FX聖杯とせどりの不思議な関係。FXやるならせどりのほうが堅実!

 


友だち追加

この記事の所要時間: 551

FXの世界では聖杯と言って、必勝法を探している人がいます。

 

しかし100発100中の必勝法というのは存在しないので、トータルでプラスに出来るやり方を取ることでFXでは稼いでいきます。

ところがトータルではプラスになるとわかっても、それを継続することが出来ない人がいます。

なぜそんな事が起きるのか?

 

資金管理が出来ないからなんですね。

 

勝ってる時は取引量を多くしてしまう、負けが続くと取引量を少なくしてしまう。

このような人間心理があり、一貫したトレードを継続することがとても難しいのです。

 

FXは小資本から参入して大きく稼ぐことが出来る夢のある世界です。

しかし損をして退場をする人が多いのも事実であり、初心者におすすめかというと疑問です。

 

ではどうすればいいのか?

でっかく稼ぐことを一瞬諦めて、まずは10万でも30万でもいいから確実に稼ぐスキルを身につけるのです。

 

聖杯を探すならせどりをやれ

 

僕はFXの聖杯を探すならせどりを覚えて稼げるようになったほうがいいと考えています。

せどりで原資を作ってそれでもまだFXをやりたいと思うならやればいいのです。

 

そしてFXで失敗をしてしまったらまたせどりをやってお金を作る。

失敗から学んでいけば、資金管理も出来るようになっていくはずなので、最後に大勝ちして収支をプラスにするということが出来るはずです。

 

FXにそこまで思い入れはない、大きく稼ぐことよりもコツコツ安定的に稼げる方がいい。

このように考える人であればせどりを続ける事をおすすめします。

 

せどり、転売は稼げる金額に上限がありFXのように億を稼ぐのは難しいです。

しかし年間数百万〜1000万程度で良ければ抜群の再現性で到達可能です。

 

FXで稼げるようになるのはかなり難しいと思うのですが、せどりであれば10人チャレンジして4人ぐらいは普通に到達します。

僕はこれを教える活動をやっているのですが、教えて来てそれぐらいの再現性は出ているなーと感じているので。

 

上限があるビジネスから青天井ビジネスに移行をする

 

稼げる金額に上限があると書きましたが、せどり転売だけでも月収100万を稼げるなら充分ではないかと思います。

FXやってる人はもっと大きな数字を目指しているのかもしれませんが、月利100万を年間を通じて維持できたと仮定すると、税引前収益は1200万になります。

 

これぐらい稼げると税を引いても生活していくのに支障がないレベルに達します。

 

もちろん仕入れなど作業の一部は継続しなければいけませんが、それはFXでも同じですよね?

 

30とか40になってもチャートを見続けるんですか?

老眼になってきたらチャートを見て精神力を疲弊させて稼ぐトレードはしんどいですよね。

 

せどりであれば使う金額や動かすお金の規模もそれほど大きくないので、少ないストレスで続けていくことが出来ます。

またポジションを持つ時点である程度勝つことが確定しているので、FXよりもトータルでプラスにすることが簡単に出来ます。

 

FXで10個のポジションを持って9回勝てても最後の1回で大きく負けたらトータルの収集はマイナスになります。

でもせどりであれば10回のうち、4回とか、3回の価値でもトータルの収支がプラスになります。

 

なぜかというと損失に対して利益の期待値が高いからなんですね。

売れたら儲かる商品を回転率や利益率を加味しながらバランスさせていくんで、勝率に固執しなくてもいいんです。

 

もちろん仕入れた商品は全部黒字で完売させたいのですが、しっかり管理をしてもなかなかそれは難しいので、100発100中ではなくトータルでプラスにするというマインドでやっていきます。

 

またせどりだけだと上限がると聞いてしょっぺーなと思うかもしれませんが、せどりで稼げるようになり、それを教える活動で収益化するという方法もあるわけです。

 

稼げてない人からしたら稼げてる人のやり方や考え方を知りたい、教えて欲しいというニーズがあります。

FXの教材や塾が売れるのも同じですよね。

それと同じことをせどりで稼げるようになってやるという事です。

 

FXで結果を出すのは難しいですが、せどりなら難しくないです。

 

そうすれば上限なしの青天井ビジネスに転売ビジネスを昇華する事が出来ます。

 

隙間時間の在宅転売、爆発力の在外転売

 

FXの魅力はスマホがあればどこにいても24時間トレードが出来ることだと思います。

転売もこれに近いことは出来るのですが、在宅で稼ぐ転売は作業量に対するリターンが低く、効率的には稼げないです。

 

僕がいう作業量に対するリターンというのは、1ヶ月間集中して作業したら当たり前に利益100万以上稼げるか?という話です。

 

殆どの人は今、会社に通いながらFXや転売をやろうと考えてくれてる人なので、時間が限られますね?

その限られた時間の中で効率的に稼げる可能性があるのがFXだけど、これは難しくて再現性が低い。

在宅でできる転売手法は稼げるスピードや金額に上限がある。

 

もちろん中には在宅転売だけで何百万という利益を出してる人もいます。

しかしそれは専業としてガチで朝から晩まで作業して、外注さんを何人も雇っている人だけです。

 

副業の人はそれは難しいし、そこまで打ち込めないですね?

 

だから僕としては週末だけ集中して作業をして30万〜50万程度をコスパよく稼ぐ店舗せどりをおすすめしています。

これは作業をしなければいけませんが、維持も難しくないですし、やれば稼げるので年齢や経験も選びません。

 

スマホを使うので老眼にはしんどいかもしれませんが、それは老眼手術など対策方法が今はあるのでやればいいと思います。

FXのように目を充血させて画面を眺めるみたいな事は一切求められないので。

 

聖杯はいらない。なぜなら稼げるから

 

聖杯を追い求めなくても稼げるということがよくわかったのではないかと思います。

 

必勝法を探すよりも、負けてしまっても成立する仕組みを作ったほうがいいです。

そちらのほうが再現性が上がりますし、どんな人でも達成しやすくなるからです。

 

FXで稼げるようになることを見据えて、足元を固めることも検討して頂ければ、今回の記事をシェアして嬉しく思います。

 

 

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします


細野をシェアする!!

コメントを残す