せどぷれは必要?アルバトロスやトレジャーパーフェクトとの違いは?

 

この記事の所要時間: 347

細野です。

 

前から目にしていたのですが、継続して売れてるツールにせどぷれというのがあります。

 

これは何かというとAmazonで定価越えしている商品を抽出してくれるツールですね。

 

僕は一貫してこういうツールはいらないし、コスパ悪いからやめとけと言ってきたのですが、知らない人からしたらプレ値になっとるの教えてもらえたらそれを仕入れまくって稼ぐだけやん。余裕やろーってなるんだと思いますw

 

実際はプレ値になっているものがわかった所で見つけられないですし、専業の人が店舗に電話をかけて在庫を抑えてしまうので、お店を自分で回って集めようとしても集まりません。

 

だからこそこんなツールに振り回され右往左往する暇があるなら、どんなエリアのどんなお店でも稼げる実力を身につけるべきなのです。

 

この当たり前すぎる主張を聞いた時に「そうだよね」って思える人は長く稼げるし、「そうは言っても何か裏技的なやり方があるに地がない」と思ってノウハウを探し続ける人はいつまでも稼げるようになりません。

 

手法ではなく思考

 

今せどりで稼げていない、これからせどりをやろうと考えてる人に言いたいのは、テクニックがあるから稼げるんじゃないよって事。

 

テクニックも使いますが、シンプルな手法が一つあれば十分です。

 

投資の世界でも移動平均しか使わない人のほうが長期的に稼いでいたりしますよね?

 

せどりも同じです。

 

僕らが使っているのは市場心理や人間心理に則った極めてシンプルなやり方。

 

なぜ安い商品が供給されるのか?

どういう行動を起こしたら普通の人が仕入れられない商品を仕入れできるようになるのか?

 

こういった所を徹底的に掘り下げ、それを愚直に実行していくので、経験者の方はもちろんですが、未経験の方でもすぐに稼げるようになっています。

 

僕らも便利なツールは使っているのですが、それは何度も包み隠さずお伝えしている通り、せどりすとプレミアムとGAGAの2つです。

 

この2つを使い、外注さん数人で組織化するだけで、副業で30万以上、専業で50万以上というのは当たり前に狙っていけます。

 

そしてその後は法人取引であったり、お店以外から商品を引っ張ってこれるスキームをいくつも作ることで、どんどん安定して稼げるようなります。

 

僕らは別にヤマダ電機さんで仕入れができなくなろうが、ブックオフがせどりを禁止しようが関係ないです。

 

仕入先が数千店舗あるので、プレ値がなくても利益の出る商品が無限に見つかりますし、プレ値のようにいつ再販されるかわからない寿命が短い商品ではなく、仕入れの時に勝ちがほぼ確定している商品に特価をして仕入れていきます。

 

そしてその商品がなぜ今後在庫復活しないのか、なぜ安定的に売れていく可能性が高いかも理解して仕入れているので心理的負担が少ない。

 

このように一貫した行動指針を与えて教育しているので、僕が教えた人達は未経験だろうが稼げるようになるし、成長が鈍化しないのです。

 

大半のしょっぱいせどらーの人は人や知識への投資が出来ないですし、プレ値発見ツールなど小手先のテクニックに走ってしまいます。

 

そもそもプレ値がなぜプレ値になるのかをちょっと考えればこんな儚いビジネスに投資しようなんて思わないはずです。

 

モノの値段が需要と供給で決まる以上、供給が追い付かないがために値段が上がっているプレ値を皆が狙い始めたらどうなるか?

飽和してしまう事は容易に想像が出来ると思います。

 

月に数千万売ってる人達もこういったツールは一切使ってないと言っていたので、煽りでも誇張でもなくプレ値発見ツールはいらないです。

 

せどぷれの利用料金は月額4980円ですが、こんなものに投資するよりせどりすとプレミアムに投資したほうが遥かに利回りは高くなるはずです。

 

少なくとも僕らは利益という実態のあるものを追求する方法を研究してきて、抜け穴を探している人達よりも遥かに短い時間で効率的に収益を出し続けることに成功をしています。

 

シャブ中患者から脱却して、厳しい現実と対峙をする事を決意した人から変わっていく。

 

人生もビジネスも常にシンプルであり、シンプルだからこそ結果を出し続けられる。

そういうもんです。

 

プレ値発見ツールはいらない。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す