ヤフオクで稼ぐ7つの基本を成功例と共にご紹介!

ヤフオク

 


友だち追加

この記事の所要時間: 840

細野です。

 

出品数・利用者数ともにNO.1を誇る、国内大手のオークションサイト、「ヤフオク」。

そんなヤフオクを使って稼ぎたい、という人も多いはず。

 

そんな方のために、今回はヤフオクで稼ぐための基本と成功例をまとめてみました。

 

初心者の方には特に読んでいただきたいです。

 

ヤフオクでは限定物・人気商品など需要のある商品が高値で取引される

 

ただでさえ膨大な数の商品が並ぶヤフオク。

そんな中で稼ぐには、「売れる商品」「需要のある商品」は何かを把握する必要があります。

一般的に高値が付きやすいと言われているのは、

 

  • プレミア付きや限定販売のフィギュア
  • 初回生産限定盤CD・DVD
  • 売り切れが予想される人気ゲーム機の関連商品やおもちゃ
  • 中古家電
  • 人気タレント、アーティストのチケット

 

など。

特に、もともと生産数が少ない限定性のある商品や、人気商品のため手に入りにくいもの等は、高値で売れるようです。

 

一方、身の回りにある日用品などは売りやすいですが、それだけ「販売者も多い=出品数も多い」ということ。

こういったものは手に入りやすい上に、落札者はより安い商品を求めますから、高価格で売ることは難しくなります。

 

レアな商品を出品し、高値で売ることに成功した例には、こんなものがあります。

 

10年以上寝かせていたおもちゃを出品したところ、想像以上の高値で落札された。

当時から少々レア扱いのおもちゃではあったが、時が経ち入手が難しくなっているものは、より高く売れるのだと実感した。

 

このように、昔のおもちゃが今になって数十〜百倍もの価値がついたケースは、テレビなんかでよく見ますよね。

 

コレクター達に需要が高いけれど、昔の商品なので今は手に入りにくい=高値がつく。

 

需要が高いのに供給が少ない商品は、好きな人にとっては多少高くても手に入れたいものです。

そのため、高価格で取引される確率がアップします。

 

ヤフオクの知識がある人と一緒にリサーチ・仕入れして効率アップ

 

「安値で仕入れて高値で売る」のがヤフオクで稼ぐ前提です。

 

まずは、売りたい商品を安く仕入れる必要があります。

 

最初のうちは一人ではなく、その商品ジャンルに関する知識がある人、またはヤフオクで実際に稼いでいる人と一緒にリサーチ・仕入れをすると効率がアップします。

 

知識がある人と一緒に仕入れを行い、成功した例として、以下のようなものがあります。

 

出品する商品を骨董品に定めたものの、自分にはよく分からない。

そこで、骨董品に詳しい知人に協力してもらい、骨董屋をリサーチ。

だんだんと目利きが出来るようになり、骨董屋や骨董市場で安く仕入れた骨董品を売って稼ぐことに成功した。

 

このように、知識がある人と一緒なら、

  • どの商品に価値があるのか
  • その仕入れ先では通常の相場に比べてどの程度安く仕入れることが出来るのか

 

が掴めてくるでしょう。

 

そうしているうちに自分で目利きできるようになれば、こっちのものです。

 

また、ヤフオクで実際に稼いでいる人と一緒なら

  • 仕入れのコツ
  • 稼ぐノウハウ

 

などの情報を広く集めることができるため、さらなる効率アップを望めます。

 

需要のある商品を知って、安く仕入れる・・・これがヤフオクで稼ぐための大前提となるわけです。

 

落札者に信頼してもらえる出品者になり評価を上げる

 

ヤフオクでは落札者が出品者に「評価」をつけることができます。

 

商品売買の契約から発送、金銭のやりとりまで個人で行うことが多いため、不安に感じる落札者も少なくありません。

 

その時に大きな指標になるのが、「評価」です。

評価によって、最終的にその出品者から落札するかどうかを決める人もいるでしょう。

 

どんなに良い商品でも、評価の悪い出品者からは購入したいと思えませんよね。

 

良い商品を仕入れることも大切ですが、出品者としての評価を上げ、落札者からの信頼を得ることも非常に大切です。

 

綺麗な商品を届けてヤフオクユーザーの信頼を得る

 

仕入れたものをそのまま売るのではなく、より綺麗な状態で売ることで商品に付加価値がつきます。

 

それだけでなく、「いつも綺麗なものを発送してくれる出品者」といった評価を得られれば、新規の落札者からも信用してもらいやすくなります。

 

ここで、より綺麗な状態で発送するための一手間をご紹介します。

 

用意するもの

  • タオル
  • 濡れ雑巾orウエットティッシュ
  • 中性洗剤
  • 小さいブラシ

 

まずはタオル等でさっと商品を乾拭きします。

 

それだけでは落ちない場合、濡れても大丈夫か、中性洗剤を使っても大丈夫な商品かを確認し、濡れ雑巾や中性洗剤で優しく汚れを落とします。

 

かえって傷を増やすことがないよう気をつけながら、細かく入り込んだ汚れ等は小さなブラシで落としていきます。

 

電化製品等は出来る範囲でクリーニング・メンテナンスを行ってから出品すると良いでしょう。

 

このように丁寧な発送を心がけることで、落札者から高評価を得ることが出来た例もあります。

 

よほど目立つ傷以外は気にせずに出品していた。

しかし、他の商品や出品者と差をつける必要があると思い、どの商品も綺麗に拭き、CDならケースを新品に交換したり、小物はクリスタルパックに入れるなどの工夫をした。

その結果、購入した方から「新品かと思うほど綺麗な商品でした。ありがとうございます」との評価を頂くようになった。

 

もし自分が落札者の立場だったら、いかに商品の内容や価格に満足していても、雑な梱包では出品者に対して良い印象は抱けませんよね。

 

なるべく綺麗な状態で商品を落札者に届けて、また次も安心して落札してもらえるように心がけましょう。

 

紹介文はしっかりと明記して安心感を与える

 

商品の説明、注意事項、取引に関する詳細は一番重要なので、しっかりと明記するようにします。

 

特に商品説明が簡潔だったり、あやふやで伝わらない状態だと、ユーザーは安心して落札出来ません。

 

  • 商品名(メーカー・型番)
  • 商品のスペック(色・サイズ・機能)
  • 商品の状態(新品or中古品?傷・保管状態)

 

これらは、嘘や偽りなく、なるべく質問が来ないくらい詳細に書くことが望ましいです。

 

もしも質問が来た場合は、なるべく早く、具体的かつ丁寧な説明で対応しましょう。

 

「丁寧な人だな、安心出来るな」と思ってもらえると、高評価に繋がりやすいです。

 

また、その商品の魅力(限定版・レアであったり、商品のメリットなど)も加えて書くことで、さらに落札者の購入意欲が湧くでしょう。

 

その他、発送方法と支払い方法、取引時の注意事項も忘れずに明記します。

 

ヤフオクでは取引成立後も梱包や発送に気を抜かない

 

無事に取引が成立したあとの対応も重要です。特に梱包では、

  • エアーキャップを使って商品をしっかり包む
  • ダンボールと商品の間に隙間が出来ないよう新聞紙をつめる
  • パッケージがある商品はパッケージにもガムテームや傷がつかないよう気をつける

 

など、相手に無事商品を送り届けるための配慮を忘れずに。

 

梱包が終わったら迅速な発送を心がけましょう。

長々とお待たせしてしまうと、そのぶん不信感を抱かせてしまう可能性がありますから。

 

ヤフオクのトラブル発生時は素直に謝罪することが大切

 

ヤフオクでの取引は、なるべくトラブルが起きないよう、丁寧で誠意のある対応をとることが何より重要です。

 

しかし、自分のミスによってトラブルになってしまった場合、連絡を無視したり、誤魔化そうとする出品者も多数いるようです。

そのような対応が一番良くないと、僕は思います。

 

成功例とは違いますが、きちんと対応した人の例はこんな感じです。

 

入札バトルにまでなった商品。

しかし、取引終了後にこちら側の不備に気づいた。

落札してくれた方に正直にその旨をお話し、対応したところ、誠心誠意の対応だったと非常に良い評価をいただいた。

 

本来は不備なく、このようなトラブルが起こらないよう未然に防ぐことが大事です。

 

しかし、人間ですから思いがけずミスしてしまう可能性だってあります。

そんな時でも、逃げずにきちんと謝罪し対応すれば、このような結果になるケースもあります。

 

自分が悪いのであれば、とにかく素直に非を認め、きちんと謝罪しましょう。

そうすることで、また次の取引に繋がるかもしれません。

 

まとめ

 

ヤフオクで稼ぐには、商品や転売に関する知識やノウハウ、そして慣れも必要です。

 

しかし、それと同じくらい、評価が高く信頼される出品者になることも重要です。

 

まずは落札者の立場に立って、どんな商品なら購入したいか、どんな出品者から落札したいかを考えることが、ヤフオクで稼ぐための第一歩だと思います。

 

適当に済ませようとせず、誠心誠意の対応を心がけることでリピーターも増やし、どんどん落札してもらえる出品者を目指しましょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す