無在庫転売で稼ぐために必要な出品数とは?目安は?時間や期間は?

 


友だち追加

この記事の所要時間: 651

こんにちは、細野です。

 

メルマガ読者さんから無在庫転売で稼ぐために必要な出品数を知りたいとメッセージを頂きましたので、考え方をシェアしていきます。

 

無在庫転売というのは正しいノウハウで取り組めば実践した初日に結果が出るものです。

販売する市場としては、メルカリ、BUYMA、ヤフオク、ネットショップになります。

 

市場別の売れるまでの速度まとめ

 

4つの市場の中で売れるまでの速度がどれぐらい違うのかを解説します。

 

まず最短で売れるのはメルカリです。

なんで最初はメルカリから入ることをおすすめします。

 

次にヤフオクと続き、ネットショップ、最後にBUYMAです。

BUYMAは実績がないとなかなか買ってくれないので時間がかかるんですね。

そしてライバルも多いので利益率もしょっぱいです。

10%前後ぐらいと思って下さい。

 

ネットショップも自分でドメインを取って作ったお店と楽天やヤフーショッピングのような最初からドメインが強いショップでは引きが全然違います。

最初は楽天やYahooで無在庫をやるのが僕はいいと考えています。

 

ドメインを取って運営する方法は覚えることも多いし、ドメインが育つまで時間がかかるので挫折してしまうんですね。

もちろんリスティング広告を出稿すればドメインが弱くても成約を取ることが出来るのですが、リスティングの運用テクニックを覚えなければならずハードルが高いです。

 

ですから特別な理由がないならメルカリを一番最初にやりましょう。

最も簡単に最初の1万円を稼げるのがメルカリなので。

 

出品数と利益の関係

 

正しいリサーチ方法で数を増やすことで自分のお店(アカウント)への動線が増えてアクセスが集まりやすくなります。

そしてアクセスが集まれば成約数も値段が適正であれば伸びていきます。

 

よく「いいねがつくのに売れない」と相談してくる人がいるのですが、値段が高いだけです。

こういう質問してきちゃう人って自分がメルカリで買い物をしたことがないんだと思います。

 

メルカリで買う時はまず気になる商品にいいねをして、いいねリストにピックアップをします。

そしてその中で絞り込んで商品購買をします。

 

その際に価格交渉や同時に買ったら割引をするなど、良い条件を出してくれる出品者を優先するので、値段が高く交渉にも応じないしょっぱい出品者であるあなたは選ばれないのです。

ちょっと考えればわかる事だと思うのですが、自己中心的な思考で販売をしているとこういった事になってしまうんですね。

 

じゃあ正しいリサーチで出品したらどれぐらいの数で売れるのか?

 

僕の場合はメルカリに出して2日目で16個出したタイミングで初成約が出ました。

そして最初の1個が売れた同日、すぐに2つめ、3つめが売れ。

そこから毎日3つ〜6つ程度がポコポコ売れておりました。

 

最初は1個数百円の薄利多売をやっていたのですが、単価を上げないと稼げないことに気が付き、高単価商品に実践5日ほどでシフト。

 

高単価の商品は売れないと言われるのですが、ちゃんとリサーチをすれば売れていることがわかります。

 

そして高い商品を買うお客さんは価格とか気にしませんし(お金持ってるので)、値引き交渉などせずに即断してくれる事が多いのです。

だから僕はこっちのほうが楽して稼げるなと思い、高単価の商品ばかり売りました。

 

その後リサーチをしている間に稼いでる人は中国から仕入れて転売していることがわかったので、中国輸入の教材やら塾を片っ端から買って勉強。

すぐにノウハウが作れたので、その中で再現性が高く、固定費がかからない初心者向けのノウハウを作って今教えています。

 

無在庫x有在庫=最強

 

いつも言うことですが手法固定とか意味不明なわけです。

無在庫だけで売ろうとすると、ライバルが増えたり、アカウントが消されるリスクが上がります。

さらにでっかく稼げません。

 

利益率が20%だとしても月商50万でようやっと利益10万なのです。

在庫を持てばこの利益率の2倍を稼ぐ事も可能なので、半分の月商25万で月利10万を突破できます。

 

低い売上で利益率が高いと何がいいかというと、求められる資金が下がります。

 

ですから僕はまずメルカリ無在庫で稼ぎ、1ヶ月ぐらいそれを実践したら輸入にシフトすることを提案しています。

そして電脳せどりや予約転売も同時に実践し、輸入した商品が手元に届くまでの2週間を短期運用してもらいます。

 

メルカリ無在庫転売のほうはアカウントを分けて外注さんに運営を任せていきます。

これも我流で人を雇ったら挫折してしまうのですが、きちんとスキームがあります。

それをやる事で完全自動でメルカリから毎月2万〜3万程度の利益が発生し続けるんですね。

 

単月だと小さな利益ですが、年単位だと20万〜30万となり大きな金額になります。

これぐらいの利益になると外注さんにお給料を払っても手元にお金が残ります。

それを自動で稼げるなら仕組みを作る価値があると思いませんか?

 

BUYMA無在庫転売で稼ぐまでの出品数目安

 

BUYMAで稼ぐ場合は100個というのが一つの目安となります。

100個も自分で出すのは大変すぎるので外注さんを雇って出品をします。

 

100個出した頃に成約がようやっと出るかな?というレベルで、最終的には200個〜400個程度を入れ替えしながら回していくことになります。

 

ハイブランドを扱う場合はこれよりも数が少なくてもリピート販売で成約がとれますが、BUYMAで稼ぐならノーブランドが一番効率が良いです。

ハイブランドは現地に住んでいる人には勝てないですし、卸契約している人より安く仕入れることが出来ないので後発ほど不利です。

 

ですからノーブランドを販売して稼ぐという戦略を取っていきます。

これも我流でやるとアカウントが消されて稼げなくなりますが、ちゃんとスキームがあります。

 

ヤフーショッピングで稼ぐために必要な出品数

 

ヤフーショッピングに進出する頃には相場観や商品知識が出来ているので、かなり正確なリサーチが出来るでしょう。

 

そして今まで何度も販売して引きがある商品を登録すると出品数10個で僕の場合は成約が出ました。

現在も30個程度しか出していないのですが、放ったらかしでずっと売れていきます。

 

僕の場合は片手間でやっているのでこんな感じですが、メルカリ無在庫や電脳せどりで培った相場観を使って100個、200個と出品したら大きく稼ぐことが出来るでしょう。

 

ヤフーショッピングは最近無在庫転売の規制を強めていますが、アマゾンから横流しするからクレームになるわけで、在庫を持ったり海外から直送すれば文句は言われません。

 

日本のアマゾンの箱で届くと文句言うくせに、海外のネットショプの箱で届くと文句言わない。

舶来品に日本人は弱いと言われますが、本当にそうなんだなと思いますw

 

我流で物販をやるな

 

今回の記事を通じて僕があなたに伝えたいなら物販ビジネスやるなら我流でやらないほうがいいよって事。

しっかりとした仕組みをビジネス未経験者が作ることは難しいので、すでに出来上がり立証されきっているスキームを買収する。

 

そしてそのスキームに則り行動をしたほうが遥かに楽して稼げます。

 

我流でやって稼げずに挫折するよりも、スキームを買収して最短で稼ぐ方を僕はおすすめします。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す