中国輸入の仕入先とそれぞれのメリットデメリット

 

この記事の所要時間: 717

こんにちは、細野です。

 

メルカリで売れる商品をリサーチして行くと、稼いでる人のアカウントが見つかってくると思います。

 

その人が何を売っているのか、どこから仕入れているのかを分析する事で、後発でも稼ぎ出すことが出来るようになります。

 

Amazonでも指定したセラーが販売している商品を調べるツールがありますが、そういったものを使えば相手が何を売っているのかリアルタイムで調査することが出来ます。

 

もちろん相手と同じものを仕入れて売るだけでは競合して終わりです。

視点をそこからずらすことが大事。

 

今回はメルカリでのリサーチをきっかけに興味を持った中国輸入についてまとめます。

 

中国輸入の仕入先

 

中国輸入と言うと夜に出回っているノウハウの大半は、アリババとタオバオから仕入れて売るというやり方。

 

僕自身も最初はここから入っているのですが、この2つはハードルが高く、失敗率が高いと考えています。

 

なぜかというと、日本まで直送をしてくれないからです。

またアリババは購入ロットの指定があり、まとまった数を購入することが前提となります。

 

商標権に問題がありそうな物も多いですw

 

もしあなたがAmazonで販売する事を考えているのであれば、商標権には気を使うべきです。

なぜならば偽物を販売してしまった場合は、それが過去の事であってもアカウントを停止させられることがあるからです。

 

タオバオで商品を購入する際は代行会社というものを使います。

これはなぜ使うのかというと、日本からの注文、発送を受けてくれないからです。

 

現地に住んでいる方でないと購入をユーザー登録も出来ないようになっています。

 

そのため、買い付けを代行してくれる業者さんと契約して注文を入れていくことになります。

 

この時に買い付け代行の手数料や為替リスク、送料というものが発生をします。

 

代行会社さんはたくさんあるので比較をして見るとわかりますが、料金体系は会社によって結構変わってきます。

 

サービスが充実している所だと、買い付け先の審査や交渉までやってくれる所もありますが、質が悪い所にお願いすると注文した物と違うものが送られてくるなんて事も。

 

国内せどりとの違い

 

国内の電脳せどりや店舗せどりとの違いはどのようなものがあるでしょうか。

 

まず輸入ビジネスなので在宅で実践が出来ます。

仕組みを作り込むことで自宅に在庫を保管する手間さえもカットできるので、大半の工程を自動化も可能です。

 

仕組みを作れるということは作業量に依存をしないので、稼げる金額に上限がないということです。

 

中国輸入の最終到達点は独自商品を作って販売することですが、ここまで来れると競合や飽和という影響からは自由になれ、月利も数百万単位で発生をしてきます。

ただ実践難易度は高いですし、結果が出るまで時間もかかります。

 

一方の国内せどりは品質が確かな商品を仕入れて転売していくので、アカウントが消されるリスクも中国輸入と比べると低い。

その代わり稼げる金額に上限がありますし、外注化のハードルも若干高いです。

仕入れの部分まで店舗内せどりで外注化していくのは結構難しいと考えています。

(電脳であれば可能。)

 

キャッシュフローに関してはどうでしょうか?

 

最短1週間で現金化が可能な国内転売に対して、輸入の場合は日本に届くまでのラグ、売れるまでのラグが発生するため、キャッシュフローは低下をします。

 

従ってまとまった資金と時間的な余裕がないと挫折をしてしまう人が多いと思います。

 

在庫を持たずに販売することも可能ですが、キャンセルや返品のリスクもあるので、完全にリスクフリーというわけではありません。

 

作業量は?

 

商品ページを自分で作るという工程があるので、画像加工やライティングを覚えなければなりません。

 

ライティングは国内転売でも身につけることで成約率を上げることが出来ますが、多少質が悪くても売れていきます。

それはなぜかというと日本の商品には信頼があるからです。

 

中国から仕入れる商品はノーブランド品が基本になってくるため、品質やブランドが担保をされません。

それを自分でゼロから作り上げていく作業が必要になります。

 

広告を打ったり、レビューをお願いしたり(最近規約で禁止されました)。

めちゃくちゃ作業量が多いです。

 

中国輸入の発信をされている方の中には、こういう泥臭い工程を省いて簡単に稼げるイメージを作っている方がいますが、非常に危険だと考えています。

 

僕の所にも中国輸入をやったがさっぱり稼げなかったという相談が定期的に来ています。

 

僕が考える中国輸入の使い方

 

僕らが普段来ている服や電化製品の多くは中国で製造をされています。

 

それを日本の業者からロゴがついた状態で買うか、現地の業者から買うかという違いです。

 

僕はオーディオが好きなのですが、質の高いイヤホンが中国だととても安く購入できることを知り、いくつか注文をしてみたことがあります。

 

結果としてはとても満足のいくもので、この値段でこの品質を作ってしまうのかとびっくりしました。

 

そしてその後調べていくと、オーディオというジャンルでは中国は後発でありながら大きく伸びていて、安くて質が良い物をたくさん作っていることがわかりました。

 

そして転売視点でお話をすると、そういった商品を仕入れて日本で売れば利益を出すことが出来ます。

 

かつての僕がそうだったように、中国から直接買ったら安くなると思っても、やり方がわからなかったり、怖くて行動できない方はたくさんいます。

 

そのリスクをあなたが取り在庫を持って販売すれば成約が取れるのは必然です。

 

こんな感じで、自分の好きなことから始めて、リサーチを深めていくという流れが良いのではないかと僕は考えます。

 

好きなことであれば調べるもの楽しいですし、何かトラブルがあっても最悪自分が使えばいいと開き直れる。

 

好きでもなく、興味が持てないものを販売しようとしても面白くないので作業がはかどらないと思います。

 

いずれは作業を人に任せていくとはいえ、最初の間は自分で作業をするフェーズはどんなビジネスでも必要です。

 

そこを超えて、手動で稼いだ人が、レバレッジを使い自動化に着手することが出来るのです。

 

全部やらないと稼げない時代が迫っています

 

今、アフィリエイトにしろ、物販にしろ、市況は最悪の状態を迎えたと感じています。

 

もはや初心者向けのノウハウはほぼ皆無であり、理論武装をして、資金と知恵を捻出して参入しないと稼げない時代になっています。

 

物販に関しても誰がやっても結果が出るやり方はすでに飽和をしています。

 

仕入れに行ったけど全く商品が見つけられなかった。

こういった相談を毎日のように受けますが、これは当たり前の事なのです。

 

僕自身が考える未来としては、国内店舗せどりもそうですし、ネットからの仕入れもそうですし、輸入も含め、仕入先や手法を多角化して取り組んでいく時代が来ると考えています。

 

一つのモデルを伸ばしていくやり方だと限界がありますが、複数のモデルを伸ばしていくことで限られた時間と労力でも効率的に稼ぎ出すことが可能になります。

 

僕としてももっとシンプルに楽に稼がせてあげたい所なのですが、残念ながらこれが実情です。

 

ガッツリ頑張らなければいけませんが、逆に言うとしっかりと取り組むことができれば、物販一本で申し分ない収入を得て稼ぎ続けることが可能です。

 

中国輸入の落とし所に関しては、僕の中で良いあんばい所を探っておりますので、今後進展があればまたシェアをしていきます。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す