年収300万以下のオワコンライフを終わらせる方法

 

この記事の所要時間: 526

こんにちは、細野です。

 

僕は大学を卒業してすぐに月に50万以上稼げるようになりました。

だから年収が300万とか、それ以下の生活って全くイメージが出来ません。

 

どうやったらそんなに低い年収になるの?って思ってます。

 

正直僕に言わせると年収400万でも相当厳しいんですが、

今回は20代前半でまだ収入が少ないという人向けに

年収300万の人の戦い方を語りたいと思います。

 

30代で年収300万はさすがにいないと思いますが

読んでいたら完全に詰んでいるんで危機感持ってやっていきましょう。。。

 

20代前半で年収300万はOK

 

何やら暗い話題で始まりましたが

僕は年収300万の人を否定しているわけではありません。

 

若い時はこんぐらいだと思うし、

それで十分だと思います。

 

年収300万では結婚はまず無理ですが、

1人で暮らしていくだけなら回りますからね。

 

そうは言っても生活がカツカツであることに変わりはない。

 

じゃあどうすりゃいいのよ?

それに対する僕なりの回答をしていきます。

 

年収300万への処方箋その1:実家または寮で生活をしろ

 

年収が300万前後、あるいはそれよりも低い場合は

贅沢というのは出来ないです。

 

派手な生活してーなと思うかもしれませんが、

出来ないです。

 

そういう稼ぎしか無いのだから。

なのでまずそれを受け入れます。

 

その上でどうすればいいかというと、

普段生活していく上でかかるコストを削減します。

 

例えば僕がビジネスを教えていた人の中で

会社の寮に住んでいるという人がいた。

 

彼は月の家賃が5,000円でした。

会社が最低限のコストで住まいを提供してくれているのです。

 

こういう制度はどんどん使っていくべきだと思ってます。

 

そりゃ家に帰ってまで近くに職場の同僚がいるのはしんどいと思うよ。

 

けどそのデメリットを上回る、家賃がほぼゼロという魅力があり、

職場までも近いというおまけまでついてくる。

 

若い時は多少きつい経験でも耐えられるので

若い今だからこそ寮という環境で自分を磨いていきましょう。

 

実家に住める人は実家暮らしをしましょう。

 

世の中には一人暮らししてないと二流みたいな風潮がありますが

ぜんぜん二流じゃないです。

 

そんなこと言ってる人は貯蓄もないし、

自分の人生を自分でコントロール出来てない人がゴロゴロいます。

 

なのでこういう批判はガン無視してよろしい。

 

実家に住むことで、食費や通信費、家賃といったコストをほぼゼロにできるので

その分を貯蓄、勉強、投資に回せます。

 

生活のコストを下げるアイディアは色々ありますが、

通信費や電気代などは、自由化の影響で安くする事が出来るようになりました。

 

例えば通信は光回線とMVNOを使うことで

家族4人とかで使っても1万円程度にする事ができます。

 

電気代も自由化によって、自分の住んでいる地域、

他のサービスとの併用で安くすることが可能なはず。

 

家の照明をあなたが稼いだ給料を使ってLEDにしてあげたり、

古くなったトイレのリフォームをあなたのお金でやったり、

車や自転車のメンテナンスをあなたが担当したりと

家庭に貢献できる仕事はたくさんあります。

 

きっとこういう事をあなたが名乗りでて担当することに

あなたの両親は喜んでくれるはずです。

 

そしてあなた自身もキャリア、プライベートを充実させて

家族だけでなく社会に対しても貢献できる人間になっていきましょう。

 

年収300万への処方箋その2:今の仕事の将来性を見極めろ

 

今仕事をしている人は、その仕事で自分がどこまでの成長ができるかを見極めて下さい。

 

ブラック企業や責任の重い仕事に就いても収入が上がらないなら

その会社にあなたの時間と労働力を提供するのは

割の合わないゲームになります。

 

なので早めに見切りをつけ、転職するなど

若いうちに手を打つことをおすすめします。

 

将来性がある業界というのは見極めが難しいですが、

いくつか僕の視点を提供しておきます。

 

今後儲かる業界その1:その業界のシェアを独占しているニッチ企業

 

マイナーなジャンルでシェアを独占している企業というのは

非常に手堅いビジネスモデルだと考えています。

 

マイナーなので大手も参入してこない。

けど着実に需要がある製品やサービスを提供している。

 

そういう会社って普通にたくさんあり、

就職する難易度もそこまで高くなかったりする。

 

経営者と社員の距離も近くて

社員を大切にする風土もあるので

仕事頑張ろうて気持ちにもなりやすい。

 

なんで、会社の規模ではなく

ビジネスモデルとその堅実性に目をつけるというのは

いいアイディアだと思います。

 

今後儲かる業界その2:社会の課題を解決するサービスや商品を提供する会社

 

子育て中のママが働ける職場環境を作ったり、

子育てしている母親と子供が働けるシェアオフィスを作っている会社。

 

こういった社会的な課題を解決するビジネスモデルを持っている会社は

今後伸びていきます。

 

今まで皆が悩んでいたんだけど、解決できずに困っていたことを解決してあげる。

これほど付加価値が高い仕事ってないと思います。

 

なのでそういうビジネスモデルを持っている会社に就職というのは

非常に良い視点だと思います。

 

年収300万への処方箋その3:ネットで副業をやれ

 

処方箋その1とその2を実行しながら副業をやっていきます。

 

インターネットで物販とアフィリエイトをやって、

稼ぐスキルを磨く。

 

その流れはこの記事で話しているんで、読んでくださいな。

 

まとめ

 

あなたが今20代前半で年収300万以下なら全然凹むことないです。

そこから伸びる余地がありますので、挑戦をしまくり成長に100%集中しましょう。

 

20代前半でどれだけ攻めていけるかで、

20代後半の伸びしろが変わるし、

20代後半の伸びしろで30代以降の人生が決まってきます。

 

ここを考えずに適当に生きて人生詰んじゃったみたいな人がゴロゴロいるので

あなたはそういうしょっぱい人にならないように

堅実にやっていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す