アマテンの使い方とデメリット。詐欺の危険性をヘッジする方法

 

この記事の所要時間: 30

こんにちは、細野です。

 

Amazonのギフト券を定価よりも安く購入できるクーポンサイトはご存知でしょうか?

キャッシュバックサイトのハピタスにも対応をしているので、見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

クーポン売買サイトは便利であると同時に、トラブルやデメリットもあり、使っていく上ではいくつか注意すべきポイントがあります。

 

今回はクーポン売買サイトで有名アマテンを例に、使い方や上手な活用方法を紹介していきます。

 

アマテン利用までの流れ

 

アマテンを初めて使う際は、ハピタスを介して初回利用登録をしましょう。

250ポイントを獲得することが出来ます。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

screen-shot-2016-11-28-at-14-19-43

 

利用登録ができたら、購入するクーポンを選んでいきます。

 

購入額が大きくなればなるほど割引額が大きくなります。

 

screen-shot-2016-11-28-at-14-22-49

ソートをかけて額面順にすることが出来る

 

自分が取引をする金額を週単位や月単位で計算しておき、そこから逆算して購入するというのがおすすめです。

 

ギフト券には発行をされから1年以内という有効期限がありますので、余らせたまま眠らせるのはおすすめしません。

必要な時に必要な額面を手にして全部使い切りましょう。

 

アマテンでよくあるトラブル事例

 

便利に見えるアマテンですが、トラブルもあり、トラブルが出た時は若干面倒です。

 

よくあるのが実際にクーポンを購入してみたら期限切れだったり、使おうとすると無効になったというもの。

 

この際は販売者、アマテンに連絡を取り、返金申請をしなければなりません。

アマテンも出品されているクーポン全てにチェックが出来ているわけではなく、稀にこういったトラブルが出てしまうんですね。

 

個人的におすすめなクーポン購入場所

 

アマテンでは取引にクレジットカードが使えず、全て銀行振込というシステムを取っています。

従って銀行の送金手数料分が毎回逆ざやになりますし、反映までに時間がかかりラグが出てしまいます。

 

この問題を解決する方法として顧客から教えてもらったのは、街の金券ショップでの取引です。

 

実は普段利用している金券ショップや質屋でもアマゾンギフト券を扱っている所があり、そちらであれば即日手に入れて利用することが可能です。

 

金券ショップもクレカを使わせてくれないので、資金繰り的には若干不利ですが、それでもAmazonでの取引を割安に出来ると思えばいいと思います。

 

若干の手間はかかるものの、会社帰りに寄って購入するだけなので、僕としては最も安全な金券ショップでの取引が個人的にはおすすめです。

トラブルがあっても店舗まで行けばすぐに対応してもらえますしね。

 

まとめ

 

アマテン以外にもAmazonのギフト券を売買できるサイトはあります。

またヤフオクやメルカリにも出品されることがあります。

 

ご自身のライフスタイルに合わせて使いやすい方法でクーポンの取引をやっていきましょう。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す