夏休みにバイトするのと副業するのはどっちが稼げるか?

 

この記事の所要時間: 423

こんにちは、細野です。

 

夏休みが迫り、夏バイトを探しているって人も多いと思います。

 

夏の間はバイトに旅行に、遊びと

普段できないことに思う存分取り組める時期。

 

自分は非リア充だったので、休みの時にだけ会える遠方の友達の家に泊まりに行くのが楽しみでした。

 

特別なことやるわけじゃないんだけど、すごいテンションが上がるんですよね。

普段は別の学校、住んでいる場所も通いのに、泊めてくれたり。

 

本当にありがたい存在だと思います。

そういう人がいたから人生を諦めずに続けられたのかなと思う。

 

今日は夏に遊ぶためのお金づくりについて、

バイトをするのとネット副業するのどっちが儲かるかを解説していきます。

 

バイトの魅力とデメリット

 

例えば海の家でバイトをするとしましょう。

 

これの魅力は住み込みで働けること、まあまあ時給もいいこと、

友達や彼女までもが出来る可能性があるということ。

 

気の許せる仲間と仕事をして恋愛して、

お金まで貰える。

 

コミュニケーション能力が高い人には最高のバイトだと思います。

 

住み込みの間は食事も出ますから

生活費もそれほどかかりませんし、

まとまったお金を貯蓄できるはず。

 

デメリットとしてはバイトをするとどうしてもバランスをとるために

自分の時間というものが減ってしまうことです。

 

これは甘えるなと言われるかもしれませんが、

人間には一人で考え事をしたり、落ち着く時間が必要なのです。

 

そうすることで心身のリラックスが出来、

また頑張ろうって気持ちになれるんです。

 

ところが忙しなく毎日を過ごしていると

この回復期間が確保できず、心身のバランスが崩れてきます。

 

それでも仕事を続けたり、学校に通い続ける事は出来るのですが

いつまでも心が休まらず、常に緊張状態。

 

人によってはこれが続くと心の病気になってしまう人がいます。

 

世の中の常識ではお金を稼ぐためには、長時間働き、時給単価の高い仕事をすることだと思われています。

 

しかしこのやり方で行くと、お金は稼げるようになっても自由になることは出来ません。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

長時間労働をして稼ぐという呪縛からの解放

 

バイトもそうですが、長く働くから稼げるという思い込みに僕らは支配しています。

 

社会的に階級が高いと呼ばれる人達を見て下さい。

 

弁護士、国会議員、医者、上場企業経営者。

 

皆朝から晩まで働いています。

 

そしてあなたの親もおそらく朝から晩まで働く生活をしていたのではないでしょうか?

 

僕らは子供の頃から働くというのはとても大変なことで、朝から晩までヒーヒーいいながら仕事をすることでお金を稼げるのだと錯覚をします。

そして自分が高校生になる頃にはアルバイトを経験して、時給というものを体験する。

 

時給というのは1時間働いたらいくら払うという給与体系で、高校生のタイミングでこのシステムを体験してしまうと、たくさん働くから多く稼げるというパラダイムに思考が支配をされてしまいます。

 

そういう人が大人になると、長時間労働をする事でしかお金は稼げないと信じこんでしまうのです。

 

長時間労働で自分の収入を上げるたった一つの方法

 

では長い間働かずにどうやって稼ぎを伸ばしていけばいいかというと、

自分の時間あたりの報酬単価を上げて、自動化する事です。

 

自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作り、

自分の価値を高めることで高い報酬を稼ぐことが出来るようになります。

 

そんな事出来るの?って思うかもしれませんが、

自分は今実際に出来ていて、仕事をしていなくても勝手に営業がされて、勝手に商品が売れて、勝手に収益が上がっています。

 

ただ、このやり方は僕だから出来たというのもあるので、

もっと現実的なやり方を皆さんには提案をします。

 

どういう提案かというと、せどりですね。

ここから入ってもらい、バイトや会社以外から稼ぐスキルを身に着けます。

 

そしてそこで自分でお金を稼ぐ自信、効率化をして限られた時間で多くを稼ぐ経験をして欲しいです。

 

それが出来たら次にアフィリエイトをやります。

アフィリエイトは結果が出るまで時間がかかるのですが、半年から1年ぐらいコツコツやると稼げるようになります。

なのでせどりで稼いだお金を使って、ライターさんを雇い、組織化をしながらサイトを育てていきます。

 

それも出来たら僕がやってるような情報発信にシフトしたら、長時間労働によって稼ぐというルールからは完全に開放をされます。

 

まとめ

 

夏のバイトを探している人は、自分がバイトをして何を成し遂げたいのかを考えましょう。

仲間づくりや恋人づくりが目的であればバイトは悪く無いと思いますが、純粋にお金を稼ぐという目的であればコスパは悪いです。

 

自分でお金をゼロから稼ぎ出す力を身に着けていくことを僕としてはおすすめします。

 

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す