ブラックフライデーの稼ぎ方。アパレル転売で手堅く即金ゲット

59358_original
 

この記事の所要時間: 515

こんにちは、細野です。

 

昨年あたりから日本でもブラックフライデーが浸透し始め、今年は多くのお店がブラックフライデーを実施しました。

 

その中でも特にオススメだったのがアパレルですね。

皆様稼げたでしょうか?

 

今年のブラックフライデー市況最前線

 

今年のブラックフライデーは導入初期ということもあり、かなり歪みがある市況でスタート。

1万円を超える商品が1000円以下になったりと、赤字覚悟の大放出があり、転売視点でやってる人もいなかったので、濡れ手で泡でしたね。

 

何がすごいって、セールで買ってそれをそのままリサイクルショップに持っていくだけで黒字になった状況。

自分でヤフオクやメルカリで売ればさらに儲けることが出来ました。

 

最短で即日から稼げて、期間限定なのでライバルがいても暴落のリスクがない。

というか今年はブラックフライデーに備えて転売を考えた人なんて皆無だったので、そもそもライバル皆無で楽勝すぎ。

 

なんてぬるいんだろうって感じです。

ただ来年以降はブラックフライデーの教材や塾、コンサルも出てくるんで、競争は激化するでしょうねー。

 

普段から感度を上げて反応できる体とマインドを作っていた方はボーナス相場でした。

おめでとうございます。

 

アパレルはぬるいカテゴリ

 

ここ最近アパレルについて調べたり、研究をやっているのですが、癖はあるけど良いジャンルです。

アパレルだけをやる必要はないのですが、自分のポートフォリオに加えていくことで、さらなる利益の拡大、安定性が実現するのはもう間違いないですね。

 

年末には福袋も控えており、そこでもアパレルはぶっちぎりでおいしいです。

大半のせどらーは家電だー、メディアだーと競争が激しいジャンルで戦って消耗してくれますので、それを横目にアパレルで競合フリーで楽して稼ぐというのをやっていきましょう。

いかに視点をずらして戦えるかが、転売では重要なテーマとなります。

 

おいしいイベントはブラックフライデーだけじゃない

 

ちょっと前には中国で独身の日というものがあり、この時は中国のお店が一気に値段を下げてくるので、普段よりも利益を出すのが簡単になりました。

 

言うなればブラックフライデーの中国版みたいなもので、こういったイベントがブラックフライデーや年末年始以外にも何度もあるわけです。

 

例えば日本では正月は1月1日ですが、アジアでは旧正月というものがあり、この時にセールや福袋が販売をされます。

なんで日本の福袋転売で稼いだ矢先に、もう一回旧正月で稼ぐということが出来る。

 

よく2月は売れないとか、8月は売れないとか、わけのわからないことを言い出す人がいるんですが、ジャンル固定してるから乱高下が激しい経営になるだけです。

 

僕らはその時に一番有利に戦える戦術と市場を柔軟に切り替えて取り組むというのをやるので、年末商戦以外でも当然稼げますし、ブラックフライデーだろうが、独身の日だろうが、旧正月だろうが、ゴールデンウイークだろうが稼げる。

時期もジャンルも関係ない。

 

いつも言いますが周りが勉強してない頭の悪い人ばかりなので、ちょっとやるだけで圧勝できてしまうのです。

 

ネットビジネスが楽勝だと断言できる理由

 

偏差値30の底辺で固められたクラスをイメージして下さい。

周りのクラスメイトは勉強をせずにいつまでも成績が悪いままです。

 

そんな中、1日1時間だけでも勉強をして試験を受ける用になったらどうなるでしょうか?

僕が物販で秒速で勝てると言い切れる理由がこれです。

 

偏差値30の人蹴散らすなんて容易すぎる。

 

この業界は「こんな簡単な事もあなた出来ないですか?」と言いたくなってしまう人ばかりです。

 

言っちゃ悪いけど実社会では人生詰んじゃってる人が入ってくるんで、まっとうな神経できちんと言われたことを実行できれば結果はすぐに出るんですね。

 

結果が出ないとしたらノウハウに問題があるか、指導に問題があるかのどっちか。

 

物販でちゃんとやってるのに1週間、2週間やって結果が出ないっておかしいです。

物販で結果が出ないとかマジでゴミだと思ってます。

 

作業も多いですし、手間暇かかる。

それなのに稼げないならやる価値ないです。

 

在庫持ってまでやってるのに稼げないとか有り得ないですよね。

無在庫でも稼げないならやる価値ゼロです。

窓から投げ捨てましょう。

 

こんなクソ市場はさっさと飽和しろ

 

年末商戦が飽和して稼げなくなったのは知られて久しいですが、今回のブラックフライデーにしろ、今後は知られて参入してくる人が増えるでしょう。

 

つい先日はヤマダ電機さんの蚤の市があったそうで、検索してくる人が増えました。

稼げなかったですよね?

 

バカでも稼げるやり方、小手先のテクニックって必ずそうなります。

あるいは稼げても頭打ちになります。

 

僕はブラックフライデーもさっさと飽和すればいいのにって思ってます。

 

中途半端に金を稼ぐ理由も満足に言えない人間が入ってきて邪魔が入るよりも、そういう人間が1円も稼げない市場にしてしまって、本気度が高く、学ぶ意欲がある人だけが戦える市況になればいい。

 

そうすれば売り手に邪険にされることもないですし、なんなら店員さんと仲良くなって優待して貰う事だって出来るでしょう。

 

今後は人の懐に入り込む、人間性が高い人が物販でも生き残っていくと考えています。

今まではバカでもアホでも、人間性皆無でも稼げすぎました。

 

今後はそういったものが是正されていくので、真剣に取り組んでいる人には追い風ですよ。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す