メルカリで高額商品を売る時の注意点。削除されないコツと対策は?

 


友だち追加

この記事の所要時間: 331

こんにちは、細野です。

 

最近になりメルカリで商品を出しても警告されたり、削除をされる事が増えてきました。

 

この変化は運営側のユーザーに対する配慮があり、それに対応していくことが販売側である僕らにも求められてきます。

 

特に1万円を超える高額商品をガンガン売っていきたい人は、今回の変化には注意が必要です。

 

メルカリでよく売れる商品は5千円以下の低単価商品が多いですが、高単価な商品でも価値をきちんと伝えれば売ることが出来ます。

 

しかし今までのようにコピペでパワープレイしているだけだと売りにくくなってきたので、どうすればいいかを今回は語ります。

 

なぜ商品が削除されてしまうのかを考えよう

 

まず最初に自分が出した商品が上位表示されなくなったり、削除されてしまう人は理由を考えましょう。

 

上位表示されなくなった人は業者認定された人なんでアカウントを新しく取ってやり直せば良いです。

 

削除される人は理由が必ず運営から来るのでそのメールをしっかり読みましょう。

そこに全部答えは書いてあります。

 

僕であれば手元にある事を証明できる写真、購入先の情報(レシートなど)を記載しろというメッセージが来ました。

 

で、こういった情報を追記して出すと消されないですね。

 

ちゃんとルールに則って販売をすれば運営側もそれを咎めることはないという事がわかりました。

 

高く売れるものと売れないものの違い

 

販売を続けていくと高くても売れるもの、高いとなかなか売れないものがわかってくると思います。

 

どんな商品でもその商品を購入する層があるので、相手のことを理解できるようになるとより成約は取りやすくなります。

 

僕であれば雑誌や街を歩く人を観察するようになり、提案できる商品の幅、商品説明に書くことが出来る知識が増えました。

 

こういった作業は泥臭いのですがやってる人はどんどん有利に戦っていけるようになります。

 

実店舗を見ていくとさらに知識は増えます。

僕も定期的に実店舗を見て何が売れているのか、どういう売り方をしているのかを研究しております。

 

酒を売るのに酒が飲める必要はない?

 

お酒を売るお店のオーナーが酒を飲めない人だったというエピソードがあります。

 

それでもそのお店は繁盛しているのだから、商品への情熱とか理解はそこまで重要ではないのでは?という考え方があるでしょう。

 

しかし当たり前の話をするのですが、知らないより知ってる方がいいに決まってるのです。

いやホント身も蓋もない話なんだけどw

 

もちろん自分のできる範囲でいいので、お店を見てみたり、雑誌読むなどして知識を増やしアンテナを貼るというのはやっていくべきです。

 

低単価を売る場合にやったほうがいい事

 

逆に低単価商品を売る場合は、低単価商品を買う人の気持ちを理解できるようになるといいです。

 

僕なんかはお金持ってない人の相手はしないと決めてるのでめんどくせーと投げてしまうのですが、彼らの気持ちを理解できるようになるともっとビジネスの幅は広がります。

 

例えば給料前だと払えないが、給料日の後だと払えるから取り置きして欲しい人の気持ちとか、売った商品でポイントが貯まっているのでその枠で買いたいという人の気持ちとかね。

 

全部僕は切り捨てて金が無いなら帰れとやってきましたw

 

こういった所を苦を感じることなくケアできる方はより多くのお客さんを相手に出来て、より多くの利益を獲得することが出来ます。

 

低単価商品を買う層と高単価商品を買う層は異なります。

自分がどっちを売るのに向いているか見極めるのも物販で成功するで大切な要素になってくるでしょう。

 


友だち追加

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す