仕入れにおけるvip交渉が無駄な理由。300通メールしてわかった事実

 

この記事の所要時間: 537

こんにちは、細野です。

 

アクセス解析をしていたらVIP交渉について調べている人がいました。

 

VIP交渉というのは買い付け時に割引価格で売ってもらえるように、売り手と交渉をすることです。

実はせどりでも交渉というのは重要なことであり、稼いでる人は皆交渉をして自分に有利な条件を引き出しています。

 

ヤフオク、eBay、国内外のネットショップ、卸。

どんな局面でも交渉をしていくというのは大事なマインドセットです。

 

ただし最初から輸入オンリー、海外卸、ネットショップのVIP狙いでやると、高い確率で失敗をします。

 

なぜそんな事が起きるのかを今回は解説をしていきます。

 

外注を雇って300通交渉のメールをした結果wwww

 

VIP権を取る方法は大きく分けて2つあります。

 

一つはすでにVIP会員になっている人を雇って、その人に買い付けをしてもらうということ。

海外のデパートは毎年一定の買い物をしているとVIP会員にしてくれるので、家の近くにデパートがある人は結構な割合でVIP会員になっていたりします。

 

なんでそういう人がBUYMAでブランド物を安く売っていたりしますし、お金儲けには興味はないが買い物が好きで定期的にデパートに行くという人もいます。

 

自分でBUYMAをやってる人には仕事はお願いできませんが、買い物が好きだがお金儲けに興味がないという人であれば仕事をお願いしていくことが出来ます。

 

そんな人見つけられるの?って思うかもしれませんが、こっちから声をかけていけば受けてくれます。

 

ビジネスというのは価値と価値の交換なので、僕ら持っているお金と現地のVIP権利を持ってる人の価値を交換しませんか?と提案をしたらやってもいいよと言ってくれる人がいてもおかしくないという事です。

 

ただしそういう人は他の輸入転売ヤーからもオファーを受けていて、すでに契約があって動けませんという人も多いです。

 

なんでVIPの会員権を持ってる人を見つけられたら理想ですけど、あまり現実的でないというのはわかって下さい。

 

じゃあ自らが交渉してVIP会員になればいいじゃんと思うかもしれませんが、これも現実的じゃないです。

 

僕が実際に海外の業者さんに外注さんに頼んでメールをしてもらった時は、300通送って返事が10通とかそんな感じでした。

 

しかも断りのメールも含めて10通という事です。

 

これはちょっと考えてみればアタリマエのことで、どこの馬の骨かわからん日本人がいきなりメールしてきて、たくさん買うから安くしてくれと言ってきても相手しますかって話。

 

業者さんからしたら別に僕らと取引しなくても、信頼できる取引相手はたくさんいるわけであり、メリットらしいメリットがないんです。

だからシカトされるし、返事してきてくれても断りのメールだったり、せっかくオファーを受けてくれても利益を出すのが難しいブランドだったりするんです。

 

輸入ビジネスってこんな感じで初心者が稼ぐためのハードルが高すぎるんですよね。

特に欧米輸入は。

 

VIP交渉なんて再現性がない事やっていつまで無駄な努力すんの?

 

なんでこういう再現性がない事やるよりも、普通に中国の工場から質の高い商品を直接買い付けて、利益を出しつつ交渉をして安く買えるようになっていく。

 

こちらのほうが遥かに再現性が高く、稼げると思います。

 

最終的には自社ブランドで商品開発をしてそれを独占販売することも出来ますしね。

 

実際に買い物をして見るとわかりますが、昨今の中国工場の技術力は目を見張るものがあります。

 

かつての日本製がそうだったように、中国製=粗悪品というのはもう完全に過去のものです。

もちろん問題がある工場や品質管理があまり販売者もいますが、そのデメリットを補って余る技術力、開発力を彼らは持っています。

 

輸入から入るな。稼げない

 

輸入は海外から商品を引っ張ってくる都合上、キャッシュフローが悪いです。

配達速度が速いと言われるDHLを使った所で3日はかかります。

 

一方で国内はどんなに時間がかかっても1週間であり、大半は翌日や翌々日までに届くというのが基本。

 

店舗に仕入れに行けるなら仕入れた横から販売して成約させるという事もできるわけであり、稼げるまでのスピード、難易度共に輸入とは比べ物になりません。

 

在宅にこだわる方がいるのは理解しますしその解決策も提示していきますが、まずは国内からやっていきましょう。

 

国内で在宅ですとメルカリやヤフオクを使った無在庫転売や、電脳せどりというのが具体的な手段となります。

 

メルカリとヤフオクが僕としてはおすすめです。

圧倒的にハードルが低く、最短1日で結果が出ます。

 

電脳は大変なくせにリターンがしょぼく、稼げないという相談を頻繁に受けますのでおすすめしません。

在庫持って利益率10%とかやる価値ないです。

 

仕入れ行けるぞって方は仕入れに行って足が速い商品を仕入れて転売するのが最短で稼ぐ方法です。

最短で30万、50万、100万稼ぐなら店舗が一番早いです。

 

物販、転売事態、長くやることではないので、今の自分の立ち位置に応じて、出来ることを淡々とこなしていきましょう。

 

3年で虚業を卒業するために

 

転売、せどりは虚業です。

世の中に対して価値提供を何もしていません。

 

そんな自分のやっている事を無意識は感じ取るので、長く転売をやればやるほど心が汚れていきます。

 

だからこそ3年で辞めると決めて、短期集中で物販というのはやって欲しいです。

 

元々夢ややりたいことがあって、お金に興味を持っているはずなので、そこにさっさと到達をしましょう。

 

だらだらやれば3年後もまだ物販をやっていますし、マインド鍛えて学びまくり、行動しまくったら最短で卒業できます。

 

潜在意識が汚れる作業だからこそ、時間をかけずにスピード感を持ってやっていって下さい。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す