フィギュア転売で稼ぎ出すまでの流れとコツ

 

この記事の所要時間: 430

細野です。

 

せどりでは様々なジャンルがありますが、最も手堅いカテゴリーがあります。

それはフィギュアです。

 

なぜフィギュアが手堅いかというと売れ残った経験が一度もない。

これです。

 

あり得んす。

 

他のジャンルでもモノレートで管理して、レビュー見たり、ニーズがある事を確認して仕入れてます。

でも売れ残る。

 

けどフィギュアはなぜか売れ残らない。

赤字になることはあるけど全部売れてます。

 

だからこそ、その手堅さがウケてフィギュア転売のニーズというのがあるのかなと。

 

今回はフィギュアせどりの深め方と広げ方について語っていきます。

 

フィギュアで稼ぎたい。まず何をやればいいか?

 

フィギュアで稼ぐ上で最初にやったほうがいい事は、相場観を作ることですね。

出始めの商品でも売れるのですが、販売してからしばらく時期が経過して、

店頭価格とネット価格が乖離し始める商品が稼ぎやすいです。

 

なので相場観を作って、お店に行った時にこれって安いんじゃないかな?ってのを見つけられるようになると良いです。

 

また稼ぐ上でのちょっとしたコツとして、中古と新品を同じ扱いをしているお店を狙うと稼ぎやすいです。

 

どういう事かというとAmazonでは未使用品に関しては新品として販売してもいいというルールがあるんです。

 

なので未開封新品として販売できるのに中古として販売できる商品が安く売られていると大きな差益を出すことが出来ます。

 

見つけ方は簡単で開封されてるシールの有無を見るだけです。

わからない人は仕入れツアーに来てください。

教えたらすぐに見つけられるようになります。

 

店頭よりも電脳と相性が良いフィギュア

 

主にコレクターの方が出品するフィギュアをヤフオクやメルカリ、フリーマーケットなどで買い付けると、お店とは違う仕入れができるようになって安定していきます。

 

極めるのであればここでサイトを作って買い取りを開始してもいいでしょう。

 

箱に入ったフィギュアが一番転売はやりやすいですが、極めてる人は箱に入ってないフィギュアで利益を出してます。

そういうのは知識ないとせどり出来ないんでライバル不在なんですね。

 

難しいと思うかもしれないけど、箱ありの商品を売りながら商品知識を付けて、

徐々に箱なし商品にシフトすれば無理なくステップアップしていくことが出来ますよ。

 

ライバルの数や飽和のしやすさについて

 

1年ぐらい前からフィギュアはライバルが増えて、稼ぎにくくなってきました。

他のジャンルは飽和の影響も少なく利益が出せるんですけど、フィギュアは取れる数がかなり減りました。

 

これは同じ戦法で仕入れる人が増えたからだと思うので、

対策が必要です。

 

フィギュアオンリーでコンスタントに利益を10万以上少ない出してる人のツアーに参加して、

今後これは対策しようと思います。

 

少ない仕入れ回数で利益出せてるよって人いたら連絡下さい。

投資します。

 

地方のお店行っても最近はせどらーさんと会うことが増えたので、

せどりという転売手法は随分とメジャーになりましたね。

 

僕が始めた頃もやってる人はいましたけど、

これだけ多岐にわたって転売手法が成立するようになったのは

ここ2年ぐらいではないでしょうか。

 

今は何でもありになってます。

 

化粧品とか靴をAmazonで売ろうとか考えなかったよね。

 

ジャンル固定としてフィギュアせどらーについて

 

手堅いジャンルというのは必ずその手堅さに惹かれて、これオンリーでやろうとする人が出てきます。

 

フィギュアせどらー、ゲームせどらー。

 

こういった人達はジャンルを固定して効率化するというストラテジーを取っていますが、

実際は飽和の影響をダイレクトに受けるので長く稼ぐのが難しくなります。

 

一方でジャンルや仕入れのエリアも固定しないやり方をしている人は

市場に対して常にニュートラルです。

 

家電でいいのがあれば買う。おもちゃでいいのがあれば買う。

時計でいいのがあれば買う。

 

柔軟です。

 

だからどんな地域でも仕入れが出来るし、

どんな市況でも利益を継続的に出していく事が出来るんです。

 

今は良くてもこれオンリーで食っていこうとしてる人は

今後どんどんしんどくなり稼ぎにくくなるでしょう。

 

稼いでいるかいないかを図る指標として

効率的にどれだけ在庫を回せているかというのが一つの指標になります。

 

ジャンル固定の人達は大量に在庫をホールドして利益を出してたりするんで

経営効率はかなり悪いです。

 

在庫持ってるだけで維持費がかかるし、

資金が効率的に回らないですからね。

 

せどりは短期ビジネスなので2週間1ヶ月という単位で

効率的に資金を回せる人が稼ぎ出します。

 

なので短期ビジネスとして割り切り

短期で売れるものに特化して仕入れをした方がいいです。

 

長期の仕入れをすれば売れ行きは安定しますが

それは専業でやってる人や資金に余裕がある人がやれば良いです。

 

それぞれのステージに適切な戦略があるので

そこを考えて行動をしていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す