せどりで問屋や卸を使って仕入れる際に考えるべきこと

 


友だち追加

この記事の所要時間: 439

細野です。

 

仕入れに慣れてくるともっと大量に利益の出る商品を仕入れたくなってきますよね。

 

そんな時に便利なのが卸、問屋さんです。

これらは大口の購入者向けに仕入れ価格を安くしてくれるサービスをしています。

 

僕ら一般消費者が商品を転売目的で仕入れる時は、小売からの仕入れが基本となります。

小売は1個あたりの単価を安くする代わりに、販売利益を上乗せして販売しています。

 

これに対して卸はまとめて買うことを条件に利益を薄くし、販売をしてくれる。

 

なので資金力がついてきたら、卸を開拓して、大量仕入れを実践しましょう。

そうすれば大きな金額をコンスタントに稼げるようになり、経営が安定をします。

 

小売からの仕入れだけだと仕入れの調子がいい時は稼げるけど、ライバルが増えたり規制されたりするといきなり稼げなくなるリスクがあります。

そういった環境変動で稼げなくなり、消えていく転売屋を何人も見てきました。

 

卸仕入れにシフトするタイミングは?

 

実は現在では卸なのに小売をしてくれる業者が出てきています。

物が売れない時代なので、間口を広げて買ってくれる人を増やそうとしているんですね。

 

有名な所だとネッシーでしょうか。

ここは無在庫転売でも稼げる業者なのですが、誰でも登録が出来ます。

法人じゃなくて個人でも利用でき、昔からある老舗の卸です。

 

 

卸の中には法人としか取引しない、販売実績を見せろと言ってくる業者もあります。

そういった所は法人化をしてから取引を申し込めばいいです。

 

最初の間は個人でも取引をしてくれる卸、問屋さんを見つけて取引をやっていけば良いです。

 

卸x自動化

 

取引先が増えてくると仕入れる商品の幅も仕入額も大きくなっていきます。

作業を自動化していくことで、物販ビジネスでありながら不労所得を稼ぐことも可能になっていきます。

 

最近知ったのですが、ネットビジネス界隈で自動化を実装できてる人って少ないです。

サイトアフィリエイトをやってる人はサイトを作り続けていますし、仕組み化の視点がない転売ヤーはずっと作業やってます。

 

その中で組織化したり、仕組みを作っている人だけが、作業をしないでも収益が上がり続けています。

 

僕は物販と自動化は相性が悪いと思っていたのですが、そんな事はないんですね。

やることをちゃんとやれば自動で稼げる。

 

問題はそれを教えてくれる人がどこにもいないという事です。

出来る人は自分で人雇って自動化して、そのまま放置しますからね。

 

ですから物販で大きく稼ぎたい、作業量に依存しない収益構造を作りたい。

このように考えている方は、仕組み化をきちんと教えてくれる人を見つけて学ぶというのを徹底しましょう。

 

僕は自分のお客さんには作業をどんどん人に任せると教えていて、行動している人は自動化が出来ています。

行動しない人はいつまでも自分で作業して収入が頭打ちです。

仕組みを作った人だけが右肩上がりで、30万、50万、100万と稼げるようになっていきます。

 

何はともあれ資金作り

 

卸仕入れにシフトしていくためには資金も実績も必要です。

 

最初から卸仕入れを目指すのではなく、まずは小売から仕入れてしっかり利益を出せるようになることを目指しましょう。

 

小売から仕入れる資金さえもない方は、無在庫転売で30万〜50万を作りましょう。

 

無在庫 → 有在庫 → 大量仕入れ

 

この順番を守っていけば、物販ビジネスで失敗することはありません。

このステップを実践する過程で実績が身につき、その信頼によって融資を受けて資金を膨らますことも出来るのです。

 

まとめ

 

どんな事でもそうなのですが、一つのやり方だけで稼げるという事はあり得ないです。

一時的に稼げることはありますが、永続的に一つのやり方だけで稼げるというのはないです。

 

ですから長期的に安定的に大きく稼ぎたいと考えるのであれば、分散という概念を頭に入れておいて下さい。

 

僕が教えている物販ビジネスでは分散させる事を強く重視します。

その結果、規制があろうが、アカウントを停められようが、稼ぎ続けることが出来ています。

 

なぜそんな事が出来ているかと言えば、僕らは一つの市場に依存したり固執をしない。

一つの手法や方法論に依存をしないからです。

 

僕らが実践しているスキームは無数にあり、卸からの仕入れも数ある転売手法の中の一つでしかありません。

 

他の人達はゲームだけ、店舗仕入れだけ、メルカリだけ…。

ジャンル固定であり、市場固定であり、手法固定です。

 

そういう人たちは一時的には稼げても、長いスパンで見ると消えていってることが多いです。

 

あなたがもし、永続的に稼ぎ続けたいと考えるのであれば、分散を意識して実践する事。

分散を踏まえた仕組みの作り方をきちんと教えてくれる人から学ぶことをおすすめします。

 

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す