FBA代行会社の選定方法。良い業者の見極め方と確保の仕方

 

この記事の所要時間: 428

こんにちは、細野です。

 

Amazonで販売を続けていくと、ネックとなる箇所が出てきます。

 

出品作業というのはその最たるもので、モチベの低下や集中力のブレに直結をします。

 

出品という誰がやっても大差がない作業は人に割り当てるというのをやるべきですが、

いざ人を雇ってくれとお願いして、雇い方を教えてやっても出来ない人が多いです。

 

自分で雇う事で破格で人を使うことが可能になるので

ぜひともチャレンジして欲しいところですが

最初の間は難しいかもしれません。

 

そんな人におすすめしたいのがFBAの納品代行会社です。

 

これは一昔前は数が少なかったのですが、

最近は倉庫業をやってる会社が参入をしてきたり、

プレイヤーを引退された方が会社を立ち上げたりと

インフラが整ってきました。

 

料金体系もとても安いので、人を雇う手間や教育の労力を考えると

最初から代行会社に頼んだほうがいいのでは?と思うようになりました。

 

特に副業の人はこの手間をお金で買うことで

集中すべきポイントを絞っていけるようになります。

 

今回は納品代行会社の選定方法と相場、

募集が打ち切られてしまったときにどうすればいいかをシェアします。

 

代行会社の選び方。まずはダメな会社から…

 

実はFBAの代行会社や販売代行をやってくれる会社は

僕がせどりを開始した頃からありました。

 

当時は人に任せるというマインドがなかったので

なんでも自分でやってしまって

貴重な時間、さらに大きな収益を得るチャンスを失いました。

 

自分と同じ失敗をしてほしくないので

自分が教えている人たちには人を雇うことの大切さ、

既に出来上がっている仕組みや知識に投資する事の大切さを伝えています。

 

遠回りしてチンタラ稼いでもしょーがないですからね。

 

で、僕がせどりを始めた時期からあった代行会社はすでに倒産していたり、

活動が停止している会社がいくつかあるんです。

 

なぜそのような事になるかというと利益が出なかったからだと思います。

 

特にせどらーが立ち上げた会社はマネジメントがうまくいかず

気がついたときにはなくなってしまっている会社が少なくない。

 

なぜこのような事が起きるのかというと、

プレイヤーとして求められる能力と

倉庫会社を運営する能力は全く別物だからだと思います。

 

僕自信も過去にしょっぱい代行会社を使ったことがあるのですが

その会社はマネジメントが下手くそで

値段が高いくせに仕事の質が悪いという最悪な会社でした。

 

そして代表の人はせどらーの人でしたw

 

なんで、これから代行会社を選ぶのであれば

管理がしっかり行き届いていて、手数料も激安すぎない所を選んだほうがいいでしょう。

 

安いからという理由だけで選ぶと

納品が遅かったり、意思疎通がゆっくり過ぎて

代行を頼む意味がなくなったりします。

 

良い代行会社の特徴

 

今回自分の講座に参加している人達に自分で雇えないなら代行会社を使って下さいと伝えようと思い、

色々調査をしました。

 

すると、条件が良い会社は新規会員の受付を停止していることが多かったです。

 

ここを皆に紹介したいなーと思う会社に限って、申込みが殺到しているんですよねw

いかに自分で人を雇えない人がたくさんいるのかよくわかります。

 

申し込みができない時のマインドセット

 

こういった事態になってしまった時には、再開を待つか、

自分で外注さんを雇う道を模索します。

 

再開を待つ時のスタンスですが、メルマガに登録したり、

メルマガを発行してないなら再開されたときには連絡をくださいと自分の連絡先を相手に残しておくのをやればいいです。

 

こうすれば他の人よりも先んじて募集の情報を得ることが出来るので、

チャンスを逃してしまうことがありません。

 

代行会社はどんどん増えてきている

 

今までの代行会社は料金が高くて利用するに値しない業者ばかりでした。

 

しかし最近は外注さんに頼むよりも安くて、運営を丸投げできるサービスが増えてきました。

 

インフラはこれ以上ないんじゃないかというぐらい充実をしてきています。

 

ちょっと前だとお金を持ってない人がせどりをやるというのが通例だった物販業界も、

まとまった資金を持つ人が一流の指導者を入れて最初から大きな結果を出すのが普通になってきました。

 

こうなってくると何も後ろ盾を持たない人はますます成功するのが難しくなっていきます。

 

半年後、1年後は今よりもさらに新規参入が難しくなっていくので、今のうちに稼げるようになり、代行会社を含め自動化にも取り組んでいくようにしましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す