メルストライクが販売開始も秒速でオワコンのお知らせ

 

この記事の所要時間: 632

細野です。

 

先日メルカリ無在庫転売のツールについて掘り下げ書きましたが、その数日後にまさかのPCからの出品解放。

 

メルカリ出品ツールの価値はゼロになりました。

 

あえていうと上位表示をさせるために定期的にツールで削除と再出品を繰り返せる、らくめる。

このツールぐらいでしょうか。価値があるのは。

 

そうはいってもらくめるは月に9800円だから、相当数売っていかないとペイしないという印象です。

 

今教えてくれる人からはメルポンで軌道に乗せて、らくめるに移行しろと習っていましたが、その後メルポンいらないかもねーって言われました。

 

僕も実際メルポンを使っていたのですが、現在は全く使わなくなりました。

 

普通にChromeからメルカリにアクセスして、Mac上から管理してます。

 

出品も質問返答も、発送連絡も全部パソコン上から出来て何ら不便無いです。

 

そんな中、インフォトップでメルカリの出品ツールが販売され、買った人も少なく無いと思います。

しかしタイミングが最悪すぎました。

 

販売直後にパソコンからの出品が解放。

完全にオワコンです。

 

メルストライクの機能と魅力

 

実際に購入していないのでセールスレターから中身を見ていきます。

 

まず機能としては非常にオーソドックスですね。

 

個別出品とエクセルを使った一括出品への対応。

らくめるで出来ること+メルポンで出来ることを網羅した感じでしょうか。

 

これは良い機能だと思います。

 

また他のツールで出品した商品も含め、一括で在庫の管理が可能とのこと。

これは便利ですね。

 

メルポンで出したのはメルポンでだけ管理。

らくめるで出したものはらくめるでだけ管理。

そういうツールが多かったです。

 

またらくめる同様、一定期間ごとに再出品をやってくれる機能があります。

 

ここまで見ていくと割りと魅力的に見えますね。

 

しかし。

 

月額14,800円。(´Д`)ハァ…

 

まさかの月額課金制です。

 

買いきりで14800円だったら買うんだけどw

 

メルポンとらくめるを足して二で割った的なツールなので、強気で設定してきたんでしょうが、月額14800円だと微妙ですねー。

 

ただこの14,800円というのは10アカウントを一括で管理出来る価格なので、らくめるよりコスパは良いです。

マルチアカウントで10万を超える利益を狙って行きたい人にはありなのかなと。

 

僕はメルカリは長短期ビジネスだと思ってるんで、ツールはいらないし、使うとしても1個のアカウントで十分です。

 

ちなみに1個のアカウントだと9,800円で利用できるので、らくめる使うよりかはこっちのほうがコスパはいいっすね。

らくめるは1個アカウント追加するごとに9800円取られるのでコスパが悪い。

UIも死ぬほど使いにくいし。

 

そうはいってもツールに月に1万円前後の投資はたけーなと。

1年ぐらい前ならこの価格でも売れたと思うんですけど、今となっては完全にオワコンな価格設定です。

 

販売側もまさかまさかのって感じでしょうね。

 

僕もびっくりしたので。

 

最初からツールって必要?

 

初期段階においてツールの必要性というのは皆無だと思います。

 

回転する在庫が増えてきたらツールで管理していってもいいと思いますが、月9800円払って月の利益3万とか5万というのはどうなんでしょう。

 

せどりすとプレミアムに5400円払って30万とか50万を半自動で稼いでる方がコスパがいいと思ってしまうのは僕だけでしょうか?

 

そうはいってもメルカリの魅力は在庫を持たずにコツコツ稼げることなんで、今後も効率化をしていくテクニックやツールに関しては注目していくし、いいと思うものがあれば紹介していきます。

 

メルカリツールは今後は買い切りか、超定額(月2000円程度)で提供しないと使う理由としては弱いというのが僕の印象です。

 

メルストライクを使う理由があるとしたら

 

メルカリでは短期間に大量の出品を繰り返すとアカウントが停止すると言われています。

 

僕は1日に10個から20個程度しか出さないので規制にかかることはないですけど、

在庫を500個から600個定期的に再出品しようと思うとアカウントを分けないとリスクが大きくなります。

 

在庫500個から600個程度を回す段階になり、

それぞれのアカウントで利益が3万以上出ているならメルストライクを導入してもいいのかなと感じます。

 

メルカリのアカウントを6個ヤフオクで買って、

それぞれのアカウントで100個商品登録する。

 

そしてそれをツールを使って回し続ける。

 

これで半自動化が完了。

 

メルカリの無在庫販売の最終到達地点がこれです。

 

僕のように手動で出してる人は絶対にツールの自動出品には敵わない。

 

出品する商品の成約が出やすい時間帯に、ツールを使って出品と再出品を繰り返すことで

成約率を上げていけるというわけです。

 

ここまでメルカリを広げる価値があるのかなーと思うのですが、

在庫500個をツールでぶん回して

利益が15万程度出るならありかなとも思います。

 

無在庫で利益15万てかなりすごいですからね。

BUYMAでヒーヒー外注雇って回している人が聞いたら真っ青になると思いますw

 

わざわざ貿易業をしんどい思いして死ぬ気で仕組み化して利益10万。

 

リスクらしいリスクも取らず機械に単調作業をやらせて利益10万。

 

コスパがいいのは明らかに後者ですね。

 

掘り下げて考えていくうちに、複数アカウントで回す可能性の魅力が見えてきました。

 

1ヶ月まずは集中して流れを掴み、

その後マルチアカウントの実験もメルストライクを使いながらトライできればと思います。

 

今後おすすめのツール

 

メルストライクは1個のアカウントで回すならいらないと思いますが、

マルチアカウントで利益10万以上を狙って行くなら必須のツールだと思います。

 

そして14800円で10アカウント回せることを考えると

らくめるはコスパが悪すぎてもはやゴミです。

 

メルポンは使いやすいけど、パソコンからの出品が無料化したのでやはりオワコン。

 

今後はメルストライクをさらに上回るツールがより安い価格で出てくると思うので、

引き続き動向を見守っていこうと思います。

 

ツールを開発できる人は、月5000円程度でメルストライクを超える機能を作って出して欲しいです。

 

販売終了です

 

その後メルストライクは販売終了になりました。

メルカリのツールは今後はかなり安くしないと厳しいと思います。

月額5,000円程度が一般的なツールの相場なので、それぐらいにしないと厳しいでしょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

1 個のコメント

  • メルストライクは稼げるの?|口コミと評判まとめました。 より:

    […] ビジネスと一杯のコーヒーより引用 […]

  • コメントを残す