アウトレットモールで儲かるジャンル。仕入れのコツは?

photo
 

この記事の所要時間: 633

こんにちは、細野です。

 

転売というのは極めると面白くて、

どんなジャンルでも利益を出すことが出来るようになります。

 

最近僕が研究しているのはファッションの世界ですが、

これは自分がファッションが好きになってきた、興味を持てるようになってきたこともあり、

雑誌を読んだり、お店で色々試着したりとどんどん知識を増やしています。

 

せどりで長期的に利益を出し続けるには

自分が扱う商品に対する知識を深めること大事です。

 

何を言っているんだ?と思うかもしれませんが、

いますからね。

 

Amazonで物を売るのにAmazonで買い物したことがない人。

 

そうするとどういう事が起きるか?

 

商品説明を書く時に、このコメントで買いたいと思うか?と感じられる文章が書けないのです。

 

僕が運営している通信講座では自分が販売している商品を買ってみたり、

ネットで買い物をする時に自分がどこを見て購買に至っているかをアウトプットさせています。

 

実際に左脳を介入させてどうして私はこの人から買ったのだろう?というのを考えてみることで、自分が販売する際にも生きてくるのですね。

 

買う理由は人それぞれではありますが、根底の部分を見ていくとある程度共通化していきます。

 

なので、この人から買わなかった理由、この人を選んだ理由を言語化し、それに若干のテクニックを加えていくことで、大きな結果を得ていくことが出来ます。

 

服も全く同じことだと思ってます。

 

興味を持って色々見たり、お店の人と話すと、非常に面白いジャンルである事がわかります。

 

僕は銀座まで歩いていける距離に住んでいることもあり、定期的にお店に行って色々話すのですが、毎回発見がありますね。

 

それはトレンド的なこともそうだし、お店の人がどうやって商品をPUSHするかという点、ディスプレイをどうやって見せるのかなど、学べることはとても多い。

 

モールのようなお店がたくさん集まっている場所に行けば、一度に大量のお店を見ることが出来るので、トレンドの把握、売り方、見せ方を一度に学べます。

 

そして今回紹介するアウトレットモールに行くことで、お店で仕入れてネットで転売するということが出来るようになります。

 

アウトレットモール仕入れとは何か?

 

まず最初に知識がない方のために紹介をします。

 

お店にはいくつか形態があり、旗艦店、モールの中に入っているお店、アウトレット店の3つです。

 

旗艦店というのはそのブランドが一つの建物で自社の商品を独占的に販売している形態のお店です。

巨大な資本を持ったお店やセレクトショップなどがこれに該当をします。

 

旗艦店での仕入れ方法としては、ネットで品切れになってしまっているプレミアム商品を仕入れるというもの。

例えばスニーカーなどはメーカー公式HPから順番に売り切れていきますが、店頭やセレクトショップなどでは在庫が残っていることがあるので、そこで買い付けることが出来れば転売益を出すことが出来ます。

 

モールの中で入っているお店でも利益を出すことが可能です。

例えばオフシーズンに安く売られている商品を仕入れておき、ハイシーズンになったら売るというもの。

これは最も簡単であり、誰もが実践でき、高い確率で成果を出せる手法です。

ただ致命的な欠点があり、キャッシュフローが悪いですw

 

仕入れた商品を最短3ヶ月から半年以上は寝かせるので、いらない服を自宅でしばらく保管しないといけない。

利益率も仕入れ値の2倍、3倍で売れていきますが、月利換算すると実は10%を切っているなんて事もザラ。

アパレルは利益率がいいと言われますが、回転率が低いことも多いのでその点は注意して下さい。

 

小資本段階で取り組むのであれば、在庫を持って仕入れる手法はおすすめしません。

無在庫で販売をしていき、アパレルの知識を増やしつつ、有在庫にシフトする。

これが一番挫折しにくい流れだと考えています。

 

そして店舗で仕入れる際もオフシーズン仕入れに加え、アウトレットでの仕入れをまずは試して欲しいです。

 

アウトレットモールというのはメーカーが店頭で売れ残った在庫を集めて、

定価の30%〜75%オフで販売をする店舗です。

 

メーカーは在庫処分をでき、お客さんは自分の好きなブランドを安く買うことが出来る。

両者にメリットがあるんですね。

 

そんなアウトレットモールですが、デメリットももちろんあります。

 

アウトレットモールのデメリットと解決方法

 

安くブランドの商品を購入できるアウトレットモールですがデメリットももちろんあります。

 

まず店頭で売れなかった商品なので、すでにトレンドラインからは外れていたり、希望とするサイズが揃わないことがあります。

1年以上前の商品が並ぶことも多いので、今年の流行から考えるとちょっと古いなって商品も少なくないんですね。

 

それに加えて飽和のしやすさという致命的な欠点があります。

これはちょっと考えればわかる事なのですが、少ないパイに対して多くの人が転売しようと参入をしたら一瞬で飽和をしてしまいます。

 

僕らも遠征をしながらアウトレットモールで仕入れをしますが、現状はやってる人が少ないジャンルで稼げているものの、今後参加者が増えることで飽和の影響は免れないと考えています。

 

ジャンル固定をすることで大きなリターンを短期で得ることが出来ますが、飽和の影響を受けやすいというのは覚えておきましょう。

 

オールジャンル新品&中古でやっている僕らからすると、アウトレットモール仕入れというのは数ある転売手法の中の一つでしかなくて、飽和した所で他にも仕入先は掃いて捨てるほどあるので全く影響はないです。

 

アパレルは癖があり、最初は損を出してしまうかもしれませんが、数をこなして色々実験していくと見えることがあります。

 

僕であれば季節に関係なく売れていく商品が好きです。

冬物は単価が高くリターンも大きく狙っていけるものの、売れる季節が限られます。

夏物も同じです。

 

しかし例えばアクセサリーはどうでしょうか?

アクセサリーというのは一年中季節を関係なく売れていきます。

 

このように商品の中心を季節やトレンドに関係なく売れるもので固めることで、収支のブレをヘッジすることが出来ます。

 

2016年度はアパレルの教材や塾がたくさん出てきて、多くの方が参入をされました。

簡単なやり方はすでに飽和をしてさっぱり稼げないという報告も貰います。

 

今後もジャンル固定だったり、アパレルしかやらないという方はどんどんジリ貧になっていくでしょう。

 

せどりで30万、50万、100万と稼ぐのであれば、どんな地域のどんなお店でも仕入れられること。

有在庫でも無在庫でも稼げること。

国内でも国外でも稼げる状態になることを僕としてはオススメします。

 

僕が運営している通信講座ではそこを見据えて、コンテンツを作成していますので、長く物販で稼ぎたいと思われる方はこの講座でしっかりと勉強をして下さい。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す