メルカリ出品ツールの比較。掘り下げたレビューをまとめてお届け

 

この記事の所要時間: 140

細野です。

 

昨日から出品を開始して、一気にノウハウもデータも集まってきています。

 

ツールを並走して3つ使っていますが、違いが見えてきたのでレビューしておきます。

 

らくめる

 

使いにくい。予約出品と削除を自動化する昨日は群を抜いている。

エクセルを使ってファイル名単位で細かく指定をしないといけない。

 

スクリーンショット 2016-06-30 19.29.19

 

実際に使うテンプレ

 

料金は月に9980円固定。

慣れれば良いツールだと思うが直感的に使えず、操作はかなり苦痛。

メンバーページに動画とマニュアルがあるが、何度か読み直さないと理解できない。

 

お試し期間1週間あるので登録してみて使えるなと思ったら使えばいい。

僕は無理だなこれと思って秒速で撤退。

エクセル作業苦痛でした。

 

爆メル

 

出品出来るだけ。

画像はJPEG以外受けてくれずエラーになる。

月額3980円と安めだが、値段相応。

お試し期間なし。

カテゴリー設定が超絶やりにくい。

 

スクリーンショット 2016-06-30 19.26.42

 

スクリーンショット 2016-06-30 19.27.01  

 

 

メルポン

 

値段高いけど、一番使いやすい、

操作迷わない。直感的に使える。

画像のリサイズ、変換。全部自動でやってくれる。

 

スクリーンショット 2016-06-30 19.32.32

 

予約と削除機能もあり。

再出品機能はまだ確認できず。

 

1出品15円と実は昔のヤフオクとそんな変わらない。

月額維持費がかからない分、出品して放置するスタイルの人にはいいと思います。

 

まとめ

 

集中して作業をするときにはツールの使いやすさが効率を分けると思ってます。

慣れてきたららくめるがいいのでしょうが、最初はメルポンがいいのかなと。

 

爆メルは現状ゴミレベルです。

出品出来るだけ。継続課金はないです。速攻クビにします。

 

今後も使うツールや新たな視界が見えてきたらこのページには追記をしていきます。

 

とりあえずメルポンおすすめっす。

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す