をしてこなかったからです。

 

そんな人が面接に来て私を雇ってくださいと言ってきても、誰が雇おうと考えるのでしょうか?

全く価値のない人材であり、給与を払って雇用リスクを取って採用するメリットが何もありません。

 

ですから、信頼が獲得できる大学でないのならば進学する価値は皆無です。

理系であれば偏差値50以下、文系であれば70以下は行く価値あんまないんじゃないかなと思ってます。

 

それはなぜかと申しますと、色んな人と会って、僕よりも偏差値の高い大学出ても全然大した事ない人が多いからです。

彼らは僕より良い結果を受験で出したのに、僕より稼げてないし、僕より話せないし、僕より知識が少ない。

 

特に文系の学生にこの傾向を感じます。

 

学生の頃は早慶上智の学生ってすごいと思っていたのですが、ビジネスで結果を出せるようになると、全然大したことないなって感じるようになりました。

 

唯一すごいなと思えるのは東大を出た方、現役東大生の方です。

東大だけは行く価値があると認めますし、奨学金を受けてでも進学する意義があると感じます。

それ以外の大学であれば、よほど秀逸な教育プログラムがないのであれば行く価値ないです。

 

文系であればなおさらです。

文系の大学で習えることは全部自分で本を買って勉強できることしかないので、お金を払う価値が希薄です。

 

実態値として文系の場合は偏差値から10を引いた数字が、現実的なパフォーマンスだと感じます。

偏差値60の文系大学は、偏差値50程度の人間という計算です。

 

偏差値50というのは平均値なので、バカでもないけど、頭も良くないということです。

そして収入レベルで言えば平均年収がいい所という事です。

 

実際社会を見渡すとこんな感じに収まっているので、この計算式は割りと妥当性があるのではないかと考えています。

 

もちろん文系大学でも学生団体で活動する、1年目からインターンをやるなど、濃い経験をつまれている方は優秀な傾向があります。

逆にアルバイトに明け暮れましたみたいな人は成長が止まって残念な結果に終わることが多いです。

 

雑魚大学なら行かないほうがマシ

 

このように東大以外の大学は特筆すべき進学価値がないので、浪人したり、借金してまで行く価値はないです。

 

奨学金を受けても回収できなければ意味がないので、圧倒的に条件のいい企業から内定が取れる自信がないなら進学を考えないことです。

手に職をつけて働いている方が何倍も稼げますし、学べるので。

 

理系の方は都心にキャンパスがあり、毎週課題が大量に出る大学であれば進学を考える価値があります。

論理思考が養われますし、仮説と検証の連続で自頭がどんどん良くなっていきます。

 

田舎の大学は絶対辞めたほうがいいです。

成長が止まります。

 

卒業後は研究機関や開発部門など、雇用条件の良い企業から内定を得ましょう。

これらは厳しい環境で育つと得られます。

 

なお、大学院は時間の無駄なので辞めましょう。

さっさと社会に出て修行したほうが成長しますし、実務経験を積んだほうが学べます。

 

大学で学ぶことは机上の論理が中心なので、それを実地でどうやって使うかを学べる実務をたくさん経験したほうが、成長は加速します。

 

東大だけを全力で目指せ

 

もしこれを読んでいる人で進学に悩んでいるなら、東大だけを全力で目指して欲しいです。

他の大学はシカトでいいです。

 

東大に受かるために何をしなければいけなくて、何が最短ルートなのかを調べまくり、実践しまくって下さい。

 

地方の国立大学はダメですか?と聞かれるのですが、ダメです。

名前こそ国立かもしれませんが、全然違います。

 

もちろん中には特殊なプログラムで結果を出している大学もあるが、あえてリスク取ってそこに進学する理由ってないです。

東大に行けるなら行くべきであり、それ以外の大学は全て東大に行けなかった人が進学する大学だと考えて下さい。

 

若くして負け癖を身につける必要はありません。

最高学府に進学し、自信を身につけて下さい。

 

そしてさらに鍛錬を積み、ビジネスでも結果を出して成功して下さい。

 

中学生でも経済的に成功できる時代が到来している

 

将棋の藤井さんなど、現代では若くして勉強しまくり、結果を出す人が出てくるようになりました。

 

ビジネスでも原資ゼロでお金を稼ぐことが出来るようになっています。

 

これを読んでいるあなたがお小遣いが月に1000円の中学生だろうが、会社員の月給を凌駕するお金をゼロから稼ぎ出すことが出来る時代なのです。

 

現代社会では私が貧乏なのは教育と社会のせいですと言うことは出来ないのです。

そういう事を言う人は「私はチャンスを自ら破棄してきただらのしのない人間です」と公言しているのと変わりません。

 

いい年した大人がお金を稼げないというのはとても恥ずかしい事です。

貧しい心で人のせいばかりにして努力しないから、負け犬なのです。

 

これを読んでいるあなたは人生で圧勝すべく、まず東大に進学し、圧倒的に突き抜けまくって下さい。

東大なら奨学金受けて進学しても全く問題ありません。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします


細野をシェアする!!

コメントを残す