コストコは実はコスパが良くないと思い始めた僕。今期で契約更新解除を決意

 


友だち追加

この記事の所要時間: 847

こんにちは、細野です。

 

2013年頃より長らく愛用してきた会員制スーパーのコストコ。

 

生活消耗品をまとめ買いしたり、せどり(転売)で使ったりと、公私に渡り活用をしていきました。

お金儲け視点で考えれば、コストコというのは非常に良い狩場です。

 

今まで倉庫でライバルに出会ったことは一度もありませんし、有料会員にならないと入れないというハードルが、参入障壁となり稼ぎやすい狩場になっています。

 

今後もお客さんにはコストコを中心とする会員制倉庫の提案を続けていきますが、僕自身が定期的にコストコに通って買い物をするのはそろそろ卒業する。

このように決めました。

 

その背景とコストコの代わりをどうやって僕が埋めていくかを語ります。

 

コストコで売ってるものはあまり安くないと感じるようになった

 

一人暮らしでコストコを使っていくと、量が多すぎて消費が大変だったり、食料品であれば食べきれずに腐らせてしまうこともありました。

保存が効く生活消耗品(トイレットペーパーなど)は役立つものの、1年近く使い切れないので、こんなにたくさん買って本当に得しているのかな?と感じるようになりました。

 

コストコの平均購買単価は3万円と言われますが、僕自身も毎回それぐらいはお金を払っていて、色んな商品を購入してきました。

 

ただ、最近になり思うのは、今はネットの価格とコストコの価格はそれほど差がないし、わざわざ倉庫まで行く時間と手間を考えると、全然得してないのでは?と感じるようになりました。

 

アマゾンで買えば自宅まで配送。コストコで買おうと思ったら最短30分

 

僕は川崎と幕張の倉庫を使うことが多いのですが、どちらも自宅からは30分ほどかかります。

それほど遠くないし、気分転換になるので来店をしていたのですが、面倒であることに変わりはないし、そこまでして来店しても、買うものは固定されているので、あまり新鮮さを感じなくなっていました。

 

最近は自炊も程々に、水や生活消耗品といったまとめ買いするもの。

車のワイパーなど定期的に必要となるものを買うことが多かったです。

 

ただ水はアマゾンでも安く変えますし、ワイパーも個人輸入すると2000円程度で買えるので、わざわざコストコ行くのもどうなのかなって思うようになりました。

ワイパーに至っては自分の車に適合するサイズがないこともありますしね。

 

 

そしてトイレットペーパーは日本のもののほうが質がいいですし、長期保管するスペースも圧縮されるので、大家族以外は恩恵が低い。

このように感じるようになりました。

 

多少割高でも地元のホームセンターやアマゾンなどで買ってる方が保管コストや時間の観点からはいいと思うようになったのです。

 

最近は 時間 > お金 という価値観が強くなっているので、数百円レベル安くするよりも、時間や意志力を削減することに価値を感じます。

 

物も人に上げたり、売ったり、捨てたりして断捨離をしていて、使わないものや不必要なものはどんどん減らしています。

 

メイドインチャイナを買うなら中国から直接買えばいいと思うようになった

 

輸入を初めてびっくりした事は、それまでコストコで買ってきた商品の大半が中国から直接買うと物凄く安く買えるということです。

 

例えばiPhoneリングはコストコだと2つで1000円〜2000円ほどしますが、中国の工場から直接買うと1個1ドルです。

実に10倍近い差があるんですよね。

 

 

今まですげー損していたんだなって輸入をやると気が付きます。

 

せどり(転売)を覚える一つのメリットが買い物上手になるということであり、輸入を覚えるとどんなものでも世界最安で手に入れることが出来るようになります。

 

日本では高く販売されているものでも、海外では安いことが多いので、比較をすることで上手にお金を使えるようになる。

それが生涯単位になると莫大な規模のお金の節約に繋がります。

 

お金をケチってQOLが下がったら意味が無いのですが、個人輸入を上手に使うとQOLを上げてお金を節約する事が出来るんです。

 

コストコで買っていたワイパーなども、同等のものが1800円程度で日本まで取り寄せが可能です。

 

車の電飾部品として例えば室内のLED化をしたいと思った時も2000円程度で部品が集まります。

僕はトヨタに車内のLED化の見積もりを出したことがあるのですが、8万円近い見積もりが出ててきてびっくりしたことを覚えています。

 

自分で部品を集めて安く取り付けしてくれる業者さんにお願いすれば、こういったコストは10分の1程度まで減らす事が出来る。

 

僕の車は今となっては時代遅れな型落ちの車ですが、車内をLED化し、交換部品は一番良いものに変え、パイオニアのカーナビを取り付けて、オーディオもスピーカーから一式交換。

快適性は素晴らしく、安全性も問題ありません。

 

これまでもネットで部品を買い付けて工夫をしていましたが、輸入をしたことで車の部品も底値で買えるようになりましたし、日本で売ってないマニアックな改造アイテムも揃うので、ますますカーライフが楽しくなりました。

 

感動は薄れていく

 

初めてコストコに来店した時の感動を今でも覚えています。

 

独特の空気感、会員だけが入れるという特別な空間。

山形のコストコには開店直後に来店して、ガソリンの安さに驚いたりと貴重な経験を何度もしました。

 

しかし今はコストコに来店してもそこにあるのは見慣れた空間であり、買うものも固定化されたので刺激がありません。

 

お客さんと仕入れに行って儲かる商品を一緒に見つけて、渡した時の感動ぐらいでしょうか。

大量買いをしても怒られないし、価格交渉も通るので、せどり的には良い狩場なんですよねw

 

今は個人輸入を上手に組み合わせて、自分のQOLを上げたり、お客さんにファッションの提案をすることのほうが楽しく、そちらのほうが知的刺激に溢れています。

 

ファッションには今後特に力を入れていこうと思っており、ファッションを変えてお客さんに得をしてもらいまくり、QOLを上げる強力な支持線にしていきたい。

 

コストコも最初はまとめ買いをすることで、QOLが上がったと感じたし、色んな人に提案をしてきました。

 

タイヤも何人もの人にコストコで交換をさせました。

(自分自身もずっとコストコで交換してきました)

 

ただ最近は価格コムでタイヤを購入して地元のガソリンスタンドで取り付けるというノウハウを開発し、そちらのほうが安くコスパも良いので、コストコでタイヤ交換する意義も感じなくなりました。

 

コストコは近場にある人にはいいけれど近くにない人はワイパーやタイヤを交換したいと思っても活用できない。

 

でも個人輸入や価格コムならどこに住んでいるかは関係ありません。

どんな田舎でも価格コムは使えるし、取付可能なスタンドを見つける事も出来る。

輸入も同様ですね。

どこに住んでいても取り寄せが世界中から出来る。

 

物販ビジネスxQOL

 

僕は誰もが一度は物販ビジネスを経験して、いつでもメルカリやヤフオクをさくっと使えたり、必要なものをiPhoneから輸入したり出来る人生を手に入れるべきだと考えます。

 

そして僕が提案している格安SIMやシェアハウスなどを取り入れれば、生活のコスパは極限まで跳ね上がります。

 

家族がいる人も二世帯住宅や、賃貸を上手に使うことで生活維持費、自由度が上がります。

 

そういう暮らしをする人がいれば不自由さを感じずに生きていける人が増えて、日本人全体の幸福度も上がると僕は考えています。

 

なので長くやらなくてもいいので、あなたにも物販ビジネスを一度は体験してもらいたい。

このように考えています。

 

IKEAのネットショップ開始で遠出する必要もなくなっていく

 

長らくオンラインに非対応だったIKEAがいよいよ日本でもネット販売に進出すると発表をしています。

 

今までは幕張まで行っていましたが、今後はそれすらも不要になる。

そうなると幕張にも川崎にも行かなくても生活が回るので、ますます外に出ていかなくなる気がしますw

 

インフラが進化することで生活はどんどん便利になっていきますが、浮かせた労力や時間を使ってより精算的、知的な活動にシフトしていかないと、あっという間に置いて行かれてしまうでしょう。

 

買い物という体験は消えていくのか?

 

シェアエコノミーの浸透により、僕らは所有をしない生活を当たり前に感じるようになりました。

物を所有する概念が消えた時に、僕らは何に喜びを見出し、憧れを抱くようになるのか?

 

人類史上誰もが経験したことのない時代が到来しようとしており、不安と同時に楽しみでもあります。

 

今年の契約が切れ次第、有料会員の契約更新は停止しますが、今後もコストコに変わる体験やコスパの高いノウハウを開発し、シェアをしていきたいと思います。

使わなくなったものはどんどん断舎離して、エネルギーを集中させていきます。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す