アルバイト、短期の仕事の始め方まとめ。原資作りや資金を増やすために働こう

 

この記事の所要時間: 100
[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=hfc5SWKSFss”]

 

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=L3FlR3wE8dc&feature=youtu.be”]

 

こんにちは、細野です。

 

今回はバイトの始め方を語ります。

 

いまニートの人も含め、外に出て仕事をするというのは出来れば避けたいことだと思います。

 

しかし生きていくためにはお金が必要であり、AIが普及していくとは言え、現状暫くの間は資本主義が続くわけです。

 

という事は望むにしろ、望まないにしろ、お金を生み出せる、お金思ってる人が強い世界が続くわけであり、稼げないよりは稼げる状態でいたほうが安全です。

 

お金を稼ぐことは難しいと考える人がいるかもしれません。

 

ニートの人であればブラック企業の報道、ブラックバイトの報道を見て、働くことに恐怖感すら覚えているかもしれません。

 

今後動画を作りますが、まずは記事で、働くことは怖くないというのを伝えていきますので、まずは全体像を理解下さい。

 

バイトをおすすめする明確な理由

 

僕はニートの人の最初の一歩、資金作りにバイトを勧めています。

 

そして中でも深夜バイトというのを強く推奨しています。

 

なぜ深夜バイトなのかと申しますと、昼の仕事と大差ない(仕事によっては昼間より楽)であるにも関わらず、給料がいいからです。

 

ニートの人であれば夜型の生活になっていると思うので、夜に活動をすることは抵抗がないと思います。

 

また資金が少ない人も、資金が足りなくて余らせている時間があるはずなんです。

 

その余暇をお金に変えて、社会復帰の一歩、原資づくりにして欲しいというのが僕の願いです。

 

そしてなぜ正社員や派遣の仕事よりもバイトを勧めるかと申しますと、辞めたい時にすぐに辞められる。

 

これにつきます。

 

僕は最短で1日、2ヶ月から3ヶ月程度でバイトを辞めては次に行くというジプシー族をやった事がありますが、理由をつければどんな職場でも納得して辞めさせてくれました。

 

ニートの人は身分をフリーターと公言するのではなく、定時制の学校に通っている学生とか、専門学校生と言っておきましょう。

 

なぜニートがニートと名乗ってはいけないのか?

フリーターと名乗ってはいけないのか?

 

真面目な貴方はここで葛藤を感じるかもしれません。

 

しかしこれにはきちんと理由があり、経営者視点で見た時にいいように利用されてしまうからです。

 

僕は自分自身が経営者だからわかるのですが、人を雇う時に100%コミットしてくれる人を優先的に雇い、掛け持ちや軽いノリ出来た人を敬遠したくなります。

 

これは考えてみればわかる事ですよね。

 

同じ給料払うなら一生懸命働いてくれる人を雇いたい、

何度も研修するの大変だから長く働いてくれる人が欲しい。

 

しかし考えてみてほしいのですが、経営者はなぜバイトを雇うのでしょうか?

 

そんなに一生懸命働いてくれる人が欲しいなら、それに報いる待遇を彼らは用意しているのでしょうか?

長く働いて欲しいと言うけど、長く働くメリットを働く側に彼らは提供しているのでしょうか?

 

答えはどちらもNOです。

 

自分たちの利益を増やすためにバイトを雇っているし、バイトにメリットを提示なんてしちゃいない。

 

せいぜい飲食店でまかないが安く食べられるとか、その程度でしょう。

(非公式では廃棄の弁当を持って帰れるというのもある)

 

ですからバイト先にいいように利用されないように理論武装をするというのをやっていくべきです。

 

自分がフリーターだとわかったら無理なスケージュールを入れてくるので、学生をやっているとか、他のバイトがあるから無理と理由を作っておき、相手に付け込まれないようにします。

 

それでも店長が無理難題を言ってきたら、「これ以上お役に立てないので、辞めさせて下さい」という。

 

僕は大学時代にサークルの後輩が、牛丼屋でバイトをしていたのですが、彼はハードスケジュールを組まされて試験前でも休ませてもらえませんでした。

 

それで辞めたいというと「逃げるのか?」と意味不明な事を言われ、辞めさせてもらえない。

 

彼がどうしたかと言えば、携帯電話の番号を変えて、シフトの時間になっても行かないというボイコットをやりました。

 

社会的に考えれば彼の取った行動は褒められることではないかもしれません。

家まで追いかけてきたら逃げられないですし、実際にブラックバイトとして有名な温野菜では「お前の家まで行くぞ」と脅されたといいます。

 

ただ後輩の子が言っていたのは、実際には家まで来ることはなかったし、バックレて数週間で別のバイトが雇われて自分のシフトを担当するようになったとのことです。

 

自分がいなくてもお店なんて問題なく回る。

 

現代社会では高度な分業が行われているので、バイトが一人二人辞めた所でなんとでもなるのです。

 

店長は店長で本社から搾取されてかわいそうな所もありますが、僕らも慈善事業で仕事をしているのではないのです。

 

限られた時間でお金を作り、生活をするために働いている。

 

そしてバイトなのだからコスパよく働くべきだし、良い環境を求めて働き先を何度も変えていくべきなのです。

 

コスパのいいバイトの見つけ方

 

僕の経験上コスパのいいバイトというのは確実に存在します。

 

人付き合いが苦手だったり、年齢が高く若い人と一緒に働くことに抵抗がある人でも大丈夫です。

 

ちゃんと解決策を用意しているので安心して下さい。

 

まず深夜バイトという時点で、学生サークルのようなノリや、若い人ばかりという環境を大きくヘッジすることが出来ます。

 

実際に深夜早朝のファミレスに行けばわかりますが、普通の大人が仕事をしていることが多いのです。

スーパーやコンビニなどでも同じです。

 

僕のおすすめはファミレスやスーパーなどで深夜バイトをするというものです。

短期契約の仕事なら警備員がおすすめです。

 

警備員は一人で仕事をすることが多く、深夜警備であれば仕事量が少ない。

場所によってはパソコンの持ち込みOKだったりするんで、無在庫転売やったり、輸入をやりましょうw

サイトをコツコツバイト中に作ってもいいよね。

 

これ以外だと工場のライン勤務。

これも頭を使わず、中学生でもできる仕事らしいんでおすすめです。

 

住み込みで雇ってくれる仕事もあるんで、半年から1年ぐらい集中して働くというのもいいと思いますよ。

 

女の人であれば水商売がおすすめです。

 

水商売って女の人だから大きく稼げる仕事でもあるし(男でもできるが酒を飲まないといけなかったりして体力的にキツイ)、人脈を作ってビジネスに投資をしてもらえるという副次的な効果もあります。

 

そこまでしてお金作るのは抵抗あるんですーというのなら、前述の深夜バイトをやりましょう。

 

バイトの辞め時

 

基本的なスタンスとして、社会復帰練習、原資作りのためにバイトをやるので、長期で仕事を見ていきません。

 

店長が舐めた態度取ってきたら秒速で辞める準備をします。

 

そしてさっさと次の仕事にシフトするというのをやる。

 

これは田舎だと難しいかもしれませんが、都会であれば仕事はいくらでもあります。

 

ちなみに東京のバイトだと昼間でも時給が1000円を超えるのが当たり前です。

これだけもらえると家賃を払って生活をしても問題なく回っていくラインです。

 

シェアハウスで家賃4万から5万程度の所に住み、時給1000円以上の深夜バイトをやる。

そしてビジネスをやりながら、お金を稼ぐ。

 

これが僕が考える最も堅実にニートからステップアップする方法です。

実家から通える方は実家から仕事場に通ってもOKです。

 

ご両親の方も働くようになると安心をしてくれて喜んでくれると思います。

 

僕は警備員が夜中に配備されるマンションに住んでいるからわかりますが、

夜に門番がいる安心感というのは半端ないです。

 

ただでさえ東京という治安のいい場所(都心は実は安全なのです!)に住んでいるのに、

さらに番兵がいて怪しい人から身を守ってくれる。

 

僕は夜に買い物に出かけたり、散歩をしますが、

外から帰って警備員の方を見るたびに感謝をします。

 

警備をしてくれる方がいるから安心で快適な生活を続けられる。

 

世の中の仕事は意味がない事も多いですが、

誰かの役には必ずたっています。

 

深夜のバイトがいなければスーパーは経営が回りません。

ファミレスもそうです。

 

工場のラインなんてもっと深刻だよね。

 

だから堂々と深夜バイトをすればいいし、

バイトに対して失礼なことを雇い主がしてくるなら

秒速で辞めていい。

 

辞めたら悪いなとか考えなくていいです。

だってそれに報いる待遇も態度も彼らは用意してないのだから。

 

まとめ

 

資金がないならバイトしろ、ニートから卒業したいならバイトしろ。

 

ニートの人は工場勤務や警備員の仕事に応募する事さえもハードルが高いかもしれません。

しかし無理をしてでもやって欲しい。

 

仕事をし、金を稼ぐことで、社会との繋がりが生まれ、

自分を肯定することが出来るようになります。

 

金を稼ぐことで自信が持てるようになるし、

自信が持てればもっと難しいことにチャレンジできる。

 

ニートの人は好きな事への情熱や集中力が高い方が多いと思うので、

ハマる仕事や作業を見つけられると一気に人生が好転します。

 

今まではただそのきっかけがなかっただけなんですね。

 

そりゃそうです。

 

学校や一つの会社という小さな世界で自分の生きがいや居場所を見つけるなんて困難。

 

それが出来ないことが正常なのです。

 

ニートが異常なのではなくて、社畜になれちゃう人が異常なのです。

いいですね。

 

ですから、雇い主や社会に対して冷静な判断軸を持ちつつ、

一歩一歩社会復帰をしていくというのをやりましょう。

 

バイトの探し方については近日中に動画を作りますので、

そのやり方でコスパのいいバイトを見つけていきましょう。

 

資金がないという人は問答不要で深夜バイトやるように。

週1でもいいのでやる事で、確実にお金に対する考え方、使い方が変わっていくはずです。



 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す