メルカリで転売は規約違反?転売目的で参入する際の注意点は?

 

この記事の所要時間: 828

こんにちは、細野です。

 

メルカリのアクティブユーザーが単月でヤフオクを追い抜きました。

 

やったことある人はわかると思いますが、ヤフオクって面倒くさいんですよね。

 

作業が多すぎるし、スマホからだと出品がやりづらい。

一方でメルカリはスマホで快適に作業ができるように動線が細かく管理されています。

 

パソコンや難しい操作が苦手な人でもすぐに出品をして、メルカリデビューが出来ます。

 

今まで不要品の処分はヤフオクに出せと言ってきた僕ですが、

これからはアカウントを育てるためにもメルカリに出すほうがいいかもしれない。

 

そして転売視点で考えた時にも貧乏人しかいないヤフオクよりも、購買意欲が旺盛なメルカリで売っていくほうが効率が良い。

 

そんな時代になってきているのかなと。

 

実際Amazonで売るよりもメルカリで売ったほうが売れる速度も利益も良い商品があるので、コンサルの現場でもメルカリに出したほうがいいものはその場で写真撮影して出品させます。

 

そうしたらその日の晩には売れてコンビニからお客さんの所に直送できて、資金効率上がるんで。

 

ノウハウや市場がどんどん成熟してきてどんどん稼ぎやすくなってきてます。

無在庫で売るだけがメルカリじゃない。

Amazonと並走してやることでさらに安定的に収益を出せる構造を作っていけます。

 

なぜメルカリをやったほうがいいのか?やらなくてもいい人とは?

 

多くの人から相談を受ける中で資金を持ってない人が多いことを感じました。

 

僕はせどりで10万円以上の利益をコンスタントに出すために最低で30万円を用意して欲しいと言ってきました。

 

ところがこの30万すら用意できない人がいるので、そういった人は深夜バイトでもして資金を集めてくれと言ってきたのですが、自宅から出れない人もいますよね。

 

例えば小さな子供がいる人や、介護をしている人です。

こういった人達には在宅でできる副業が求められるのですが、僕は今までこういった人に対する提案ができませんでした。

 

提案をしなかった理由はもう一つあって、在宅副業は結果が出るまで時間がかかり、大変な割に大きく稼げないからです。

 

確かに世の中にはサイトを作って数百万単位で稼ぐ人、外注さんを回して輸出入ビジネスで稼いでいる人がいます。

あるいは電脳せどりをやって稼いでると言ってる人がいます。

 

しかし彼らが成功するまでにかかった期間はどれぐらいでしょうか?

 

サイトアフィリの世界では5年とか8年やってるなんて人がゴロゴロいます。

5年間稼げずにコツコツやってきて、きっかけを掴んで少しずつうまくいき、稼げるようになったという感じ。

 

ビジネスモデルとしてサイトアフィリエイトが稼げるとわかっても殆どの人が継続できずに挫折をしてしまうんです。

 

その理由として最も大きのは稼げないこと、稼げるイメージが持てないからだと考えています。

 

僕自身も今まで色んなビジネスにチャレンジをしてきましたが、続かなかったビジネスというのは例外なくこのパターンが多かったです。

 

稼いでる人がいるし稼げるのはわかるけど、結果が出るまで時間がかかりすぎてやる気が続かない。。。

 

だからこそ在宅副業に固執するのではなく、家から出ないと行けないけれど結果が出るまでが早いせどりを提案しています。

 

そんな中、在宅でできて結果が出るまで早いメルカリ無在庫転売というえげつない手法を見つけたのです。

 

このやり方は大きく稼ぐことは出来ないのですが、資金を必要とせず、在庫を持たずに実践できるので非常にハードルが低い。

 

ありとあらゆる副業の中で最も堅実で数千円程度で良ければ少ない作業で到達可能。

数万単位で稼ぐ場合もコンスタントに作業をこなして相場観を作っていけば1ヶ月と経たずに到達をします。

 

仮に飽和をしても在庫を持っていないので撤退すればいいですし、僕は後発で参入しましたけど問題なく稼げてます。

 

誰でも出来るやり方ではメルカリ無在庫転売は稼げませんが、ちょっとしたコツを抑えて視点をずらしてみると競合がいないブルーオーシャンが広がっています。

 

だから資金がない人や在宅で数万円でもいいから稼いでいきたいと思う人はやるといいと思い、提案をすることにしました。

 

規約違反をしてお金を稼ぐということ

 

メルカリでは在庫を持たずに販売することを規約で禁止しています。

 

規約に反しているので無在庫でやっている事がバレたらアカウントを消されます。

 

なので大半の人がメルカリ無在庫転売と聞くとビビッてやらないです。

 

僕は後発の人間がお金を稼ごうと思ったらグレーゾンを攻めていくしかないと思ってます。

 

法律スレスレの所までリスクを取る。

これをやるからこそ後発でも稼げるし、そこから飛躍するきっかけを作ることが出来る。

 

これは倫理観の問題かもしれませんが、運営側に迷惑がかからない形で参入をすれば、彼らにも手数料が入るのでメリットがあります。

 

お客さんも、メルカリ運営側も得をする仕組み。

これを作ってやればアカウントは消されません。

 

逆に運営やお客さんにデメリットが発生するとアカウント削除の対象となります。

 

これから参入するのであればどこまでやったらアカウントを消されるのか、どこまでなら大丈夫なのかを見極める必要があります。

 

メルカリでアカウントを消される理由はこれだ

 

アカウントを消されてしまう人の特徴としては、短期間に何度も同じ商品を出品し直す。

配送までの期間が遅れる。

 

この2つが消されてしまう理由です。

 

YouTubeなので解説されている中国から輸入した商品を転売するとこの問題が発生します。

 

Amazonで安く売られている商品は注文後に中国から発送されたりするので、メルカリの規定である7日以内の発送を満たせないですね。

出荷はされても日本に届くまで10日ぐらいはかかってしまうので、お客さんからクレームが入ります。

 

中国輸入した商品は単価が安く利益率も良いですが、こういった罠があることを覚えておいたほうがいいです。

 

端的に言ってメリットよりもデメリットのほうが大きいので、無在庫で参入するべきではありません。

(在庫を持って参入するのは悪く無いと思う。)

 

また、出品の繰り返しについて、ツールを使い数百個の商品を繰り替えし出品する作戦を取る人がいます。

出品を繰り返して成約率の高い時間帯に出すことで、売れやすくなるのでそれを狙って4時間毎に再出品したり、5分おきに商品が何度も出品されるようにツールを動かしている人がいます。

 

これをやると確かに売れやすくなるのですが、運営からしたらサーバーに負担がかかるし、同じ商品何度も出されるとユーザーの利便性が下がるのでうざいです。

だから目をつけられてアカウントを消されてしまいます。

 

ツールを使うのであればこういったリスクが発生することを考慮し、回していく在庫の数を絞り、1日の出品数を多くても200個以下、理想的には100個以下にしないと危ないです。

 

僕はそこまでリスクを取って回すことに抵抗があったので、効率が悪いことを理解し、再出品や時間帯を狙った出品は避けて出品をしました。

 

それでも売れていたので、商品選定のリサーチと販売戦略次第だなって思います。

 

競争が激しいジャンルや商品だとツールを使わないと勝てないですが、競合が少ないジャンルであればそもそも出品が少ないのでツールを使わなくても成約を取ることが出来ます。

 

また単価の低い商品はクレームをしてくるお客さんが多いけれど、高単価の商品はクレーム率が低い。

 

これはAmazonで販売をしていた時に感じていた傾向で、1,000円以下の商品を買うお客さんにはしょっぱい人が多く、5000円を超えてくると細かなクレームをしてくるお客さんはいなくなり楽になった経験から来ています。

 

メルカリでも全く同じなので僕は低単価商品は避け、高単価商品ばかり売ってました。

高単価にすることでクレームが減りますが、成約数も少なくなるのでたくさん出品しないといけなくなりましたが、自分的にはそのやり方がフィットしていたので継続出来ました。

 

自分のビジネスでもお金を持ってない人は相手をしてないので、お金持ち向けのビジネスが性に合ってるんだと思いますw

 

まとめ

 

メルカリに参入する上で魅力とメリット、そして注意すべき点について解説をしてきました。

 

僕が後発でありながら結果を出せたのは優れたスキームを手に入れる事が出来たからです。

我流じゃ絶対に無理でした。

 

Amazonから買ってお客さんに直送。

それでお金が稼げる。

 

意味不明ですよね。

 

でもちゃんとスキームがあったんです。

 

ビジネスで稼げるか稼げないかは仕組みが全てです。

 

仕組みという戦略を元に作られた設計図に欠陥があると、たくさん作業しても結果が出ません。

 

だからこそ習う相手を間違えたらいけないし、ダメだなと思ったら損切りをすることが必要です。

 

ダメだったらやめればいいんです。

もったいないなって思うかもしれないけど、仕方がない。

 

僕も買ったけど微妙だなーって思いは何度もしてますよ。

 

100発100中は難しいので失敗しても回していけるやり方にシフトしてやったほうがいいと思いますね。

 

在庫を持つせどりと在庫を持たないメルカリ転売を並走すれば、物販の良い所と良くない所がバランスをします。

 

資金が少ない人はメルカリ無在庫転売で死ぬほど作業をしまくり、半年頑張って資金を30万作るという所から始めていきましょう。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す