価格改定ツールのGAGAがバージョンアップ。送料の自由化に対応

 

この記事の所要時間: 156

せどりの在庫管理のツールとして一貫しておすすめしてきたGAGAがバージョンアップをしました。

 

前回のバージョンアップが3月でしたので5が月ほどで更新された事になります。

 

このツールは1年ぐらい前から顧客に提案をしていきましたが、設定を変更することでプライスターなど工学な利用料金を取られるツールと変わらない動きをします。

 

今回の更新では全カテゴリーの価格改定に対応し、オールジャンルせどりとの相性がさらに良くなりました。

 

一般的なカテゴリーと比べてヘルスアンドビューティーや雑貨などは送料が業者によって異なる設定になっています。

 

今回の更新では競合の送料も算出して価格の見直しを行ってくれるようになりました。

 

GAGAを使っていて思うのですが、普通に人間が改定するよりも秀逸だなと感じております。

 

会社に行ってる間もGAGAを動かしておくことで回転率がかなり変わってきますので、まだ導入してない人はぜひ。

 

利用料金は毎月380円です。

 

僕らが使っているGAGAの設定は、企画の中で公開しているので、高額価格改定ツールや月に1000万以上売ってる人達と同じロジックで価格改定をしたい方はそちらで学んで下さい。

 

最新版更新の注意点

 

自分の環境ですとWindowsがバージョン4になったGAGAをウイルスと認識する症状が出ました。

設定を解除してやることで正常に動くようになるので、ウイルス認定されてしまった時は、ウイルス対策ソフトを一旦停止して、除外設定をするようにしましょう。

 

GAGAはWindows上で動かすツールなので、Macを使っている方は仮想環境を作ってインストールするか、VPSを使いましょう。

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す