年収1200万を超えてからのお金の守り方、使い方

年収1200万

 


この記事の所要時間: 529

こんにちは、細野です。

 

今回から経済的に豊かな人に向けて情報発信していきます。

 

今までと異なり明らかに生活基盤や普段の質が高いという方に向けて

話をしていきます。

 

お金もあるし投資も出来るし、行動に余裕がある。

そういう方向けの記事ですね。

 

元来僕はこっちのほうが得意なんでよろしければお付き合い下さいませ。

 

年収1000万を超えてからのお金の割当

 

年収が1000万を超えてくると生活で不自由をする側面はないと思います。

 

しっかりとキャリアを積んでいけば決して不可能な数字ではないし、

世帯年収という目標にすればハードルはとても低いです。

 

旦那さんの年収600万、奥さんの年収400万。

これで世帯年収1000万ですから、大都会に住んでキャリアップしていけば

全然不可能な数字じゃない。

 

仮にこの数字行かない人でも、このサイトで散々語っているように

ネット副業やれば世帯年収1000万は行けます。

 

じゃあ年収が1000万超えてきたらどういった所にお金をつかうといいのか?

 

恐らく大半の人にとって出てくる選択肢が投資ではないかと思います。

 

中でもお金さえ出せば物件選定をミスらないかぎり増えていく不動産投資は

とても人気が高いです。

 

年収が600万を超えてきた当たりで銀行から引っ張れる融資が増えてくるので

今ラインを超えた当たりですでに融資を受けて投資をした人もいるのではないかと思います。

 

ただそんなことをやっても得られるリターンというのは年間5%にも満たないのではないかと思います。

 

もちろん完全自動でこの数字が入ってくることを考えれば

ダメではないのですが、それにしてもしょぼいリターンです。

 

僕であれば同じ資金を株式に回して、仕組み化をし、

年利2%から3%程度で手を打ちます。

 

リターンが小さいものはこれぐらいの回転でいいのかなと。

 

じゃあ何にお金を使うかというと、

ビジネスです。

 

月利30%が当たり前の世界

 

ネットビジネスをやると月利30%は当たり前に出ます。

 

これは僕が一番最初に提案している転売というやり方なのですが、

すでに時間的自由を獲得できてる人は一度取り組んでみて欲しいです。

 

どのようなものかというと世界の商品を商品登録して

在庫を持たずに転売するというもの。

 

どこにいても実践できるので、

旅行しながら稼げるビジネスです。

 

毎月のリターンは作業量と入れたお金に応じて変わってきますが、

やればやるほど稼げるようになっていきます。

上限がありません。

 

その代わり最初から大きく入ってくるわけではなく、スキルアップして

組織化していかないとダメです。

 

極めた先の世界として月に月収100万ぐらいですね。

もっと上も全然行けると考えていますが、まずはこれぐらいを基準に目指しています。

 

金持ちはもっと金持ちなれる

 

お金持ちがさらにお金持ちになるというのは

当たり前すぎる摂理です。

 

年収1000万に達する人というのはどんなジャンルでもプロフェッショナルな人達です。

自分の発言と行動に責任をもってやってきたから日本のトップ5%に入ったわけです。

 

そんな優秀な人達だからこそ、もっと上のステージに進む資格があるし、

夢を見せていってあげて欲しいなと思います。

 

1000万から先の世界は1000万に至るまでよりも遥かに加速感を持って

成長をしていくことが出来ます。

 

使えるお金も経験も知識もある。

そして余裕があります。

 

失敗も許容できますから、どんどんチャレンジやって伸ばしていきましょう。

 

手堅い不動産投資とは

 

それでも不動産がいいぞって方のために、より掘り下げた情報を出しておきます。

 

日本でこれからのマーケットでも稼げるのはボロ屋と競売の2つだけです。

この2つに取り組み、民泊(エアビー)なども視野に入れながら回していきましょう。

 

一棟丸ごと買う方法は購入価格の時点で大幅に割高なのでおすすめしません。

 

 

一番のおすすめはSP500

 

色々な投資を経験してきて一番手堅いのはSP500です。

日経よりも回復までの期間が短いですし、アメリカという風土から新しい企業がどんどん生まれていきます。

 

ネットサービスの世界で覇権を取っているのは全て米国のサービス。

何もない所から新しいものが生まれるカルチャーがあるためこのような事が起きていきます。

 

競争もとても厳しい場所ではありますが、競争するからどんどん良いものが出てくる。

そんなアメリカという国の代表的な銘柄500個に投資できるSP500は今後も有望であると考えています。

 

収入が足りないと感じる時

 

会社員として年収1000万以上を貰える人はかなり限られてきます。

この段階でも足りないと感じてしまう人は生活水準が高すぎる可能性があります。

 

これより上に行こうと思ったら独立してやっていくか、さらに上の役職に昇進するしかありません。

どちらもハードルは非常に高いですね。

 

狙えるなら狙ってくれて結構ですが、僕であれば副業をここで始めます。

その副業も不動産投資のような初期投資を求められるものではなく、資本や在庫を一切求められないビジネスを実践していきます。

 

具体的には無在庫転売かアフィリエイトをやっていきます。

僕のおすすめは無在庫転売です。

 

興味がある方はメルマガに登録下さい。

この無在庫転売を極める最強の企画をご案内します。

 

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.