芸能人の副業。ファンから貰った物を転売。どうすべきだった?

 

この記事の所要時間: 1057

どうも細野です。

 

このブログに芸能人の副業というキーワードで検索してくる人がいました。

 

何調べてるんだこの人って思ったんだが、そういえば最近アイドルがファンから貰ったものをメルカリで転売して炎上したってニュースがありましたね。

 

厳密にはファンの親が出品してそれがバレたってことだったんだが、人からもらったものを売ることの何が問題なの?って話ですね。

 

フィギュアスケートの羽生結弦君がプーさんが好きだからとプーさんばっかりプレゼントしても、彼の部屋にはプーさんの人形が溢れまくるわけであり、ハッキリ言って迷惑です。

 

でも世の中にはプーさんの人形がほしいと思う人は一定数いるわけであり、例えば孤児院にプレゼントしたり、NPO団体としてオークションをやっている所に寄付したりと、有効活用法はいくらでもある。

 

そりゃファンからしたら自分がプレゼントしたものを本人が使ってくれたり、部屋においてくれたら嬉しいだろうけど、貰う側の事も考えてあげて欲しい。

 

少し前に元MNBの人気メンバーと付き合っていたとされるモデルの子が、Twitterの裏アカウントで差し入れするなら保存できるお菓子にしろと言っていたことが発覚しましたが、これってかなり本音だと思うんですよね。

 

結婚式の引出物で皿とか貰っても1ミリも嬉しくない(むしろ迷惑)のと一緒で、プレゼントは贈る側のセンスが問われるセンシティブな行為。

 

僕の所にもお中元やお歳暮、誕生日プレゼントが届き、嬉しいんで受け取るのだが、例えばクッキー貰っても嬉しいけど全部自分で食えないわけですよw(数日かけて食べきるが)

 

特に今であればロカボ生活を継続していて炭水化物を可能な限り食べないようにしているので、そんなものを貰ったら食べたくなってしまうやないかーいとなるわけです。

 

クッキーめちゃくちゃおいしいからね。

炭水化物には麻薬的なうまさがある。

 

 

そんな感じでプレゼントする側も相手のこと考えたほうがいいよ。むしろライブ行ってあげるとか、ファンクラブ入ってあげるとか、人に紹介するとかそっちのほうが感謝されるよって話。

 

んで、プレゼントを受け側である芸能人がどうやってプレゼントを処理するか、副業をやるかという話をします。

 

読む人いるのかこの記事www

まあいいや。

 

僕が芸能人で副業をするなら

 

もし僕が芸能人で、副業をしなければいけない状況であるならば、身バレしない、人に迷惑をかけないことをやっていきます。

 

例えば顔出ししてYouTuberになるというのは所属事務所との契約上不可能ですよね。

厳密には副業も税の支払いの時に事務所にバレると思うので、その時に険悪になる可能性が大きいです。

 

ただ仕事がない、絶頂を過ぎて食えなくなってきているなど、本業以外の道を模索しなければいけない芸能品の人も多いでしょう。(むしろ大半はそうなっていく)

 

芸能人でなくてもスポーツ選手の人も同じですよね。

 

プロアスリート、スポーツ選手が現役でいられる期間は短く、現役を退いた後の収入が下がり、不幸な引退後の生活を過ごす人は珍しくありません。

 

人間は一度上げた生活のレベルを落とすことは出来ないので、現役時代に贅沢の味を覚えてしまうと収入が下がり仕事がなくなった後の生活がキツくなってしまうんですね。

 

最も合理的なビジネス

 

よく有名人が飲食店をはじめてすぐに潰して笑い話になったりしますが、ビジネスに取り組む際にそれが本業であれ副業であれ抑えておかないといけないポイントがあります。

 

それは何かというと在庫を持たない、資本を必要としない、季節による浮き沈みがないという事です。

 

在庫を持たないというのは完全に無在庫でやれという事ではなく、商品廃棄率を可能な限り少なくしろということです。

飲食や農業、オフラインの物販はこの条件を満たさないのでNGとなります。

 

次に資本ですが、オフラインビジネスは基本スタート1000万です。

店舗借りてスタッフを最低限揃えて参入するだけで1000万。

こんぐらい資本が必要とされ、成功する保証はどこにもない、再現性もない世界だということです。

副業でも本業でもこのように莫大な資本を求められるビジネスには最初から参入するべきではありません。

 

最後の季節変動ですが、8月は売れたけど、10月は売上がゼロみたいのはダメだという事です。

農業なんかがこれに該当します。その分一年中働かなくてもいいので兼業に向いているというメリットもあるみたいですが。

 

これらの条件をすべて満たすこの世で最も合理的なビジネスはインターネットを使ったコンテンツ販売になります。

 

ネットで通信講座をやれという事ですね。

 

これは資本もいらず、季節によって売れる売れないというのもなく(波はあります)、商品廃棄率もない。

 

そして自分の商品を購入してくれるであろう見込み客を集めて、その人達の価値観を教育し、商品を販売する事をDRMと言ったりするのですが、このDRMこそがこの世で最も合理的なビジネスモデルとなります。

 

なんでDRMを副業でも本業でもやれるのが理想。

 

例えば僕が尊敬するXジャパン、LUNA SEAのギタリストであるスギゾーさんという方がいるんだが、彼はLUNA SEAが活動停止した時に知り合いに騙されてお金を失い、経済的にとても困ったと本で書いている。

 

この話を聞いた時に、スギゾーさんがギタースクールをやったら秒速で1億2億ぐらいのお金は作れるじゃんと思ったんですよね。

 

スギゾーさんのギタースクール、全てコンテンツによる学習で30万円。

ギターをやってる人、音楽家であれば払うと思います。

もっと高くても全然いい。

 

じゃあSUGIZOさんのオンラインギタースクールに参加した人に向けて、SUGIZOさんとセッション出来たり、直接レクチャーできるサービスを今度は100万で売る。

 

これも売れますよね。

人数絞れば質も確保できる。

 

ギターやってる人であればSUGIZOさんに会いに行きたいし、SUGIZOさんと短い時間でもセッション出来たり、教えてもらえたらめちゃくちゃ勉強になる。

 

まぁSUGIZOさんは鬼才と言われるぐらい異次元の人なので、このレベルでデキる人は限られるかもしれませんが、これに近いことは出来るはずなんです。

 

それが出来るから芸能人なわけだし、テレビやメディアに出てたんだから。

 

お笑い芸人が生き残るテンプレ

 

僕は最近YouTubeを見て、芸人さんが無名から有名になり、その後生き残っていくために何をしなければいけないか考えることがあります。

 

そしてたくさんの事例を見てきた結果、生き残るテンプレは一つに絞られるという結論に至りました。

 

それは何かというと、まず最初にすでに有名で出来れば大御所クラスの人の番組やイベントに参加する。

ここで有名人、大御所の影響力を作り自分を知ってもらいます。

 

それが出来たらそこで獲得したファンに対して自分の実力を認めてもらいます。

大御所に気に入ってもらって番組に何度も呼んでもらうというのもOK。

その連続であなた自身にもファンがついていきます。

 

それが出来たらパフォーマンスをして笑いを取る側から、番組やイベントを取り仕切る側に周ります。

 

スギちゃんや日本エレキテルが消えてしまった理由は、呼ばれた番組でトークを発揮できず、番組のプロデューサーが何度も呼ぶ理由を見いだせなくなったからと言われています。

 

お笑いスターとして登場し、長く芸能界で稼ぐためにはメディアに出演し続けるか、地方営業で手堅く食っていくかの2パターン。

 

あるいは全く趣向を変えて占い師になるとか、方向転換をして食っていく人もいます。

 

地方営業やお笑い以外の仕事への転換を望まないのであれば、メディアに出演し、メディアを仕切る側に回っていかないといけないです。

 

究極的な理想は司会者ですがこれは椅子が限られるので、番組に呼ばれ話を振られた時に気の利いた発言をし、それが編集でもカットされずに使われる。

ここを目指していきたいです。

 

HKTの指原さんはこの手法であそこまで成り上がった人です。

お笑いスターではありませんがw

 

普通ならスキャンダルがバレて地方に飛ばされた時点で人生\(^o^)/オワタになるはずなのですが、そこから総選挙1位まで成り上がった。

 

しかも企画力やトークが面白いので、アイドルを卒業した後も表舞台でも裏舞台でもやっていける実力がすでにある。

他のメンバーは女優、歌手といった目標である人が多いのですが、女優も歌手も掃いて捨てるほどいるわけであり、成功する確率は低い。

 

でも番組司会、番組を盛り上げる、番組制作側に便利な存在、製作に貢献してくれる人材は貴重です。

だから重宝されるし、(そうならないかもしれませんが)アイドルを卒業した後も指原さんは安泰だと僕は思います。

 

トークできるってのはそれだけ強いって事です。

 

一発屋芸人の人はたまたま時流には乗れたけど、お笑いスターとして成功するために不可欠な能力が欠けていたので消えてしまう。

そして能力が高くて成功できたわけではないのに成功して生活のレベルを上げてしまったので、それを維持できなくなりしんどくなっていく。

 

このような因果関係があるわけです。

 

自分の成功を論理的に説明できるか?

 

成功したあとでそれを維持できる人と消えていく人の違いがあるとすれば、成功の要因をきちんろ理論立てて整理して説明できるか否かだと思います。

 

要は自分がなぜ成功できたのかをきちんと人に伝えられるのか?という事。

 

HKTの指原さんは後輩にこうすればもっと光る、伸びると提案できています。

なぜ彼女がそんな事ができるのかと言えば、自分が成功してきた道のりがあり、なぜそれが出来たのかをきちんと自分の頭で整理して語れるからです。

 

卒業した後で消えていったメンバーは自分がAKBに属していたから注目してもらえただけというのがわかっていなかったのだと思います。

 

身も蓋もない話をしますが、AKBというのは普通に生きてたらアイドル芸能人には絶対になれなかった人達に光を当ててスターにしていく軌跡を見せるグループです。

 

もっとハッキリ言ってしまうと、芸能人になんてなっちゃいけない人を無理やり芸能人にした結果を見せているわけです。

 

だから卒業した後は自分本来の実力、評価に落とされて、表舞台からは消えていく。

ただそれだけです。

 

そこで慢心せずに自分を高め続けることが出来た人、自分の居場所を作り、自分の存在証明実力証明が出来たメンバーは生き残っています。

 

お笑いの世界でも表舞台で生き残っている人で話がつまらない人は一人もいません。

面白い、盛り上げてくれるからテレビに出続けてる。呼ばれている。

 

ちなみに手前味噌で恐縮ですが僕も自分の成功を完全に論理立てて説明できますし、それを再現させる事も出来ます。

 

だから提案力を認めてもらえて評価をしてもらえるんですね。

 

僕より優秀な現役プレイヤーはたくさんいるのですが、最前線を退いた人で僕レベルで提案できてる人は一人もいないのです。

 

まとめ

 

需要があるのかさっぱりわからないテーマですが、書き出してみたら結構書けました。

かなりいいアウトプットにもなった。

ずっと考えていたことを全部吐き出せたので。

 

最後まで読んでくれてありがとうと言いたいのと、具体的に飲食店やれとかそういう小手先レベルの話になってないのは申し訳なく思います。

 

というかそんな手法を固定できるほど単純な話ではないので。

 

芸能人の人が現役時代、引退後も価値を提供して幸せな一生を過ごせることを願っています。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す