彼氏がせどりをやる事に耐えられないあなたへ

 


友だち追加

この記事の所要時間: 515

こんにちは、細野です。

 

結婚を意識している交際相手にせどりを理解されない。

交際している彼女がせどりに反対している。

 

こういった相談を受けることがあります。

 

そこで今回はあなたの彼氏にせどりを吹き込んだ者として、どうしてせどりを提案していて、やるといいのかを説明させて頂きます。

 

辞表を叩きつける力

 

もしあなたやあなたの彼氏が今の仕事を好きでないとしましょう。

 

毎朝起きて行きたくない職場に行く、嫌いな人と一緒に仕事をする。

凄まじい苦痛ですよねこれは。

 

やりたくない事を1日やるだけでも尋常でないぐらい苦痛なのに、それを毎日とかありえんす。

 

僕も昔はそういう生活をしていたんですけど、あの時はどうかしていました。

 

本当に無感情というか、思考停止で電車に乗って学校や会社に行く。

そんな生活でしたね。

 

ルーチンとして続けていて、自分の人生の意義とか、何のために頑張っているのか?といった事を考えることはありませんでした。

 

考えないということは思考を伴う作業に意志力を持っていかれないというメリットがあります。

 

でも考えずに生きていて気がついた時に手遅れになったらどうしますか?

 

最近三井住友銀行が業務のAI化に伴い、4000人の社員をリストラすると発表しました。

リストラされる社員さんの中には書類の確認作業だけを20年やっていて、新しい技能を今から覚えることは出来ない…と絶望される方もいらっしゃるそうです。

こういった状況に陥ってしまうとそれまでいくら条件がよく、楽な仕事で高いお給料が貰えても、全然良くないですね。

 

一瞬稼げてその後全く稼げなくなるネットビジネス起業家と一緒です。

 

銀行に就職するということは元々それなりに優秀な素質を持った方だったはずです。

でも自分が仕事を通じてどうしたいとか、人生を通じて何を成し遂げたいかを考えなかった。

 

だから年老いて誰も雇ってくれない年令になって銀行から放り出されても、どこに行くことも出来ない。

新しいスキルを獲得する意欲ももはや残っていないので、今よりも条件はどんどん悪くなっていく。

 

そんな未来をあなたは過ごしたいでしょうか?

 

会社に頼らずとも自分の力でお金を生み出せる力を、一人ひとりが持つ事が出来れば、こういった事で悩むことはありません。

 

もちろん仕事が好きという方は今の仕事を続けてくれて結構です。

 

今の仕事を続けながら年収を今の2倍にする。

そういった事が実現できてしまうのが、あなたの彼氏さんがやろうとしているせどりなんです。

 

結婚、出産、教育費。人生にはお金が沢山必要

 

あなたも知っているかもしれませんが、僕らは普通に生きていくだけでもたくさんのお金を必要とします。

 

月々の家賃、住宅購入の頭金、出産費用、子供が生まれてからの教育費。

莫大なお金がかかり、年収が600万円あっても全然足りないと言われます。

 

余裕を持って家族生活を送るには、年間で1000万を超えるお金が必要だと僕は考えます。

だからこれを読んでいる人全員に年収1000万を世帯年収でいいので超えて欲しい。

 

彼氏さんが400万、あなたが300万、副業300万稼げば、世帯年収1000万です。

これであれば実現できそうではないですか?

 

これでも苦しければどちからかの実家に住むという方法もあります。

二世帯住宅として税制的にもメリットがある方法を取り入れ、節税と生活固定費の削減を実現するんです。

 

そうすれば世帯内の労働者は一気に2倍に。

彼氏、あなた、親二人です。

 

大人が4人で一生懸命働いて、副業もやって世帯年収1000万以下ないというのはありえないと思います。

どうしようもないド田舎だったとしても、年収400万ぐらいいきますよね?

それが3人いれば1200万です。

 

年収400万すら稼げないのであればせどりに本腰を入れてこれ一本で1000万、2000万と稼いでくれてもいいです。

それだけのポテンシャルがこのビジネスには余裕でありますので。

 

お金は全てじゃないかもしれないけど、お金がない生活はとっても不幸

 

世の中、お金がなくて産んだ子供を孤児院に託すお母さんがいます。

 

離婚をしてシングルマザーになり、子供に満足な教育を与えられない親がいます。

貧困は遺伝すると言われており、一度貧困に陥るとそこから抜け出すのは極めて困難なんです。

 

だからこそ、もし今あなたがお金に不自由をしているならば、あなたの代でお金の問題を完全に解決して下さい。

そうすればあなたの子供はお金持ちに生まれた子供として、良い教育を受けて育ち、立派に自立をしていけます。

 

でもまともな教育を受けず、劣悪な環境で育ってしまったら、よほどに事がない限り子供もまた貧困を歩むことになります。

そんなの悲しいですよね。

 

だから今はせどりとか意味不明だと思うのですが、反対するのではなく、応援をしてあげて欲しいなって思います。

そうする事で家族の理想が確実に現実的になっていきますので。

 

まとめ

 

なんで僕がお客さんの彼女の面倒まで見なきゃならないんだって感じなのですが、大事なことなのでこういった事もやっていきます。

 

お客さんの奥さんとか彼女の面倒まで見ているのってネットビジネス界広しと言えど僕ぐらいじゃないでしょうかw

こういった緊急ではないかもしれないけれど、大事なテーマも僕は発信をやっていきます。

 

今回の記事を読んで彼女が応援する側に回ってくれたという変化があれば嬉しく思います。

 

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す