MacでGAGAを使いたい。プライスターのようにスマホから価格改定をしたい

 

この記事の所要時間: 146

 

こんにちは、細野です。

 

価格改定ツールで有名なプライスターはスマホから管理することが出来、どこからでも常に在庫管理を出来るメリットがありました。

 

その一方で毎月5,400円を取られるので、これはコスパとしてどうなのかなーと思っていた次第です。

 

数千万単位で売っていくならこのツールはありかと思うんですが、月利100万ぐらいまでいいならここまで高性能なツールは必要ないです。

 

僕がおすすめをしているGAGAはWindowsでないと動かないというデメリットがあり、Windowsを持ってない人にはパソコンを買ってもらっていました。

 

しかし最近になりWindowsVPSというサービスを使えば、ウィンドウズパソコンを所有する必要もなく、スマホから管理が出来る環境を作れることに気が付きました。

 

VPSというのはインターネットから自分のシステムに入って管理できるサービスなんですが、これを使うことでスマホから専用環境にアクセスすることが可能になります。

 

VPSの利用料金は月に2,000円程度なので、年間2万4千円で専用環境を持つことが出来ます。

 

電気代や置く場所から開放され、停電や地震の影響からも守れる専用環境を作る。

 

これをやる事でプライスターよりも安くて、プライスターと同等かそれ以上の環境を作ることが出来ます。

 

自分でパソコンを買って自宅設置をするか、VPSを契約して専用環境を作るか。

どちらでもありだと思います。

 

Macを使っている方はこれ以外にも仮想環境を作ってそこにWindowsをインストールするという方法もあります。

在庫が少ない方はそこまでアグレッシブに売れなくても良いという方はこれでもいいと思います。

 

僕としては回転率や販売チャンスを逃さないためにも、価格改定ツールは24時間体制で動かすことをおすすめします。

 

ということでVPSを使った環境のクラウド化についてでした。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す