デュアルディスプレイのススメ。トリプルとの比較や環境構築方法

 

この記事の所要時間: 434

こんにちは、細野です。

 

今回はネットビジネスの作業を快適にするマルチディスプレイについて。

 

多くの方がノートパソコンやデスクトップパソコンで作業をされていると思いますが、一つの画面で処理をしていると効率が悪いです。

 

なのでディスプレイを2枚、3枚と使うことで、生産性を上げるというのをやったほうがいいです。

 

ディスプレイを何枚も置くなんて値段もかかるし大変なのでは?と思うかもしれませんが、現在では液晶ディスプレイはタダみたいに安いです。

 

僕が色々実験した結果、ディスプレイの枚数も2枚あれば十分という結論に至りましたので、今回はデュアルディスプレイについて語ります。

 

デュアルディスプレイ環境の構築方法

 

デュアルディスプレイ環境を作る方法は簡単で、ウィンドウズであればディスプレイコネクタにケーブルを繋いで設定をします。

 

Macであれば専用のアダプタを使うことで出力が可能になります。

Macのほうが環境構築は簡単です。

 

 

WindowsはOSによってやり方が変わってくるので、最初は調べながら色々設定してみて下さい。

 

またディスプレイポートがない、足りない場合は、USB経由で増設できる商品があるので、そういったものを使うといいでしょう。

 

 

またiPadをサブディスプレイ化出来るアプリがあり、そういったものをサブディスプレイとして使うのも賢い方法です。

これは僕はやった事がないので調べて見て下さい。

有料アプリを入れると出来ると聞いてます。

 

液晶サイズの選び方

 

僕の経験上大きすぎるディスプレイが逆に疲れて作業しにくいです。

 

22インチとか23インチ以下のサイズがおすすめですね。

24インチを超えるとデカすぎて逆に使いにくい。

 

僕は21インチを3枚使っていますが、3枚もいらないです。

逆に作業しにくいw

 

2枚あれば十分なので、ノートパソコンともう一つディスプレイ。

デスクトップPCと2枚のディスプレイという選び方をしていきましょう。

 

 

2枚のディスプレイをどうやって使い分けていくか?

 

 

サイト作成であれば片方をリサーチ画面、もう片方を編集画面という使い分けをしていきます。

 

物販であれば片方をヤフオク、片方をAmazonの画面といったように、比較をする際に2枚の威力が発揮をされます。

 

2枚のディスプレイで作業したことない人はわからないと思いますが、やるとその快適性がわかります。

 

費用も2万円もかからず、費用対効果はとても高いので、デュアルディスプレイを取り入れていきましょう。

 

パソコンのスペックにも拘れ

 

申し上げるまでもないことですが、2枚のディスプレイを使っていてもスペックがしょぼかったら意味がないです。

 

遅いパソコンを使うのは時間の無駄ですので、まともなパソコンに買い替えましょう。

 

まともと言っても高いものを買う必要はなく、SSDが搭載されていて、i5以上のCPUが搭載されていて、メモリが8GBあればOKです。

 

これ以下のスペックだと長時間の作業に支障が出るので、遅い人は買い替えましょう。

 

 

まとめ

 

環境を少しケアするだけで作業効率やビジネスのスピードが加速をします。

環境にこだわることが超重要であり、稼げない人は環境がしょぼいです。

 

ビジネス以前、稼ぐ以前の人がそれだけ多いんですね。

 

逆にそこをケアできるという事はそれだけ成功に近づくという意味でもあるので、今回の記事を読んで素直に実行できる人は素質があります。

 

まあ現実問題話を聞いても行動しない人ばかりですからね。。

 

結果を出すのなんて簡単だし、世の中雑魚ばかりなので、ちょっと本気を出せば余裕ぶちかまして圧勝できます。

 

一つ一つやるべきことを確認して、毎日前進をしていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す