稼ぐ人と稼げない人の思考の違い

 

この記事の所要時間: 71

 

こんにちは、細野です。

 

今までたくさんの人を教えてきて、稼げる人もたくさん育てましたし、稼げない人もそれに匹敵するぐらい付き合ってきました。

 

稼げる人と稼げない人の違いは、まず入口の部分で再現性を担保できるビジネスに取り組んでいること。

これがあります。

 

最初から情報発信とか、稼げてないのにサイト作成とか、ハードルが高いですし、そもそもコンテンツ作れなくて終わります。

また昨今人気が出ているPPCアフィリエイトも僕は再現性がないと考えています。

 

なぜかというと稼げる案件があってもそれに多くの人が広告出稿したらすぐに飽和をして稼げなくなるから。

 

だからPPCアフィリエイトはサイトアフィリエイトと組み合わせて、ニッチキーワードで他の人が出稿してないキーワードでアクセスを集めて、サイトやメルマガで教育して稼ぐ。

このやり方がいいです。

 

PPCだけで稼ぐのではなくて、組み合わせて、便利な一つのツールとして使っていこうよという事ですね。

 

儲かるビジネスは型が決まってる

 

色んな所で語られることですが、儲かるビジネスというのはパターンが決まっています。

 

 

よく言われるのは、在庫を持たない、資本が求められない、利益率が高い、的収入が得られる(キャッシュフローが良い)というもの。

 

皆さんが大好きな電脳せどりや僕が提案している店舗せどりはこの条件を満たさないです。

 

電脳せどりも店舗せどりも極めることで大きく稼げるのですが、最初にやるビジネスとしては向いてないってことです。

 

最初にやるビジネスとしては無在庫販売や自己アフィリエイトなど、資本や経験を不問とされるビジネスが良いです。

ここを守れば頑張っているのに稼げなくて挫折することはありません。

 

ホント半年とか頑張って月収10万とか、どんだけマゾゲーなんだよって思いますね。

そんな大変な思いしなくても月収10万でいいなら数ヶ月で達成可能です。

そして資本もいらないです。数万円あれば十分。

 

僕が出会ってきた稼げない人の問題点

 

連絡をもらったり、会って話すと、その人が稼げる人か稼げない人かはすぐにわかります。

 

だめな人は色んな所で言ってる通り、自分のやり方にしがみつく人ですね。

メルカリじゃないとダメだ、スマホだけで稼ぎたい。

こういう人。

 

別に稼げればメルカリじゃなくてもいいですし、スマホだけでも稼げるけど、パソコンがあったほうが効率的なんですよね。

わざわざ非効率なスマホにしがみついて作業したがる理由が僕にはわからない。

 

今時パソコンなんて6万円も出せば良いものが買えるわけであり、この程度の投資もできない貧乏人が金を稼ぎたいなど笑止千万。

ビジネス以前の人間は出直してきて下さい。

 

投資できない人というのも典型的な稼げない人の特徴です。

 

これ動画でも話したんですけど、弁護士になるためにロースクールにお金払って勉強するのは当たり前ですよね。

でもビジネスで稼ぐためにビジネスの塾や教材、通信講座にお金を払おうと考える人って少ないんです。

 

ちょっとかじった情報で手を出して、火傷して稼げないじゃねーかとやりだすんですね。

 

僕であればまず入口の部分でリサーチをして、どういう仕組で儲かるのかは調べます。

調べますがその後すぐに教えてくれる人を見つけて、弟子入りするというのをやります。

 

スキームが堅実で再現性があるのであれば、正しい指導者をつけて学べば、結果は必ずついてきます。

 

結果が出ないとしたら私情を挟んで自分に都合よく解釈してしまったか、指導者選びをミスったかのどちらかです。

 

特に物販は年末商戦だけ稼げましたといった詐欺師や、瞬間最大風速の実績をPRする人が多いので注意して下さい。

 

月利30万なら、嵐が来ようが台風が来ようが常に月利30万じゃないと意味ないです。

実力としてカウントされません。

 

当たり前の話するんですけど、一瞬稼げても意味ないですよね?

一瞬稼げてる人から習って安定的永続的に稼げるようになりますか?

 

この子供でも理解できる因果関係がわからないお馬鹿さんが多くて呆れています。

 

一瞬小銭を稼ぐのか、堅実に未来永劫稼ぎ続けるのか。

僕であれば後者を選びます。

 

馬鹿でも稼げる物販ビジネス

 

テンプレートビジネスである物販ビジネスは、シンプルなルールを覚えて実践するだけでどんな人でも結果を出すことが出来ます。

センスがあるから稼げるとか、話すのが上手だから稼げるとか、そういうのないんですね。

 

その代わり資本が求められたり、作業をしないといけないというデメリットがあります。

 

でもこれは会社に通ってお金稼ぐのと何ら変わりのない仕組みだと思いませんか?

 

仕事をして給料をもらう。

作業してお金を稼ぐ。

 

凄くシンプルな関係であり、これぐらいシンプルにやるから結果を出しやすいのだと思います。

 

これが何をやればアクセスが集まるかわからない、何を作れば反応が取れるかわからないビジネスだったらどうなるでしょうか?

 

答えのない毎日に多くの人が悩み、挫折をしてしまいます。

 

僕としては脳の構造と同じように、短期快楽と短期ビジネス、長期報酬と長期ビジネスは結びつけて取り組むべきだと考えます。

 

成功とは適切なステップと因果関係によってもたらされていくものなので、そこに逆らわずに、柔軟にやっていこうよという事です。

 

手動で稼げて自動で稼げる

 

 

インターネットビジネスに注目する理由として、自動で稼げるというのがあります。

 

僕自身も複数の自動収入を作り出すことに成功しており、これが事実であるのは間違いありません。

 

しかし自動収入を作り出すにはまず自分が実践をして手動で稼ぐ経験が不可欠です。

なぜなら手動ですら稼げない人は人やシステムに任せることが出来ないからです。

 

手動収入というとレバレッジが効かないじゃねーかとバカにする人が多いですかが僕は泥臭くやってきて現在があります。

 

僕が自動で稼げるまでに当たり前にやってきたことだから、あなたにも馬鹿にせずまずは手動で愚直に稼げるようになって欲しいです。

 

そして物販ビジネスという最強のテンプレートビジネスは手動で稼ぐ上で大きな効果を発揮してくれます。

 

まずはこのテンプレ思考停止ビジネスで手堅く稼ぎ、自信を作って、次のステップへと繋げていきましょう。

 

物販を一生やれと言ってるのではなく、最初の一歩、自信を作るためにやれと言っています。

 

稼げるようになったらテンプレートビジネスは売却するなり、人に教えて稼ぐなりしてくれて結構です。

 

現代では個人レベルの会社であったとしても売却が出来るスキームが整っており、物販で2年から3年稼いで、それを売却するというのは難しいことではありません。

 

そして会社を売れば数千万〜数億のお金に変えることが出来るので、そのお金で投資家になるなり、次のビジネス始めるなりすればいい。

 

最初からやりたい事しかやりません!と決めてしまうと可能性が狭まってしまいます。

 

僕としては手堅く、再現性抜群で、馬鹿でも成功できるやり方から始めることをおすすめします。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す