土日にバイトをするのと副業するのはどちらが稼げるか?

 

この記事の所要時間: 631

こんにちは、細野です。

 

今回は土日を利用してバイトをするのと、副業するのはどっちがいいかを考えてみます。

 

普段は学校や仕事をしている人が、会社の給料以外に稼ぎを得ようと思った時に、

一番最初に考えるのは土日を利用したバイトだと思います。

 

あるいは仕事帰りに数時間バイトをする。

こういう人も最近は増えていると言います。

 

そこで今回は空き時間にバイトをするのと、

副業を頑張るのはどっちが割に合うかを掘り下げてみていきましょう。

 

副業とバイトの大きな違い

 

まず最初にバイトと副業の大きな違いを理解しましょう。

 

バイトは既に決められた仕事があり、それをこなすだけでお金をもらえますが、

副業では儲かる仕組みを自分で作っていかないと1円も稼げません。

 

この事を頭に入れた上で副業をする際は取り組んでいくといいでしょう。

 

一方でバイトをする場合は時給以上に稼ぐことは不可能というデメリットが有ります。

従ってバイトで稼ごうと思ったら掛け持ちをするなどして、空き時間にシフトを入れて、稼いでいくというのが基本となります。

 

単純に自分の時間を売って稼ぐのがバイト、副業は自分のアイディアをお金に変えていきます。

 

稼げる額の目安を比較

 

最近はバイトの時給が上がっていますが、地方では時給800円以下の仕事がゴロゴロあると思います。

さすがにここまで低いとたくさん働いてもお金にはならないです。

 

僕は千葉県に住んでいた時時給760円でコンビニのアルバイトをしたことがありますが、

かなりガッツリ働いても6万円とか8万円しか貰えず、

大変な割に稼げないな‥と感じたのを覚えています。

 

しかしこれが副業となると話は別です。

 

しっかり仕組みを作ることで10万以上稼げるのは当たり前、

20万、30万と稼ぐ人も普通にいます。

 

バイトで20万以上稼ごうと思ったら相当大変ですが、

同じ労力を副業に費やしていくことでそういった世界が見えてきます。

 

副業で成功する人失敗する人

 

今まで多くの人を見てきて成功する人と失敗する人の違いというのがあるので

それを紹介します。

 

まず失敗する人の典型パターンとしては我流でやる人です。

ネットでちょっと調べて得た情報だけで取り組み、結果を出そうとします。

 

中にはこれだけで稼げるようになる人もいますが

大きく稼ごうと思ったらプロを雇って習ったほうがいいです。

 

僕であればコンサルや教材、高額塾などを利用して

足りない知識を補ってきました。

 

一番効果が大きかったのはコンサルで、自分に足りない所を直接指摘してもらえるので

行動のブレやズレがなくなります。

 

成功に向けて一直線で走れるので、効率も良い。

 

なので大きく稼ぎたいのなら教えてくれる人を付けて

その人から言われたことを愚直にやるというがおすすすめです。

 

他に失敗する人の例としては、自分のやり方に固執をしてしまうケース。

 

うまく言ってるやり方を教えてもらったり、

指摘してもらったことを取り入れたら良くなるのに

自分のやり方にしがみついてしまいます。

 

これってすごく非効率なことなのですが

年齢が上がるとプライドが上がるのか、なかなか我を捨てられなくなります。

 

ネットビジネスの世界では年配の人になるほど成功者の割合というのは下がります。

 

この原因をずっと考えてきたのですけど、頑固になるから成功できなくなるというのが僕の結論です。

会社などで部下の方を持ち、プライドも上がったりして、素直に人に頭を下げられなくなるのです。

 

一方で僕は年下の人だろうがうまく行ってる人には頭を下げて習いに行くことが出来ます。

そして言われたことはすぐに実行するので、すぐに改善をして結果を出しやすくなる。

 

起業して以来ずっとこのスタンスでやって結果を出し続けてきたので、

自分のやり方にしがみつく人=バカ という図式が徹底されているんですね。

 

僕は自分の哲学や大事にしていることがありますが、

普段の行動やノウハウに関して固執するつもりは一切ありません。

 

もっと良いやり方があり、そのやり方を取り入れることで

大きなリターンやメリットを享受できると思ったら2秒で採用をします。

 

だからこそ今まで生き残れてきたし、

年令を重ねても成長できるのだと思います。

 

バイトでは成長できない

 

僕はアルバイトで得られる人間的成長って極めて限定的だと思います。

 

なぜかというとバイトには現場を監督したり、意思決定をする権利がないからです。

 

せいぜいシフトリーダーや後輩アルバイトを教えて時給が100円200円あがるレベルじゃないでしょうか。

 

一方で今僕は1日顧客のコンサルをしたら数十万は報酬を頂きますが、

会社員の方が1ヶ月働いて稼ぐお金を1日で稼ぎだすのが普通になってます。

 

この違いはどこで生まれたのでしょうか?

 

かつては僕もそちら側にいて、時給760円というギャグみたいな報酬でこき使われ

ヒーヒー働いてお小遣い稼ぎをしていたのです。

 

今思うとあれは時間の浪費でしかなかった。

アルバイトは得るものよりも多くの物を失うと思います。

 

優秀な人間もバイトの現場にはいませんし、この人を目指そうと思える人と出会うのは困難です。

(仮にいても就職をしたりしていずれ現場からは去ってしまいます。)

 

高校生や大学生の時に軽くバイトをして友だちを作ったり、恋人を作ってみるのはありだと思いますが、

長くやることではないと思ってます。

 

それよりも自分を成長させることに全神経を集中させ、

副業からビジネスに取り組み、自分の可能性を広げたほうがいい。

 

その方が収入的にも人間的にも大きく成長することが出来ます。

 

仮に就職をするとしても副業を通じて培った経験は、実務でも生きてきます。

 

限られたリソースを効果的に回す思考、

予算や時間の配分の決め方、段取りをするスキル。

 

こういったものは実務でもとても大切な基礎スキルとして生きてきますよね。

 

そもそもなぜバイトをしたかったのかもう一度考えよう

 

 

お金を稼ぎたいと思った時になんとなくバイトを連想してしまう人は多いと思います。

 

僕もそうでした。

 

でもバイトの現場に行くと30になってもフリーターやってるようなしょっぱい人や、

大学中退して就職もせずにバイトしてるような負け犬がいて

話も合わないし、この人らみたいになりたくないなって思うことが多かったです。

 

かといって1人で出来るバイトというのは限られていたり、

当時の自分には見つけるスキルがなく

どうすればいい?と悩んでいた時に出会ったのがオークションでした。

 

友人や先輩の不要品を預かり、ヤフオクで売りまくるというのをやり、

お金を稼げるようになった僕は、バイトで貯めたお金と代理出品で稼いだお金で

本格的に転売活動に乗り出したのです。

 

それから8年。

社会でもトップ5%の収入を稼ぎだすまでになれました。

 

もちろんまだ満足していません。

これぐらいのレベルで終わるような人間で終わりたくないから、もっともっと上を目指していきます。

 

何をやらなければいけないか?

これはもう完全に見えていますのでやるだけです。

 

特別な能力やスキルは必要ありません。

 

学べるか学べないか、投資できるか出来ないか。

アウトプットできるか出来ないか。

 

違いを分けたのはこれだけです。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す