世帯年収800万のための生活再構築法。年収を上げても実は…

 

この記事の所要時間: 630

こんにちは、細野です。

 

最近僕のメルマガに登録してくれた人で、

世帯年収が800万を超えているが、

生活がカツカツという人がいました。

 

世帯年収が500万にすら満たない人から見たら意味不明だと思います。

 

しかしこれぐらいの年収を得ている家庭が実は一番しんどい思いをしているというのが

世の中の実態なのです。

 

今日は世帯年収が800万を超え始めた人たちがハマる罠と、

その抜け出し方について解説をします。

 

年収が上がると陥る罠

 

お金持ちになりたいと思ったときに年収を上げるというのをイメージする人は少なくないと思います。

 

ネットビジネスで言うと月収を上げるという目標ですね。

 

ところが実際に僕が教えて来て、月収や年収が上がっても

人生が変わらず、むしろこの人お金が稼げないほうが幸せだったんじゃないか?と思う人が出始めました。

 

これは実際に自分が経験をしてみて感じた、とても不思議な現象なんです。

 

なんで稼げたのに、この人のステージは上がっていないんだろう?

最初は意味不明でした。

 

浪費と投資

 

年収が上がり始めた人がやりだすのは、浪費活動を加速させてしまう事です。

 

例えば上がった信用を元手に銀行から借り入れをして新築マンションを買う。

 

会社員であれば自分の年収の5倍から6倍程度の借り入れをする事が出来ますから、

年収が500万あれば2000万から3000万の物件を購入することが出来ます。

 

奥さんも仕事をしている場合であれば、二人の収入を合算し、それに対して借り入れをすることで、

世帯年収が800万を超える場合、4000万、5000万の物件を購入することも可能になってきます。

 

ところがこういった物件に手を出してしまうと、

借りたお金を返すために働き、

日々大きくなっていく子供の教育費、

車のローンなど

出ていくお金がどんどん加速をしていってしまうんです。

 

車は自分の年収の3分の1が相場と言ったりしますが、

これは自動車販売会社が作り出した幻想です。

 

年収が800万しかない人が、250万から300万の車を買えば、

それを維持するためにお金がまた発生しだします。

 

何よりも致命的なのは車は資産ではなく負債なので、

買った瞬間に値打ちが下がり、

使っても使わなくてもお金がかかるという事。

 

そしてこのぐらいの生活水準の人は

自分たちは人並み以上にお金を稼いでいるという感覚を持ってたりするので

見栄っ張りであることが多いです。

 

現実には世帯年収800万なんて金持ちでもなんでもないですし、

家のローンに子供の教育費にヒーヒー言ってる人たちなんです。

 

ですから、僕がそういう人に言いたいことは

身の丈にあった生活をしろというもの。

 

これはもう何度でも声を大にして伝えていきたいことです。

 

そしてもう一つ大事なことは、お金の使いみちは長い目で見たときに

自分を成長させてくれたり、キャピタルゲインやインカムゲインを生み出すものにだけ使えという事。

 

僕がゼロから成り上がり、資産を右肩上がりで増やし続けることが出来るのは

この考え方を身に着けているからです。

 

今までは慎重すぎる姿勢で投資というのはやってきましたが、

これからはフルスイングで自分の成長と資産成長にコミットメントをしていきます。

 

僕がお金を浪費に使うということはないです。

 

一時期浪費に近い経験もしてみようと思ってやった事があるのですが、

楽しくなくてすぐに辞めてしまいました。

 

それよりもお金がお金を生み出すフロー、

価値が次の価値や学びを生み出すフローを生み出すことのほうが楽しいので

そちらをずっと続けたいと思うようになったのです。

 

人生で所有する必要がある物は限られる

 

仕事に家庭にヒーヒー言っちゃってる世帯の人は

遊ぶ暇もあんまないし、浪費しても大したストレス解消にはならないのだと気が付きましょう。

 

300万出して買った車乗ってますか?

 

子供の送り迎えのために車を買うと言いますが、

こんなの代行してくれる会社がありますからね。

 

都心に住んでいるのであれば車を所有する必要など皆無なのです。

 

家もそうですね。

 

最近リノベーションのセミナーに参加してきたのですが、

2000万、3000万で手に入る家というのはたかが知れています。

 

夢が全くないのですが、新築で2000万で買う家もそうです。

 

確かに所有資産として自分の名義にはなるかもしれないけれど、

場所からの自由を失いますし、

固定資産税や修繕費用など

何もしなくてもお金が色々とかかってきます。

 

骨を埋める場所を決める年齢であれば別ですが、

20代、30代、40代で住む場所を固定する必要はないと思います。

 

自分の能力と才能が最大化する場所に居を構えるべきであり、

ライフスタイルの変化とともに住む場所も自由に移動をしていくべきだと思います。

 

今は情報も豊富なので、移動をする決断をするのも簡単になっています。

 

合法的に節税をし、資産を作るには

 

会社に勤めながら今の生活を頑張るだけでは、お金持ちになることは出来ません。

 

なぜならば年収を上げても、所得税が上がってしまうので

資産の成長曲線は加速をしないからです。

 

自分の会社を持ってる人たちは、これを会社からの配当で受け取ることにし、

給与を少なく設定します。

 

そうすると所得で申告をすれば40%以上持っていかれる税金を、

配当取得という形にすることで20%にする事が出来るので

節税ができる。

 

会社員だとこれが出来ないので、常に自分が得た富に対して

最大値で課税をされてしまうわけです。

 

そんな財政状況の中、車だー家だーと、目減りしていく負債にお金を使ってしまったら、

生活が苦しくなるのはもちろんの事、お金持ちになるなど夢のまた夢。

 

次の10年を形作る種まきをしているか?

 

結局の所、人生とは作っては壊し、壊しては作りの連続なのだと思います。

 

そして常に次の未来を作り出すための行動、投資など、未来に向けた種まきを続ける人だけが、

収穫を得ていくし、右肩上がりの成長を実現するのです。

 

僕が普段から自分の成長のために投資できないやつは一生貧乏だと言っているのは

こういう事です。

 

人間は進化するか側か淘汰する側のどちらかに属すのだから、

進化する側に回らない限りジリ貧になっていくに決まっているのです。

 

そして進化する事とは変化に対応することなので

昨日の快適さを手放して、未来のために戦うという選択をしなければならない。

 

小銭を稼いで悦に浸ってる暇などないのですよ。

 

僕自身もこれを加速させるために日々努力をしています。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す