BASE集客方法。最短で稼ぐネットショプ作りの流れ

 


友だち追加

この記事の所要時間: 449

こんにちは。

 

僕はBASEを使って自分の販売している商品やサービスの決済をしています。

 

BASEからの入金額がコンスタントに100万を超えてきてわかったのが、BASEはとても便利なツールだが初心者向きじゃないということです。

 

これからネットショップをやろうとしている人や、BASEでお店を作ったが集客できずに悩んでいる人達にこのあたりの背景を今回は語ってみたいと思います。

 

BASEはSEOをやる気がない

 

まず最初に知ったほうがいいのはBASEというプラットフォームはSEOを上げる気力が全く無いということです。

 

BASEがどういった動きになっているか完全にはわからないのですが、おそらくワードプレスを独自にカスタマイズしたようなものを使っているのだと思います。

 

なのでSEO効果を上げることは技術的には簡単であり、今すぐできるはずなんです。

 

でもアクセス解析をしていると集客は全て僕のメルマガやSNS、サイトからの参照リンクでBASEで作ったショップ単体では全く集客できてないんですね。

 

これだとネットショップをBASEで作っても全く売れないです。

 

それを解決するためにブログ機能やマガジンに紹介される機能がついていますが、弱いです。

 

BASEを使ってネットショップをやると決めたら自力でサイト、SNS、リスティング広告を使い分けて集客しないといけない。

 

それが出来ないならBASEを使ってはいけませんw

 

リスティング広告ありきの集客理論が意味すること

 

BASEはユーザーのためにセミナーを開催したり、質問集を作って問題解決を助けてくれていうのだが、彼らが集客について言うのはブログマガジン(BASEが持つ媒体に自分の商品を掲載させる)とリスティング広告。

 

ブログマガジンは経費はかかりませんが効果が期待できないし、リスティング広告は資金が必要ですね。

 

ジャンルによりますが競合が多い商品はリスティング広告の単価も上がるのでアクセスが集まって商品が売れても赤字になることがあります。

 

何よりもビジネス初心者にリスティング広告とか敷居が高すぎるでしょ。

意味不明な画面と用語の連続だからねあれw

 

あなたが自分の商品に対して動画で面白くアツく語れなかったり、広告運用が出来ないのであればBASEを使ったネットショップに参入すべきではありません。

 

ネットショップで稼ぐだけならこうする

 

純粋にネットショップで稼ぐだけならば、僕であればヤフーショッピングを最初に使います。

扱う商品が他人の商品ならばAmazonを使います。

 

これは単純に人の作ったプラットフォームのほうが集客が楽であり、結果が出やすいという理由からです。

 

もちろんプラットフォームを使うことで手数料を取られたり、相手の出方でアカウントを消されるリスクはあるのですが、最初からBASEでネットショップを開いて集客できずに稼げないよりはいい。

 

ネットショップをやる目的はただひとつで、自分の商品、他人の商品を売って収益化する。

ただこれだけですからね。

 

であるならば手段、手法を固定する理由はどこにもないのです。

 

他人の商品で入り、自分の商品を開発

 

自分で作った商品であれば利益はすべて自分に還元されると思い、最初からここを目指す人がいます。

 

しかし商品知識、市場のニーズを理解しないまま商品を作っても売れないです。

 

地方の土産物屋が売れなくて苦しむ理由がこれです。

ちゃんとマーケティングが出来てないんですね。

 

土産物なんて普通に生きてたら全く必要のないものなわけですよ。

そこを無理やり来てくれる人に介入して売らなければいけないのに、きちんとリサーチしたり、お客さんが求めていること、時代の動きを研究しないから残念な結果に終わる。

 

ネットショップで稼ぐ時も全く同じだと思います。

他人の商品を売りつつ、商品知識、市場知識を手に入れる。

 

その経験をテコに自社商品を開発して、少しずつテストして徐々に自己商品の割合を増やす。

 

これをやるのに一番適しているのが転売であり、転売から入り自社商品開発、最終的には商品プロデュースや商社ビジネスに回っていくというのが物販ビジネスの最短成功ルートです。

 

申し上げるまでもなくこれ一本で食べていけますし、このレベルで実装できると収入も億を超えていきます。

 

まとめ

 

僕はそこまで情熱を物販に注げないので途中で退きましたが、物を売るのが好きだ!現役プレイヤーとしてずっとやっていきたいという方はこの流れを意識してステップアップされていって下さい。

 

特別な才能を持ってない人にとって物販は再現性があり、達成のハードルも低く、奥が深いビジネスです。

 

純粋な金儲けとしても、ライフワークとしても自由な表現ができる余地があるのが物販です。

そして資本もオフラインと比べれば求められません。

 

小さく賭けて大きく成功できる物販ビジネスでこれからも多くの人が自分の理想とする生き方を手に入れていけるように、今後も研究開発を僕は続けていきます。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す