せどりでクレカ仕入れリボルビング払いをしているアホ共に告ぐ

 


友だち追加

この記事の所要時間: 49

こんにちは、細野です。

 

せどりというのは在庫を持って取り組むビジネスです。

無在庫でも参入は出来ますが、大きく稼ぐためには在庫を持たなければいけません。

無在庫では小銭稼ぎしか出来ないと思って下さい。

 

その上で在庫を持ち始めると誰もが悩むのは資金ではないでしょうか?

 

資金があれば仕入れが出来る、仕入れが出来ればお金を稼げる。

このように考え悩むわけですね。

 

そしてせどらーのこの悩むを悪用するとんでもない輩がいる事が判明しました。

 

リボルビング払いで払えば大丈夫です ( ・´ー・`)どや

 

クレジットカードには分割支払いという機能があります。

これは多くの場合2回までは手数料がかからないのですが、3回以上の支払いに分けると手数料というのが発生します。

 

これをリボルビング払いという風に呼ぶのですが、これは非常に危険な支払い方法です。

なぜならば非常に高額な金利が適用をされ、毎月の支払いに遅延が発生するとブラックリストに掲載されてしまうからです。

 

在庫を持つビジネスというのは在庫を保有しているだけで含み損を抱えている状態です。

アマゾンFBAを使うのであれば月単位の在庫保管手数料が発生をします。

 

これの意味する所は、商品をホールドしているだけで毎月自動的に損失が拡大していくということです。

 

トレードの世界でもポジションの保有期間は短ければ短いほどリスクが低いと言われます。

 

せどりでも同じです。

 

在庫を保有したら1秒でも短い期間で販売して自分の手元から外していくべきです。

たとえそれで損失が出たとしてもです。

 

何のためにせどりをやっているのですか?

 

リボルビング払いをすれば今月の支払いをこなせる。

このような状態になってしまっているせどらーさんはもはや末期です。

 

仕入れるためにせどりをやり、クレカの支払いをするために次の仕入れをする。

 

何のためにせどりをやっているのか考えて下さい。

 

稼ぐためにやっているのですよね?

 

せどりで稼げない人にはこのようにせどりに対する目的意識が薄い人が多いです。

 

お金を稼ぐため、次のステップに進むための手段。

このように考えるから最短で稼いで、事業を売却して次のステップへ行くという思考が生まれるのです。

そしてその理想を実現するために、今何をやらなければいけないかが自動的に逆算をされる。

 

稼げない人は常にその場しのぎです。

小手先のテクニック、ミクロのどうでもいい事に振り回されて、いつまでもノウハウ乞食(情報収集)ばかりしています。

 

だから稼げないのです。

 

せどりで稼げないとかネタですよね?

 

せどりで稼げないという人がこの世に存在することが僕には信じられません。

何をどうやったらこんなバカでも出来る作業で失敗をするのか?

 

せどりですら稼げない人は他のビジネスでも無理です。

 

PPCやトレンドアフィリでダメだったけど、せどりでなら稼げた。

こういうケースはありますが、この逆はないです。

 

僕もまずはテンプレートビジネスであるせどりで稼いで、最も難しいと言われる情報発信の世界にシフトをしました。

きちんとやる事をやり、実力をつけてからのシフトだったので、コツコツやってたら稼げるようになりました。

 

一方で地に足がついてない人は、小銭を稼いですぐに教える側に回ろうとして自滅していきます。

しっかりとした実力を身に着けないまま教える側に回ってもすぐに見抜かれて反応が取れなくなるのは必然です。

 

学校では教師の資格に期限がないので、教えるのが下手な先生でも平気な顔して教壇に立ちます。

しかしビジネスを教える活動、コンサルティングの現場では結果が全てです。

 

教えるのが下手な人間は淘汰され、顧客に結果を出させることが出来ない人間は支持を失う。

非常に厳しい世界ですが、参入障壁が高いと言うことも出来ます。

 

あなたもいつまでもせどりをやるつもりではないはずです。

 

せどりの次のステップは皆さんそれぞれに任せますが、いつまでもだらだらこんなスパムまがいの虚業をやらないで下さい。

 

あなたはもっと何か世の中に価値を提供するために生まれた来たはずなんです。

金の奴隷に成り下がって、クソしょっぱいスパマーになるために生まれてきたわけじゃない。

 

意識を高め、腕を磨いて成長をしていきましょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします


細野をシェアする!!

コメントを残す