電脳せどりや欧米輸入よりも普通にアジア輸入が好き

 

この記事の所要時間: 1044

こんにちは、細野です。

 

僕の新しい企画では1年間お客さんと対話をしてわかった、

 

-資金が作れない

-仕入れに行くことが出来ない

 

という人達に対して解決策を示したいと考えています。

 

そのために6月はメルカリ無在庫転売を開発し、

スキームとして提供できるまでに仕上げました。

 

在宅で稼ぐ方法というのはアフィリエイトにしろ、ネット仕入れにしろ

商圏がないので飽和をしやすいというデメリットがあります。

 

電脳せどりで稼いでる人が言うのは、1年前は稼げたが

ライバルが増えてしんどくなってきたという事。

 

当たり前の話をしますが他の人と同じことをやっていたら

真似をされて稼げなくなるのは必然です。

 

店舗せどりもそうです。

 

1年前に僕から習った人は売上や利益が減ってきているのではないかと思います。

 

この1年でジャンルを広げ、手法を増やし

僕のノウハウは飛躍的な進化を遂げました。

 

もはや店舗仕入れにおいてこれを超えるノウハウは誰も作れない。

そう思えるぐらいまでしっかりした仕組みを作ることが出来ました。

 

店舗仕入れに関しては僕の企画、LTSM2で教えているので

興味がある人はそちらでガッツリ学んで欲しいのですが、

今日は電脳せどりで稼げない人や欧米輸入に参入したが

卸契約や独占契約を取れずに詰んだ人向けの提案をします。

 

欧米輸入が稼げない明確な理由

 

中古商品は別として普通に新品を仕入れて転売するやり方だと

誰もが真似を出来るのですぐに飽和をしてしまいます。

 

輸入の場合は大量に仕入れて大量に売るというやり方を取るので

資金力も必要だし、メンタルも必要です。

(経験がない状態でいきなり仕入れに何十万、何百万と使えますか?)

 

そしてある程度実践するとわかりますが、

稼いでる人は卸契約を結んだり、

自分だけが扱えるように独占輸入権利を獲得して取引をしています。

 

ここまで仕組みを作ることが出来ると利益率が40%以上普通に出て

良いビジネスになってくるのですが、

手動でやったら10%とか20%がいいところだと思います。

 

これだと100万円を投じてもたったの10万、20万という世界です。

 

電脳せどりで稼げない理由

 

電脳せどりで稼げなかったという人が相談をしに来ることがあります。

 

彼らの利益率は10%もあればいいほうで、8%以下という事も珍しくありません。

 

作業もたくさんしていて、家にいる間はずっとパソコンに張り付いてサーチをしています。

 

にも関わらず、労力に対してリターンがしょぼい。

 

なぜこのようになってしまうのかというと簡単で、

作業量を増やせば誰でも出来るやり方しかやってないからです。

 

単純にリサーチ部隊を20人雇って24時間ぶん回す人がいたら

資本力がない人は勝てません。

 

利益が出る商品は彼らがまとめてごっそり仕入れてしまうので

資本力がない人が電脳せどりで稼ぐのは難しい。

 

僕はネット仕入れでまともに稼ごうと思ったら

資金が1000万以上ないと難しいと言っています。

 

殆どの人にとって1000万の資金を用意するのは難しいと思うので

もっと現実的な手段で稼ぐ道を探したほうがいいのではないでしょうか?

 

電脳で稼ぐ方法として輸入と同じように卸契約や自社商品の開発というのがありますが、

どちらもハードルが高く、卸契約は法人化をしてないと相手をしてもらえないことが多いです。

 

もっと楽して稼ぐ方法が普通にあった

 

小資本で参入できて在宅で堅実に稼いでいける方法ってないんだろうか?

 

可能であれば在庫を持たずに転売って出来ないか?

 

この1週間これを考えて、いろいろ調べた結果、ありました。

 

それはアジアからの輸入です。

 

中国、韓国から商品を仕入れて

日本で転売をすることで

利益率30%〜50%という数字を狙っていくことが可能です。

 

そしてそれを実践するための資本も10万円もあれば十分です。

 

あとは複利の力で増やしつつ、支出を見なおして余剰資金を生み出し、

それを投資しながら資金を増やしていけば粗利10万、20万という数字を目指していくことが可能。

 

僕自身が中古せどりをやっていた時に韓国のCDを500円で仕入れて6000円で売るというのやっていた事があります。

 

その時には全く気が付かなかたのですが、韓国のCDなんだから韓国から直接仕入れたら何枚でも儲かるCDを仕入れられるよねって事なんです。

 

他にも雑誌、アパレル、コスメ、電化製品など、アジアから仕入れられる商品はたくさんあります。

 

中国や韓国の商品って品質はどうなの?と思うかもしれませんが、僕らが使っているiPhoneも中国で作ってますし、テレビや服など、僕らが普段使う製品の大半はアジアで製造をされています。

 

日本が培ってきたモノづくりの精神、品質改善のノウハウがアジアに浸透をして、品質の高い製品を安価に量産できる体制が整ってきているのです。

 

実は中国から趣味も兼ねて買い物をしてみたのですが、普通に品質が高い商品がとんでもなく安い値段で手に入り驚いています。

 

修理をするよりも新しく買ったほうが安いレベルまで価格が安くなっていて、はたしてこれは環境に良いことなのかと疑問になりますw

 

当然価格均衡を無視したプライスになっているので、それを日本で適正な価格に直してやれば利益を出すことも可能。

 

このアジアからの輸入は特に女性に取り組んで欲しいと思ってます。

 

コスメやアパレル、雑貨の分野において、どう考えても日本で出したらガン売れしまくるでしょうという製品がたくさん見つかります。

 

男の僕が女性誌をちょっと読んでサーチしてゴロゴロ見つかる状況ですので、女の人が同じことやったらすごい事になると思います。

 

最近はビジネスの分野にも女の人が参入してくるようになっているので、最初の一歩を僕の新企画「2シグマ」で学んで頂き、結果を出して欲しいです。

 

2シグマで新世界の神になりたい

 

2シグマは資金やバックグラウンドに関係なく、誰もが最初の一歩を踏み出して結果を出してもらうために作りました。

 

開発費だけでも30万以上かけているので、品質には自信があります。

 

僕の企画はジャンルや手法を固定せずに目的に向かって最短で歩めるように設計しているので、開発にどうしても時間とお金がかかってしまいます。

 

成功者を輩出しまくってるLTSM2も開発に180万以上かかっていて、今なお新しいノウハウが入ってくる度にアップデートして参加者の方に提供をしています。

 

2シグマはビジネス経験が皆無の人が、在庫を持つ商品と在庫を持たない商品を器用に使い分けながら、初期投資資金3万円を半年で20万円まで増やすことを目的にしています。

 

副業で30万以上、専業で50万、100万を目指しているLTSM2と異なり、大きく稼ぐ事よりも、大きく稼ぐための土台作りを目的としています。

 

それでも資金がなくても取り組める、在宅でも月利10万を狙えることを考えると十分だと思います。

 

在宅で10万円を稼げるようになったらそのお金を使ってアフィリエイトに参入して半年から1年ぐらい賭けてアフィリエイトからも10万入ってくる仕組みを作れば、月収は20万円です。

 

資金がないという人は年収が400万以下の低収入の人だと思うので、この段階で年収は500万を越えていくはずです。

 

そのまま作業を継続して、せどりに関してはLTSM2にシフトをすればこれ一本で食っていけるレベルまで到達するので年収1000万も可能です。

 

年収400万すら稼げなかった人が半年や1年で年収1000万まで行けるとしたら、非常に夢があると思います。

 

もちろん作業はしなければいけませんし、空いてる時間の全てをせどりに費やさなければいけません。

 

ただそれに見合ったリターンというのは得ていくことができるので、僕としてはこの2シグマ → アフィリエイト or LTSM2という提案で、皆さんには満足して頂きたいと考えております。

 

その後情報発信に進みたいということがあれば、自分でやって頂くなり、僕からコンサルを受けて取り組んで頂ければよろしいかと。

 

今後物販ビジネスで育てていくべきアカウント

 

2シグマでは主にAmazonとメルカリを使って転売をしていきますが、慣れてきたらより大きなフロンティアを狙っていきます。

 

育てる順番としてはまずAmazonとメルカリです。

これが一番優先度が高い。

 

メルカリは家の不要品を出しながら評価を作り、仕入れた商品と無在庫商品を併売していきます。

こうする事でアカウントが消されるリスクをヘッジすることに繋がります。

 

それが出来てきたら次に育てるのはBUYMAです。

BUYMAは成長スピードがメルカリやAmazonに比べると遅いですが、

育てていくことで無在庫転売における収益の要になります。

 

メルカリと異なり規約として無在庫転売を許可しているので安心して取り組めます。

 

その代わり規約は厳しいので、偽物を販売しないように注意しましょう。

 

中国や韓国で仕入れをしていると天文学的に安い商品が見つかりますが、そういったものは大抵偽物です。

 

例えば僕はサーファーブランドの商品を出したことがあるのですが、ユーザーから偽物ではないか?と指摘が入りすぐに出品を取りやめる事になった事があります。

 

写真からはどう見ても本物にしか見えない品質でしたが、本物のふりをした偽物がゴロゴロ転がっているのがアジアです。

 

ですから中国、韓国から仕入れる商品は最初からノーブランド品に絞って販売していくのがいいと考えています。

 

言うならばしまむらが取っている戦略のように、一流ブランドのデザインをパクった安価な商品を販売していくのです。

 

これを無在庫で販売しつつ、引きが強ければ在庫を持って、BUYMAとメルカリで販売していきます。

 

どちらも女性ユーザーが多く、ファッションが大好きな若い層が多いので、商品の回転速度も申し分ないです。

 

BUYMAも育ってきたらフリルやネットショップなど、ニッチな所を伸ばしていきましょう。

 

今まで取り組んできた販売経験で引きが強いジャンルや商品が見えていると思うので、それに特化したお店を作り販売をしていきます。

 

この段階に達した時に在宅オンリーでも普通に月利30万を越えていくはずです。

もちろん自分がやらなくていい作業は外注さんを雇って回していきます。

そのやり方も2シグマでは教えていきますので、自動化は必ず取り入れましょう。

 

まとめ

 

店舗せどりに取り組める人は2シグマの基本戦術である超高速回転スキャルピングをやっていきます。

 

このやり方は2週間以内に仕入れる商品を大量に仕入れて、出品から発送までを丸投げしてフルオートメーションで販売していくやり方です。

 

最初から自動で出品から発送までを自動化することで、1個あたりの利益が少ない商品を大量に販売していける仕組みを作ります。

 

物販で頭打ちになってしまう人の共通点として何でも自分でやってしまう癖があります。

僕もそうでした。

 

ただ自分で全部をやっていたら時間も足りませんし、モチベーションが落ちたりして続きません。

 

そこで人の力を借りることで自分が集中すべき仕事にエネルギーを注ぐことが出来ます。

 

これは分野に関係なく起業家が必ず身につけなければいけない思考です。

最初はやりたくねーなと思うかもしれませんが、越えて行きましょう。

 

2シグマとLTSM2で提案している仕組みが完成した時に、お金に不自由する事はなくなると思います。

特に2シグマでは身の丈にあった生活をしろとうるさく教育していくので、浪費癖や負債癖も治っていくと思います。

 

年収が400万だろうが、身の丈にあった生活をしていたら資産というのは必ず右肩上がりになっていきます。

おかしな使い方をしているから資産が増えないのです。

 

いよいよ2シグマが指導し、僕の物販ビジネス教育も最終地点に到達しようとしてます。

 

事業投資、オプトインなど自分の会社としてもチャレンジしていく事があるので、引き続き頑張っていきますよ。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す