スキマ時間にスマホだけで稼ぐ。空き時間を徹底活用したビジネスとは?

 

この記事の所要時間: 713

こんにちは、細野です。

 

僕はクラウドソーシングサイトで外注さんの募集をする事があるのですが、その際によく聞かれることがあります。

 

それは「この仕事はスマホでも出来ますか?」というもの。

 

最初この質問が来た時は意味不明だったんですけど、なんでこんな質問する人がいるのか調べてみたら見えてきました。

 

パソコンは持ってないけど副業したい、どこにいても仕事が出来る仕組みを作りたい。

そんな思いを持ってる人が増えている事がわかったんです。

 

ビジネスするならパソコンぐらい買えよって感じなのですが、最近になり僕の顧客でパソコンなしで夜にベットの上で奥さんに隠れてスマホで作業をして稼ぎ出す猛者が出ましたので、今回はスマホで稼ぐコツについてシェアをします。

 

スマホで稼ぐ方法色々

 

クラウドソーシングサイトで仕事を探してアンケートの回答をするといった稼ぎ方もありだと思いますが、多くは稼げないと思います。

かなりガッツリやって数千円とかそんなもんじゃないでしょうか。

 

バイトレベルで稼ごうと思ったらビジネスをやる方が賢明です。

 

ビジネスであれば数万円稼ぐことはそれほど難易度は高くなく、これであればバイトの待ち時間、家事の合間、仕事の待ち時間などで取り組んで稼ぐという事が出来ます。

 

夢のような話ですが、現在はインフラやノウハウが充実しているので、このような事が可能になったわけです。

 

ただし効率は悪く、パソコンで同じ作業をしたほうがもっと稼げる。

これは動かぬ事実なので覚えておいて下さい。

 

スマホで稼げるなら、同じ作業をパソコンでやったらもっと稼げる。

 

具体的にどういったビジネスがスマホで完結して稼げるかと言えば、まずメルカリとヤフオクです。

 

この2つに後述するアプリを使ってリサーチした商品を登録していきます。

そして注文が入ったら発注をかけて、顧客の所に直送をする。

 

これをやればスマホだけで稼げる仕組みが成立をします。

スキマ時間にこの作業をやるだけで月単位だと数万円の利益になっていきます。

 

スマホでやってこれなので、パソコンでやればもっと稼げるのを覚えておいて下さい。

 

スマホで稼げるアプリとは?

 

リサーチをして出品出来る商品を見つけるだけなので、どんなアプリでも対象になります。

ヤフオクとメルカリアプリを入れるのが最初の一歩ですね。

 

そしてカテゴリー別に売れてる商品を調べて、それがネットでいくらで出ているか調べる。

利益が出るならスクショを取って出品です。

 

最初は今売れている商品に相乗りする順張りでやっていくのがいいでしょう。

 

ただし順張りでは大きく稼げないので、早い時期に今は売れてないがこれから売れるであろう商品をリサーチして逆張りでしかける必要があります。

 

このやり方は僕が運営している通信講座で公開していますので、順張りと逆張りを身につけるというの出来るようになりましょう。

そうすれば大きく少ないリスクで稼げるようになっていきます。

 

空き時間の活用方法

 

1日単位で見ると隙間時間というのはたくさんあるものです。

その隙間時間を昼寝に充てる、読書に充てる、ビジネスに充てるというのをやれば、どんどん差がついていくのは明確です。

 

勉強する時間がないという方もオーディオブックやポッドキャスト、ビデオオンデマンドなどどこでも学べるインフラが今は整っています。

ですから時間がないから勉強できないというのは通らないと思って下さい。

 

家に帰ると疲れるという方も、待遇が悪い会社であれば長居する必要はないわけです。

キャリアアップできる会社に転職するなり、ネットビジネスで食っていくことを念頭に拘束時間が少ない仕事にシフトすればいいのです。

 

副業をやりたい人、ビジネスをやりたい人は一人もいないはずです。

 

解決したい問題があり、それを解決するためにビジネスという手段を用いているのです。

そのために勉強があり、作業があり、行動をしていかないといけない。

 

ここを捉え違えると勉強オタクになってしまうので注意して下さい。

学んだら必ず回収をする事。

実利実益を追求すること。

 

お金が稼げてない段階ではこれだけを考えて行動をすれば良いです。

すぐには役立たないが人生上大事なことは、余裕が出てから考えればいい。

 

僕はそう思います。

 

もちろん意味もなくお金ばかり追いかけても虚しいですから、稼いでどうするのか?どういった生活を送りたいのか?はきちんと言語化しておきます。

 

自由になりたいとか抽象的な表現ではなく、誰と、どこで、何をして過ごすのか鮮明にイメージできるレベルまで掘り下げましょう。

それがリアルになり色がついて見えるようになってきたら、実現するタイミングが近づいています。

 

千里の道も一歩からと言いますが、その一歩がヤフオクでありメルカリです。

ここをバカにして難しいことにチャレンジをして挫折をする人が多いので、簡単なことから着実にステップアップをしていきましょう。

 

スマホだけから、パソコン+仕組み化にシフトすることで最強の稼ぎが実現する

 

今まで伝えてきたようにスマホで出来ることはパソコンでも出来て、パソコンを使うことで大きく稼ぐことが可能になります。

 

スマホの操作が早い人も、パソコンの圧倒的な情報量の多さにはどれだけ頑張っても勝てません。

 

例えば僕が今この記事を書いているパソコンは、3つの画面があり、莫大な情報がそこに映し出されて、処理をすることが出来る環境です。

 

この環境で動画を作り、メルマガを書き、ビジネスを練るというのをやっているわけですね。

 

そして普段やる作業も自分がやらなくてもいいこと、人に任せたほうがいいことはどんどん任せています。

システムも上手に使い自動化をしているんですね。

 

そうするとどうなるかというと、何もしなくても毎月100万円を超えるお金が僕の手元に入ってくるわけです。

 

こういった事も表層だけを見ると眉唾に見えてしまいますが、何をやっているか一つ一つ、思考と行動のプロセスを見ていくと行って当然、稼げて当たり前ということがわかると思います。

 

僕が現在の立ち位置まで来れたのも、最初に物販をやるというゴールデンルールを徹底したからです。

そしてその後時間はかかるがやりがいがあり、自動化も出来る情報ビジネスへとシフトしています。

 

情報ビジネスは殆どの人には難しいことですが、物販であれば経験なしでも1ヶ月目から黒字になります。

それが当たり前の世界なのです。

 

軌道に乗るまで2年、3年と言われるビジネスの世界で、これは天文学的な成長スピードです。

 

そして一瞬稼げて終わりということではなくて、仕組みを作り作業量に依存しない体制を作ることで、物販でも自動化をしていく事が出来ます。

 

僕はホワイト企業に勤めながら物販でお金の問題を解決していくというのが一番現実的であり、簡単だと思います。

特段のセンスや知識も求められず、シンプルに安く買って高く売るを徹底するだけですから。

 

もちろん面倒な作業もたくさんあるのですが、それらは人に割り当てることが出来ますしね。

 

スマホだけで稼ぐ、パソコンでも稼ぐ、仕組みを作って自動で稼ぐ。

 

このように段階を踏みながら進めていくことで、ビジネスって本当に稼げるんだなー。でっかー可能性があるんだーと実感できるのではないでしょうか。

 

僕としてはこのように現実的に一歩一歩ステップを踏んでいく事をおすすめします。

 

追伸:パソコンを導入して収入を加速させたい方はこちらからどうぞ。購入してくれたお客さんから安くて驚くほど速いと好評です。

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す