ヤフオク無在庫転売で注意をする事。稼げる人の特徴とコツ

 

この記事の所要時間: 843

こんにちは、細野です。

 

今回はヤフオクを使った無在庫販売です。

 

ヤフオクで無在庫販売はメルカリ同様規約で禁止されているのですが、実際にはやっている人がたくさんいます。

資金がない方や在庫を持つのは怖い商品を扱う時には無在庫を使っていくというのがおすすめです。

 

今回はそんなヤフオクで無在庫販売をする方法を解説していきます。

 

ヤフオクのルール変更で発送目安が表記されるようになった

 

最近のヤフオクはメルカリの追い上げを意識して、使いやすさを改善するようになりました。

 

前は出品するだけでも物凄くめんどくさくて、売れた後の連絡も自動化が出来ませんでした。

今は落札者と一切やり取りをせずに取引が完了するのでとても楽になりましたよね。

 

そしてもう一つ最近になり代わった仕様が、発送の目安という項目です。

これは以前はなかったのですが、現在では表記が義務付けられており、最長で1週間の出荷期間が現在は与えられています。

 

これが意味する所は1週間以内に出荷が完了できれば無在庫で商品を販売する事が出来るという事です。

この仕組を利用し、1週間以内に商品を調達できる仕組みを作っていきます。

 

海外からでも最短で3程度で荷物は届く

 

僕が最初に無在庫で輸入商品を売ったのはメルカリでした。

アメリカで販売している商品を出してみた所すぐに売れたので、注文を出して日本に取り寄せたんですね。

 

販売価格は2万3千円で、米国での買い付け価格は160ドルです。

これを速達扱いにし、180ドルぐらいで日本まで引っ張ってきました。

 

到着までにかかった日数は3日。

FedExで僕の自宅まで届けられ、日本で通販するのと何も変わらないんだなって感じましたね。

 

そしてそのまま宅急便でお客さんの所に出荷。

僕の手元には2千円前後の利益が残りました。

 

たったの2千円かよって思った人もいるかもしれませんが、在庫を持たずに利益2000円を出せるというのは、在庫を持ってせどりをしている人からしたら天文学的な数字だと思います。

 

しかもこちらの記事で書いた通り、トップキャッシュバックというサイトを経由すればキャッシュバックを受けることも出来る。

 

その当時はこのサイトを知らなかったのでそのまま買い物をしてしまいましたが、それでも利益が出ていたんです。

 

どういった商品を無在庫で出品すればいいか?

 

僕の成功体験をシェアできた所でどうやって利益の出る商品を登録していくのかを解説します。

まず価格差の見つけ方ですが、日本での販売単価が高いものを狙うと良いです。

 

海外では高いが日本の代理店経由で買うと高くなる商品が世界にはたくさんあります。

そういったものを見つけて、競争力のある価格にして、出品することで成約を取ることが出来ます。

 

これのいい所は販売の前例がなくても出せるということ。

 

大半のせどらーは過去の実績やランキングといった指標を見ないと仕入れるかを決めることが出来ません。

 

しかし無在庫であれば売れなくても痛手はゼロ。

だから価格差があり、日本でも引きがある商品ならどんどん出していけばいいのです。

 

きっとそれを見つけてくれるお客さんが現れて成約に繋がることでしょう。

 

メルカリ無在庫で稼げる人は輸入無在庫でも稼げる

 

メルカリ無在庫で稼げた人はあのリサーチ方法を輸入でも使ってみて下さい。

全く同じノリで利益を出せる商品が見つけられるので。

 

そして競合が出してなくても出していきましょう。

ライバルが出していなくて、販売実績がない商品を出すことを逆張りと呼んでいるのですが、無在庫で大きく稼ぐためにはこの逆張りをやらないといけません。

 

稼げない人は人が売ってる商品に相乗りする順張りしかやっていない。

そしてアマゾンで扱われている商品しか売っていない。

だから稼げないんですね。

 

人と同じことをやっていたら飽和の影響を免れないのです。

 

ヤフオクで成約を取ったら次にやる事

 

ヤフオクで成約を取れた商品は無在庫で扱うことが出来る商品としてストックをしていきます。

メルカリにも出せますし、それ以外のフリマサイトにも登録をやります。

 

そしておすすめなのがヤフーショッピングでお店を作ってそちらに登録をするというもの。

こちらはSEOも効いていきますので登録すればするほど売れやすくなっていきます。

 

ヤフオクが短期ビジネスなのに対して、ヤフーショッピングは中期ビジネスという位置づけです。

 

在庫は罪庫という考え方

 

僕はこれからの物販は可能な限り在庫を持たない方向で提案をしていこうと考えています。

 

在庫なんて持たないにこしたことがないし、在庫を持つなら大きなリターンがないと話にならないです。

利益率20%以下ならよほどすぐに売れる商品じゃないならもう買う気が起きないですね。

もちろん単価が高く、1個売って利益が1万円とか出るなら利益率10%でもいいのですが。

 

在庫を持つことに脅迫的な罪意識を感じるぐらいで仕入れをやっていくのが、ちょうどいいと思ってます。

そして在庫を持つなら期待値を意識します。

 

期待値とはリスクリワードレシオの事です。

 

要するにこのポジションを取った時に、失うリスクに対して得られる期待値がどれぐらい高いのか?という事。

ここが高い所にお金と時間を入れていきます。

 

要するにコスパのいいことやろうぜという話ですねw

 

コスパコスパってうるさく言うのはしょっぱいのですが、最初はコスパ信者でやるのがちょうどいいと思います。

重要だが緊急性が低いことはお金の問題を解決してからやればいいので。

 

お金があればほとんどの問題は残念ながら解決できてしまいます。

 

心の病も時間の問題も全部お金で解決できます。

前者はスポーツジムに入って3ヶ月ぐらい運動してれば勝手に直りますし、時間もお金があれば買えるんです。

自分がやっていた事をお金を使って外注できるんですからね。

 

そうやって稼いで仕組みにを作ることに使い、浮いた時間でまた新しい仕組みを作るというのを継続する人が勝つんです。

 

小銭を稼いでドヤ顔で賞味期限切れのノウハウを売り逃げする人はこれが出来ない。

だから消えるし、稼げても小銭稼ぎで終わるんですよ。

 

ヤフオクを舐めるな

 

僕はヤフオクはゴミ捨て場と行ってバカにしていたのですが、最近ではヤフオクほど重宝するサイトはないなーと思って活用をしています。

 

ヤフオクは金払いが悪い人が多いのですが、逆に言うと安くすれば買うということでもあるので、その属性に合った人に適切な商品を提供してあげればいいんです。

 

お金を持ってる人はアマゾンやオフラインのお店で正規の品を安心して買えばいいし、お金を持ってない人は正規ではないけれど安く買える場所で買い物をすればいい。

 

自分が販売する市場の特性をきちんと掴めば、うまく使い分けることが出来ますね。

 

ちなみに年齢層でいうとヤフオクが高く、アマゾンは幅広い世代、メルカリは若い層が多いです。

こういった事を知っておくだけでも何をどこに出せばいいかが見えてくるのではないでしょうか?

 

僕はそれぞれの属性に受けそうな商品を主に雑誌を見て着想をしています。

また最近はアパレルに力を入れているので、街を歩く人達が身につけているものを見ています。

 

このように出た利益を知識に入れ、体験に当時、実験と検証を繰り返しているため、どんどん新しいノウハウを生み出すことが出来ています。

 

半年前まではヤフオクで無在庫とかまじ意味不明でしたからね。

儲かるかはずねーだろって思ってましたから。

 

せどりは一般的に資金力が必要で、仕入れに行くために車が必要でした。

 

しかし現在の僕のノウハウは資金は3万円程度から、車がなくても在宅で取り組むことが出来るようになっています。

もちろんその分リターンは少なくなるのですが、1万でも2万でもまだ稼げてない人からしたら嬉しいと思うんですよね。

 

資金や車を必要としないビジネスを半年程度やり、バイトも並走してやって30万程度の資金を作り、そのお金を使って在庫を持つビジネスに進出するというのが、僕の中でのゴールデンルールです。

 

これであれば挫折しませんし、資金を必要とする勝負でも勝つことが出来ます。

もちろん各種仕組み化、自動化は施した上での話ですよ。

 

まとめ

 

無在庫ビジネスに大きな可能性を感じるようになって、自分なりに模索し、国内x輸入こそ最強の手法だと確信できるようになりました。

 

今までの無在庫ビジネスは国内なら国内だけ、輸入なら輸入だけという手法でした。

そして使うサイトもBUYMAというクソしょっぱいサイトでしたw

 

今はそれこそ実践初日から稼げて、そこからステップアップしてオールジャンル国内外対応で無双をかましていける土壌が整っています。

 

せどりをやってる人たちを見れば、いつまでもアマゾンだけ、メルカリだけという広がりが出ないことやって頭打ちになってる人ばかりです。

 

ジャンル固定はお先真っ暗なので、出来ることをどんどん増やして、オールラウンドで稼げるプレイヤーになっていきましょう。

 

有在庫も無在庫も両方出来るようになると安定感が半端ないですよ。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す