せどり確定申告に頭を悩ませるのは時間の無駄。税理士に外注し収益に集中!

 


友だち追加

この記事の所要時間: 43

細野です。

 

確定申告の時期が迫り、利益が出ている人は税金の支払いに頭を悩ませているでしょう。

 

僕は顧客には税金の支払いに関しては税理士を雇用し、彼らに業務を外注化せよと一貫して言っています。

 

その理由としては自分で税務の勉強をしたり、処理をする時間がもったいないからです。

ゼロベースで税の知識を身に着けていたら稼ぐための作業に集中できません。

 

自分で確定申告をして書類にミスがあったりして、何度も役所を往復したり、時間を取られたり。。

その間仕入れをしていたらもっと稼げますよね?

 

だからそういった所に時間や労力を割くのは無駄なのです。

最初から外注化をして収益が発生する業務にだけ集中をしましょう。

 

今回は税理士の雇い方、探し方について解説をしていきます。

 

税理士選びで一番大事なこと

 

税理士には多くく分けて2つのタイプがいて、国の立場に立って税をたくさん支払うように淡々と仕事をする税理士、もう一つは経営者サイドで節税のために工夫をしてくれる税理士です。

 

節税をされたい方は経営者サイドで動いてくれる税理士さんを選ぶと良いです。

 

僕は父親から紹介された税理士さんを使っておりますので、最初から条件を指定して選ぶというのはやりませんでした。

個人的に税金を支払うのはそれほど嫌なことではなく、自分が住んでいる東京や日本が好きなので、どんどん支払っていこうというスタンスです。

 

ゼロベースで探す時は自分の家や事務所から近い場所に住んでいる税理士さんを選んだほうが良いです。

何かあった時にすぐに飛んでいく事が出来るので楽です。

 

知り合いからの紹介や口コミで選べるのが理想ですが、知り合いや口コミがない場合は、自分で税理士さんを探すことになります。

 

一括検索サイトを使い自分の地元、地域にいる税理士さんを探しましょう。

そして面談をして相手との波長やスタンスを確認していきましょう。

気に入ったら書面契約を交わして正式に税務を任せていきます。

 

記帳代行という方法もアリ

 

副業の方は税理士さんと顧問契約するのではなく、月々のレシート管理だけを任せる記帳代行という方法があります。

 

こちらは月5千円程度と安いので、任せやすいと思います。

そして年に一貫の決算、確定申告代行を20万程度払ってお願いし、税務の作業を終わらせる。

 

これが副業の方向けのプランです。

 

何度も言いますが自分でやると時間がかかるので最初から任せましょう。

副業の人ほど人に任せないとだめです。

 

業務を自動化せよ

 

税の支払いに始まり、納品作業など、自分がやらなくてもいい作業はどんどん人に任せる。

これが出来る人が右肩上がりで成長をいきます。

 

なんでも自分でやる人は収入が頭打ちになり、時間が足りずに自分を成長させることに時間を使えなくなります。

 

そうすると自分のステージ(器)が上がらないので、進化が出来ません。

 

外注さん、税理士さんにお金を払って時間を捻出し、浮いたお金でさらに稼げばトータルの収益はプラスになるのです。

このマインドセットを持てない人が多いので、これからビジネスを始める方は人に任せるというのを徹底していきましょう。

 

↓ プロに任せて税金の悩みから解放される

 

普段の税務作業

 

僕は普段は税務のことは気にせず、仕事や勉強に集中をしています。

 

やる事と言えば月に1回領収書を税理士さんの事務所に送るだけです。

後は年に1回の決算や年度末調整の書類を書くぐらいで、僕がやる作業はほぼゼロです。

 

税金の支払いも郵便局で年に一回やるので、稼げるようになったからといって豪遊しないようにw

 

まとめ

 

本当の意味で成功するためにはRの住人にならなければならず、散財してしょーもない事にお金を使ってる人はいつまで経ってもGの住人です。

 

稼いでいても魅力がない人は全てGから抜け出せない人なので、そうならないようにRへとシフトをしていきましょう。

 

せどりで稼ぐ利益は全て短期的なものであり、幻ですから次の成長曲線を描くために、どんどん自己投資していきましょう。

仕入れツアー、コンサル、塾、教材。

こういった所で足りない知識を拡充して自分を無限に進化させていけば消えてしまう事はありません。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す