予約転売のリサーチ方法。空売り失敗とキャンセルリスクについて

 


友だち追加

この記事の所要時間: 654

こんにちは、細野です。

 

今回は最近覚えた予約転売という手法について語ります。

予約転売というのは何かと言うと発売日前に在庫切れになってしまっている商品をアマゾンに出品して稼ぐやり方です。

アマゾンを使った無在庫転売、空売り、未来せどりとも言います。

 

このやり方のメリットは資本を必要とせずに稼げる事ですが、稼ぐためには大量に同じ商品を売らなければいけない、在庫を確保できなかった時はアカウント削除のリスクが高まるというデメリットがあります。

あまり初心者向けのやり方ではないと思うので、今後もおすすめは積極的にはしませんが、資金力があって外に出て動ける人(ネットとオフラインの仕入先を活用します)は取り組んでみてもいいのではないでしょうか。

 

在庫回転率は人気の商品を扱っていくので良いです。

ただし利益率や利益額は小さくなっていく傾向があります。

FXのスキャルピングみたいなイメージです。

 

予約転売の仕入先と販売先は?

 

予約転売と聞いて気になるのは仕入先という人は少なくないでしょう。

どこで仕入れてどこで売るのか?という点ですね。

 

これは主にネットショップとオフラインの店舗となります。

在宅だけでも実践できますが、大きく稼ぐためにはオフラインのお店に予約を入れないと稼げません。

 

そして販売先ですがアマゾンです。

日本アマゾンはもちろんの事、輸出をやる人であれば海外アマゾンでも販売ができます。

人によってはヤフオクで転売されている方もいますが、ヤフオクは無在庫転売禁止なのでアカウント停止のリスクが高まります。

また海外オークションですとeBayに出すことも可能です。

 

アマゾンは発売日前に商品を出品して、発売日以降に出荷することを許可してくれているので、予約転売とは相性が良い媒体と言えます。

とは言え、いい事ばかりではなく、キャンセルをたくさんするとアカウントが痛み、最悪の場合、停止、剥奪というリスクがあります。

 

予約転売というと在庫を持たずに楽して稼げるというイメージを持つかもしれませんが、他のやり方と同じかそれ以上に気を使う手法です。

世の中フリーランチなんてものはないという事ですねw

ただ、稼げるのは事実ですし、こういうのが向いている人もいると思います。

 

どうやって予約転売できる商品をリサーチするの?

 

最も核となる仕入れですが、これはいくつかのツールを組み合わせてやっていきます。

そのやり方はここに書くことは出来ないのですが、1日もあれば習得できるシンプルなものです。

 

経験を積むことで値上がりしやすい商品の傾向も掴めてくるので、そういった商品は事前に準備をして有利に動くことが出来ます。

 

予約転売では動きの早い商品を追いかけていくので、行動力が物を言います。

 

僕は忙しないスタイルの転売はあまり得意ではなく、なんでもない時期にどこにでもあるようなお店に行って転売できる商品を見つけるのが得意です。

このやり方は流行に左右されず商品を確保できるメリットがありますが、爆発力が弱いです。

日給10万〜20万程度をコンスタントに稼ぐ事はできますが、日給30万〜50万を一日で利確するのは難しい。

 

月に数百万単位で利益を出すためには、動きの速い商品を大量に扱い、規制カテゴリの攻略など、参入障壁が高い分野に進出する必要があります。

予約転売は短期的な爆発(トレンド)に乗っかって器用に稼ぐことが出来る手法になります。

せどりに情熱が注げる人であればこれらを攻略していくことは純粋に楽しいと思います。

 

逆にそこまでせどりに打ち込めないなって人はせどりで数千万単位で売るのは諦めたほうがいいかもしれません。

月利100万〜200万程度であればそこまで忙しなくやらなくても稼げますので。

 

僕の予約転売に対する位置付けとしては、数ある処方の一つとして扱うというもの。

例えばゲーム機のスイッチやファミコンクラシックミニなどは、発売日前や直後から転売できることが簡単に予想できました。

 

ネットでも在庫復活が定期的に起きていましたし、オフラインのお店で予約をすれば普通に在庫確保ができたんですね。

 

この方法は田舎ほどライバルが減り稼ぎやすいというメリットがあります。

地方に行くと都心ではレアになっている商品が普通に残っていたり、プレミアム価格をつけていても利益が出たりとおいしい仕入れが出来ます。

 

だからこそ店舗で仕入れが出来るのであれば定期的に遠征をやり、数千店舗の仕入先を日本全国に持ってこなす。

これをおすすめしています。

 

専業の人であれば旅をしながら稼いでいくイメージですね。

副業の人でも連休を利用したり、有給を取ってやる、土日を利用して泊まり込みで計画を練ってみるなど、工夫をすることで遠征が可能です。

 

予約転売の見過ごせないリスクについて

 

世の中楽して稼げますだの、リスクがないだの売り煽る人がいますが、楽して稼げるは今時ないですし、リスクもちゃんとありますw

気になるのはそのリスクが割に合うのか割に合わないのかですよね。

 

結論から言えばリスクをしっかりとマネジメントすることが出来れば、予約転売はありだと思います。

作業時間も電脳仕入れに比べればそこまで長くないです。

 

ただ在庫を監視するツールを使ったりするので、24時間動かせるパソコンがあったほうがいいです。

24時間動かせねーぞって人はVPSを契約して、そこでツールを走らせる。

 

今や転売の世界もAIを使って稼いでいくんですよね。

アパレルの世界ではBOTなんて言われたりしてAIを使って稼ぐのが普通になってるんですけど、それ以外のジャンルにもAIが浸透してきています。

 

今世の中にある仕事の半分はAIが普及すると消えると言われていますが、転売なんて真っ先に消えそうですよね。

完全になくなることはないと思いますが、予約転売のような忙しない手法ほど、AIの影響をダイレクトに受ける気がします。

 

気になるリスクですが、流動性リスクとアカウント停止リスクの2つがあります。

 

流動性リスクというのは空売りして売れたあとで在庫が見つからないという問題です。

これは在庫を確保してから転売をすればいいだけなので管理は簡単ですね。

 

次にアカウントの停止リスク。

これは販売したのにお客さんの所に出荷出来なかったり、配送が遅延したりするリスクです。

こちらも代行業者やアルバイトを雇うことで対応可能です。

 

まとめ:リスク管理が出来れば予約転売は稼ぎ続けることが出来る

 

イレギュラーな稼ぎ方は無在庫販売もそうですけど、いかにリスク管理をしっかりやるかで決まります。

 

メルカリやヤフオクはアカウント復活が簡単ですけど、アマゾンの場合はパソコンとIPアドレス、住所を別のもので登録して管理せねばならず、組織でやっている場合はシステムの総入れ替えとなります。

 

アマゾンはまた偽物販売をした時にもブラックリストに登録をされ、同じ環境では二度と登録することが出来なくなります。

それぐらいシビアに厳しく管理しているからこそ、質が確保されてお客さんは安心して買い物が出来るわけです。

 

しかし僕ら仕掛ける側の転売ヤー視点で見ると、不都合な部分もあるわけであり、うまくマネジメントをやらないと火傷をしてしまいます。

 

火遊びに手を出す時にはしっかりとした監督者、管理方法を覚えてからにしましょうw

 

なお僕が運営する通信講座では今後新たに学んだ予約転売の手法についても解説をしていくので、参加している人は楽しみにしていて下さい。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す