物販ビジネスの利益率の違い。増やしやすさと結果が出るまでの速度も言及

 

この記事の所要時間: 1336

細野です。

 

ビジネスの形態には様々なものがあり、このサイトがテーマにしているものでも、物販とアフィリエイトなど、全く気色の異なるものが存在します。

 

そして物販ビジネスの中でも様々なやり方があり、僕としては最終的には色んなやり方を使い分けて取り組んでいけばいいと思っています。

 

僕がフォローできるのは国内転売かつ店舗仕入れなので、ネット仕入れや輸出入を学びたい場合は他の人を探して欲しいと思ってます。

 

こうやって書くと、俺はネット仕入れしかやりたくないからお前の話聞く価値ねーじゃんと思う人もいるかもしれませんが、僕が国内転売を最初にやって欲しいと提案する明確な理由があります。

 

それは利益率です。

 

利益率が他の物販ビジネスと比べた時に圧倒的に高いのが国内転売なんですね。

そして店舗せどりはそんな国内転売の中で最も資金が増えるスピードが速いです。

 

特に資金が100万以下スタートの時からの成長が素晴らしく、単純にお金の問題を解決するだけなら、もっと手堅い。

だからこそ勧めています。

 

そうは言っても、無在庫がいいです、ネット仕入れやりたいですと言い出す人が後を絶たないので、無在庫やネット仕入れに最初から行くとどれだけ遠回りするのかをちゃんと説明しておきます。

 

輸入:10%(24時間リサーチ体制、卸契約、独占契約が必要)

 

まず一番最初に輸入をなぜ最初にやってはいけないのかを語ります。

 

まず輸入は普通にやっても稼げず、稼ぐためにはアンティーク商品の中古品を仕入れてコツコツ売るか、卸と契約したり、日本に進出してないブランドやメーカーと独占契約をする必要があります。

 

単純な差益がある商品はライバルも仕入れるので、日本に仕入れている間に相場が下がり、出品する頃には赤字。

そんな事が当たり前に起きます。

 

この状況を避けるためには、卸から割引価格で大量購入して仕入れないといけません。

 

そして卸と契約するためには仕入れがちゃんと出来ることを証明するためにまとまったお金を口座に送金したり、たくさん買い物をして信頼関係を作らないといけません。

 

その交渉は全て外国語です。

 

英語だけではありません。中国語、フランス語、ドイツ語。

 

卸がある国の言葉を使い交渉していかなければなりません。

 

日本人とは全く異なる商習慣を持つ人達相手に、外国語で交渉をするスキルがありますか?

 

もちろん通訳を入れて交渉という形になるのですが、日本人相手に交渉したことがない人が、外国人相手に交渉して出来る様になるとは僕は思えないです。

 

このように有利に仕入れが出来る契約先を見つけることが輸入ではとても大事であり、それを見つけるために何千という相手に連絡をとって交渉していかねばなりません。

 

一人では出来ませんし、人的パワー、資本力を必要とします。

 

それだけやっても利益率は10%。

10万円稼ごうと思ったら100万円が必要です。

 

この数字は在宅物販ビジネスとしては平均的な数字ですが、僕は国内転売から入ってこの3倍、4倍の利益率で回していたので、アホらしくてやってられませんでした。

 

だから何度かチャレンジしたけど、作業量の割りにリターンがしょぼすぎて続きませんでした。

 

そのまま継続していれば稼げたと思いますが、今となっては別に‥という感じ。

 

輸出:10%(アカウント閉鎖に怯えながら作業)

 

次に輸出です。

 

輸出は日本の商品を海外に販売して手堅く稼げると思いきや、蓋を開けてみたら全然利益率が良くなくてびっくりしました。

 

為替が円安だった時は稼げるのですが、円高になると利益も悪化。

 

また効率化をするツールが普及をして、誰もが価格差のある商品を見つけて出品することが簡単になりました。

 

そうすると最初は良かった利益率も競争が激化してどんどん悪化。

 

在庫を持たずに販売している人は売れた時には赤字になったり、仕入れができずにキャンセルになり、何度かキャンセルをしているとAmazonから警告が来てアカウントが消されてしまいます。

 

じゃあ在庫持って回せばいいじゃんと思うかもしれませんが、仕入れをして外国に送るためには作業も時間もかかるので、キャッシュフローが悪い。

 

そしてそこまでやって利益率10%ってのはどうなんでしょうか?

率直にコスパが悪いと思います。

 

輸出は輸入とセットで回すことで全体の利益を10%以上で推移できていいと言われるんですが、作業量が多く、各国の税制に通じなければいけません。

 

毎年の決算の時に海外の税金、日本への納税と二つの国に支払いをしなければならず、それに通じた税理士さんを見つけなければなりません。

個人ではとても無理です。

 

その代わり在宅で取り組めるという魅力がありますが、作業量の割にリターンがしょぼく、稼ぐためには大量の資金が必要。

 

最初からここに行くのは僕としては疑問です。

 

ネット仕入れ:利益率8%(飽和の速度一瞬、資金1000万で利益100万以下という驚愕の世界)

 

次にみんな大好きネット仕入れです。

 

ネット仕入れはやってる人から相談をもらうのですが、皆口をそろえて利益率が悪いと言います。

 

どれぐらいの利益率で回しているのかなと思ったら、売り120万、利益10万みたいな感じで、利益率が10%を切ってるんですね。

 

ネット仕入れは一昔前はもっと良い利益率で稼げたのですが、商圏がないので皆が参入してきて飽和。

 

価格差を見つけるツールも普及して、せどりキングという有名なツールは使ってる人が増えて、利益がほとんど出なくなってしまいました。

 

利益率が10%でも10万稼ぐのに100万円が必要。

利益率が8%だったら130万円が必要です。

 

作業量も多いので一人でやるのは無理です。

 

店舗せどりだと一人で回しても利益50万ぐらいであれば回していけますが、電脳だとかなり厳しいです。

 

リサーチ部隊、納品部隊、決済部隊を雇って回していって、ようやっとという感じでしょうか。

 

輸出入もそうですが、商圏がないビジネスは飽和する速度が速く、商圏があるビジネスは飽和しにくいと覚えて下さい。

 

なんだかんだで店舗せどりで稼げる人がこれだけ出る理由は、面倒だけど高い利益率と商圏に守られて継続的に稼げるからです。

 

ネット仕入れオンリーだと今後の安泰は全く保証されません。

 

それはネット仕入れで稼げなくて相談に来る人の数を見ていればわかります。

 

一瞬稼げるやり方は稼げたとしても続けるのがしんどいんですね。

 

それに気がついた人から地に足をつけた稼ぎ方にシフトが始まります。

 

僕も一瞬稼げる系は色々手を出したんですけど、やればやるほど店舗せどりが一番いいという結論に戻ってくるんですよね。

 

ネット仕入れは資金が大量にある人にはいいかもしれませんが、僕の回りでも短い期間で資金を増やした人は皆店舗やってます。

ネット仕入れオンリーで1年以内に資金を膨らませた人ってのはちょっと見たことがない。

 

特に今は参入プレイヤーが増えているから、卸契約でもしない限り相当きついのではないでしょうか?

 

これからやるべきビジネスではないと思うし、最初に選ぶと高い確率で挫折or大きく稼げず辞めたくなるでしょう。

 

無在庫転売:利益率15%(親元の気分でアカウントが消されて終了)

 

次に無在庫転売です。

 

無在庫転売は、稼げないですw

 

稼げないというか、稼ぎ続けるのが難しい。

そして大きくは稼げません。

 

大本の機嫌しだいでアカウントが消されたり、商圏がないので飽和する速度がとっても速いんですね。

 

だからずっと作業を継続せねばならず、あまり自由にはなれません。

 

リサーチ部隊を雇って、連絡対応、仕入れ決済担当と分けて回しても、利益率は店舗の半分以下。

それでも輸出入を普通にやるよりかはマシかもしれませんが、低いことに変わりはない。

 

無在庫オンリーで稼ごうと思ったら自分でカラーミーショップやショッププロでお店を作って、自分で集客をして販売していかないとダメです。

 

ビジネス初心者がウェブ集客を実践して出来る様になるかといえば、かなり疑問です。

 

そもそも集客が出来るならアフィリエイトやったほうが儲かるわけで、なおさら無在庫転売なんて手間暇かかる事やるのは割に合わないですね。

 

物販ビジネスはAmazonにしろ、BUYMAにしろ、メルカリにしろ、集客を不要としてくれるプラットフォームから参入をします。

 

それはビジネスの中で最も難しいと言われる集客の問題を最初から解決でき、自分は販売にだけ集中が出来る仕組みを作れるから。

 

教育はすでにお客さんが知ってる商品を売るわけだから必要ない。

 

完全に販売だけに特化をすればいいのが、プラットフォーム型物販ビジネスです。

 

そして販売の中の決済システムでさえも、プラットフォームが提供してくれるので、個人で参入していきなりクレカ決済やコンビニ決済、代引きといったサービスを導入することが出来るのです。

 

だから結果が出るまでの速度が他のビジネスと比べて速く、それでいて集客や教育する力は身につかないので、いつまでも物販をだらだら続けてしまう人が多いです。

 

僕はせどりをやるなら最大で3年、稼げるようになったら次のステップへ進もうと言っていますが、

僕自信がだらだら物販ビジネスを続けて、その先には何もないことを知ってしまったのでこのように言っています。

 

誰の役にも立たない人生。

毎日がルーチンの繰り返し。

 

怒られたり、嫌な人間関係がなくても、このような生活の連続なら会社に勤めて社会性を維持している方が遙かに良いです。

 

僕は今はせどりで独立したいという人はあまり相手にしていません。

(もちろん本気でこれ一本で食っていくと覚悟を決めてる人は応援してます。)

 

せどりを本職にしてしまうと、これに収入を頼らねばならず、毎月の売上や仕入れにしか思考が向かわなくなり、長期的な視点が失われます。

 

そうすると前述のとおり、何年もだらだらと物販ビジネスを続けてしまうことになりかねず、それでいて大して成長もしていないので充足感がない。

 

僕は人生生きているなら常に何かチャレンジがあり、プライベートにしろビジネスにしろ、新しい発見や気付きがあるべきだと思ってます。

 

それがあるから人生って面白いな、今度はどんな事にチャレンジしてみようかなと思えるのです。

 

人間挑戦しなくなった時は終わりだと思ってますので、僕もまだまだチャレンジをしていきます。

 

ただ、そのチャレンジの矛先はもっと人の役に立つこと、社会や世界に貢献できることだと考えています。

 

幸いなことに僕は表現する力や人に伝える能力を授かることが出来たので、これから成功していく人達の最初の一歩をお手伝いして、彼らが次に進む後押しをしていければと思います。

 

物を右から左に流すだけの生活ではこのような思考には至ることが出来ませんでしたが、自分を必要としてくれる人達と向き合い、彼らと一緒になり現実を戦い続けた結果、このような考えに至った次第です。

 

お金を稼げても憂鬱。

 

意味不明だと思います。

 

しかしそういう世界が普通にあるんだということは覚えておいて下さい。

 

そしてある日自分がそこに達したら、僕のことを思い出して下さい。

 

そういえばあの人もそんな事言ってたな。

俺もそろそろ次のステップへと進む時かもしれない。

 

次のステップが何かは一人ひとり違うと思います。

でもそう思えた時は確実に進む段階に達しているので、ぜひ恐れずに先に進みましょう。

 

僕も周りの人からきかっけをもらって恐怖を超えて先に進み続けてきました。

 

恐怖を超えた先に新しい世界というのは待っています。

 

僕はずっと恐怖から逃げ続けてきました。

 

受験、恋愛、友人、仕事。

 

だからこそ遠回りになりましたし、ものすごく大変な思いを味わねばなりませんでした。

 

でもそんな僕でも時間をかけて取り組んだら出来ました。

 

その時間というのもたかだか3年とかそんなもんです。

 

3年で理想の世界に到達できるなら悪くないよね。

 

物販ビジネスをその一歩にして欲しい。

お金を解決する手段として扱って欲しい。

 

これは手段であり、皆さんのライフワークではありません。

ライスワークです。

 

そこを忘れずに、次に進むために今自分はこれをやっているんだという自覚を持って、取り組んでいきましょう。

 

まとめ:利益率40%のビジネスで誰もがお金の問題を解決できる世界へ

 

最後に国内店舗せどりについて語ります。

 

僕はこれを最初にやるべきであり、むしろここに注力をして1000万、2000万を稼いで次に行くべきだと考えています。

 

電脳とかいらないと思ってます。

 

だってこんなに速く、高い利益率で増えるのに、なんで手間ひまかけてしょぼい利益しか出ない手法をやらにゃけいけないのか?

 

結局物販が手段という視点を持ってない人は、稼げればなんでもいい、稼いでからどうするかを考えていないんだと思います。

 

だからなんとなくふわふわした状態で提案されてやり始めて、いざやってみたら儲からないです。しんどいですとなる。

 

またとりあえずは稼げたが、これを今後も続けるのか不安。

でも他にできることがないからやっている。

 

そんな状態になってしまうのだと思います。

 

僕もそうでした。

 

その代わり僕は店舗せどりだったので利益率がとても良くて、お金はありました。

 

そのお金を使って2年ほど修行と学びに費やし、次のステージへと進むことが出来ました。

 

手段を用いて課題を解決してしまえばこのように汎用性の高い人生を生きることが出来ます。

 

お金なんかで人生を妥協したり、夢をあきらめないで欲しいんです。

 

若い時ほどお金は必要ですよね。

 

年取ったら御飯食べる必要もないし、自分の経験と知識で効率的に稼ぐようになるので、お金の心配はなくなっていくんです。

 

若い時は何もないです。

 

知識、経験、お金への不安、将来への不安。

 

何もかもがゼロからのスタート。

 

その代わりスピードがあります。

 

1ヶ月、2ヶ月という短い期間で激的に成長できます。

僕もそうでした。

 

それが30、40となり、体の自由が効かなくなってくると行動も鈍化して、変わりたいのに変われなくなっていきます。

 

今日この瞬間が人生において一番若いのです。

 

今が一番強いと思って下さい。

 

明日の自分は今以上の行動や経験を得ないかぎり、確実に退化をしていきます。

 

そして退化をしていく人間に時代は厳しいです。

 

進化とは変化に対応した者に与えられる。

ダーウィンも言ってるように、変化に対応できた人間だけが次の時代を生きる権利を与えられます。

 

進化するか、淘汰されるか。

 

人生に勝利するか、妥協して敗者として生きていく道を選ぶか。

 

選択肢は常に自分の中にあります。

 

そしてまずはお金の問題から‥と決めてくれたあなたに最高のギフトを届けることが僕には出来る。

 

こいつ面白いな、こいつとやっていきたいなと思えたなら、メルマガ登録をして一歩を踏み出しましょう。

 

そこから僕とあなたの人生変革が始まります。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す