美容師が副業で稼ぐ最善の方法。時間がなくても取り組めるやり方とは?

 

この記事の所要時間: 68

こんにちは、細野です。

 

今回は美容師の人が本業とは別に稼いでいく方法、

そして最終的には今の仕事を継続しつつ収入を上げる方法について語っていきます。

 

美容師というビジネスモデルの限界(旧世界のロジック)

 

そもそもなぜ美容師の人達が副業を考えなければいけないかというと簡単で、

彼らの労働時間はとても長く、その割に給料が安いからです。

 

彼らの平均年収は274万円と著しく低く、

この年収だと結婚できないし、独立しようにも資金も貯めることが出来ず

絶望的な経済状況です。

 

また昇進をして店長になっても

責任が重いにも関わらずたったの35万円しか貰えず、

独立して成功しても店長職で月収50万。

 

オフラインでお店を運営して稼ぎだすのって

ものすごく大変な事です。

 

ネットビジネスをやっている僕と異なり

大きなリスクも背負っているし、

お客さんが来なくても莫大な維持費というのがかかります。

 

実に割の合わない仕事です。

 

もちろんお客様の世界観を実現するという

他の仕事にはないアーティスティックな要素、

やりがいはある仕事です。

 

ただやりがいだけでは飯は食えないですよね?w

 

結婚したいですし、車買いたいですし、

家も買いたいわけです。

 

だけど無理です。

もうそこには絶望しかない。

 

美容師という立場を利用して金を稼ぐアイディア

 

美容師という職業はその特性から

普通の人が知り得ない情報にアクセスできる立場にあります。

 

例えば頭皮のマッサージ方法というのは

多くの人が興味がある事だけど

普段の生活でどうやってやていけばいいのかわからない人が多いです。

 

なので美容室に行った時にお願いをして

マッサージをしてもらってる人が多いと思います。

(僕もそうです)

 

じゃあそういった情報を動画で解説してあげたり、

記事を書いて公開したらアクセスが集まりますよね。

 

そこでサプリメント紹介したり、

パック紹介したり、

青汁紹介したりとやれば

少ないアクセスでも商品の成約を取ることが出来ますよね。

 

いわゆるアフィリエイトをやって稼いだらどうですか?って話です。

 

さらに僕であればこの活動とは平行して、

会社で購入できるサプリメントや化粧品を

Amazonで転売するという活動をやります。

 

これは社員割引という制度を使い

何をいくらで変えるかを調べておき、

会社を取引先として納品をしてもらいます。

 

納品書、領収書、請求書の3つを揃えて

その書類をスキャンしてAmazonに送ります。

 

そうすると販売許可というものがもらえるので

その許可が出たらAmazonに化粧品やサプリメントを出品していきます。

 

売れ残るのは嫌だと思うので、売れる商品をこのやり方で分析をして

確実に売れる商品を仕入れて販売していきます。

 

 

アフィリエイトとこのやり方だけで

月に10万ぐらい軽いと思います。

 

副業で年収600万、本業で年収250万。世帯年収1000万。

 

僕が考える美容師の理想的なキャリアパスとしては、

まずは副業でお金の問題を解決するという流れです。

 

転売もやりつつ、サイトを育てて

ほったらかしでもお金が入ってくる仕組みを作ります。

 

1人だけで作るのは難しいですが

ライターさんを雇ったり、出品スタッフを雇うことで

激務でも自分のビジネスを育てていくことが出来ます。

 

これを半年から1年ぐらいやれば

月に30万から50万ぐらいは稼げるようになるはずです。

 

美容師としての給料も入ってきますから、

副業でお金の問題を解決し、本業ではお金のためではなく

やりがいやスキルアップを目的として取り組んでいきます。

 

美容師というビジネスモデルの致命的な欠陥は

稼げる金額に常に上限があるという事です。

 

お店に来店して下さるお客様の数、

そして顧客単価。

 

これを超える以上のお金というのを稼ぐことが出来ません。

 

そして雇われる立場であれば、給与というのは殆どといっていいぐらい上がらないので、

経済的に美容師として成功するのはとても難しい。

 

ですから、本業でお金を稼ぐという思考ではなく、

お金のことは副業で解決するという考え方でやっていきます。

 

ちなみに年収が500万ぐらいあれば

結婚をしてもやっていく事ができますので

この段階になればお金の心配や不満というのはかなり少なくなってくると思います。

 

店長と同じレベルの生活水準になるわけですからね。

 

イメージ出来ない人は店長がどういう生活をしているかをみれば

年収500万〜600万の生活水準というのが見えてくるはずです。

 

稼げない仕事だからって失望する必要なんてない

 

 

確かに統計的に見れば美容師というのは稼ぎにくい職種なのかもしれません。

 

ただ僕は美容師さんがいるから、自分の髪型を維持できるし、

僕の魅力を世界に対して発信することが出来るんです。

 

僕にとって美容師という職業は必要な存在ですし、

いつもカットしてくれている美容師さんには感謝をしています。

 

なので稼げないからという理由で美容師の世界を去っていくというのは

とてもさびしいなーと感じています。

 

お金の問題でそうなるなら、お金の問題を解決してしてしまえばいいだけなんで

こうして情報を発することで

1人でも多くの人が夢を諦めない人生を歩んでくれればって思います。

 

アフィリエイトや転売を覚えた先にある未来

 

アフィリエイトや転売なんてやりたくねーよ。

 

これは正直な感想だと思います。

 

はい、わかります。

やりたくないですよね。

 

けどこれをやった先にどういう未来があるかってのを

ちょっと考えてみて欲しい。

 

例えばアフィリエイトを覚えると

ネットから集客ができるようになります。

 

美容室ってどんなお店でも集客に一番困ってます。

 

じゃああなたが会社に提案をしてウェブ集客を担当し

集客をやってあげたら感謝されますよね。

 

そこで実績を作って美容室専門集客コンサルタントになってもいいし。

 

ネットビジネスなんてやってらんねーよと思いシカトする人を横目に

こういう仕組みを作っていけば大きな可能性が待っています。

 

お金も稼げるようになりますし、

やりがいもありますし、

人から美容師と同じぐらい感謝される仕事にしていく事が可能です。

 

まとめ

 

僕は美容師という職業は社会的に尊敬され、

やりがいも名誉も得られる仕事だと思ってます。

 

僕が僕という人間を表現できているのは

美容師さんが僕の髪をカットしてくれているからです。

 

そんな美容師の人達に金が稼げないという

あまりにも低次元すぎる理由で

キャリアを断って欲しくないです。

 

本業で稼げないなら副業で金を稼げばいい。

本当にこれだけなんです。

 

お金の問題を解決して、ハイレベルな価値提供が出来るようになったあなたと

いつかお会いできるのを楽しみにしています。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

1 個のコメント

  • より:

    これからアフィリエイトを始めようと思っている美容師です。将来の事を考えて年収を増やしたいです。美容師では限界がありますから。
    初心者なので勉強させていただきます。

  • コメントを残す