せどりで60代が稼ぐために必要な素質やその補い方

 

この記事の所要時間: 515

こんにちは、細野です。

 

今回は60代の方がせどりで稼ごうと思った時に

どういった事に気をつけていけばいいかというのを語ろうと思います。

 

60代となるとかなり高齢な部類ですが、

ポイントを抑えることにより問題なく稼いでいくことが出来るようになります。

 

ですので、今回は60代に特化をして60代がせどりで稼ぐために何をしなければいけないかを

掘り下げて書いていきたいと思います。

 

60代と50代、40代の違いって?

 

40代、50代が現役バリバリで働いているのに対して、

60代となると定年退職、引退後の生活を考え始める時期です。

 

体の無理も40代の時や50代に比べると効かなくなってきているので、

体力ありきの働き方だけでは限界があります。

 

残念な事にせどりは肉体労働の側面が大きい稼ぎ方なので

年齢的なハンデは不利に動きます。

 

なので、大きく稼ぐというのは難しいと考えたほうが現実的かもしれません。

 

ただ堅実に稼ぐことは可能なので、

その辺りについて掘り下げていきたいと思います。

 

最初のステップはノウハウと思考への投資

 

せどりという言葉が有名になり、多くの人がこの市場に参入をしてきました。

 

あなたの子供や、孫までもがせどりを知ってやっていてもおかしくない時代になっています。

 

そんな時代に60代が対等に戦っていこうと思ったら、

体では勝てないので、知識や経験で勝負をしていかなければなりません。

 

言うなればこれまでの人生経験を活かし、知識や経験をお金に変えていくのです。

 

そうは言っても我流で取り組んで結果が出るはずなど無いので

まずはしっかりと仕組みを作っている人から出来れば直接習います。

 

こうすることで、今のあなたに最適化された知識を直接会って伝授してくれる人を確保できます。

 

大半のケースであなたよりも若い人が先生になると思いますが、

プライドを抑えて、言われたことを実行する努力をしましょう。

 

3週間ぐらい行動を継続すると行動習慣が形成され、

半年継続すると思考習慣が変わっていくと言われます。

 

せどりに限らずお金を稼ぐためには

最終的には思考習慣を変えなければいけません。

 

この思考習慣の事をマインドといいます。

 

ですので、ノウハウとマインドを同時に教えてくれて

強固な仕組みを作っている人から直接学ぶというのが

最短ルートでせどりで稼ぐ解決策になります。

 

60代でも稼げる体を作る

 

せどりは肉体労働なので、体力をつけることがとても大事です。

 

体力をつけるには食事量を減らし、筋トレをするのが一番有効です。

 

食事を減らすこと(1日に2食を目標に減らしましょう)で体の細胞が活性化をし、

筋肉をつけることで負荷に耐えられる体が作られます。

 

週に2回程度で良いのでスポーツジムに通い運動をする習慣を身につけましょう。

 

それを半年ぐらい続ければ、基礎的な体のベースが出来てくるはずです。

 

人脈を収益化する

 

年齢が上がることで強みになるのは、これまでの人生で築き上げてきた人脈です。

 

せどりをする際には、単調な反復作業が多いため、

手伝ってくれる人を確保するのが非常に大切です。

 

なぜならすべての作業を自分でやっていては効率が悪いからです。

 

ただでさえ体力では勝てないのですから、

組織化をする事で少ない労力や限られた時間で

稼げる仕組みを作っていくというのが大事になってきます。

 

仕事を割り当てるのは会社でもやってきた作業なので

割りとスムーズに出来ると思います。

 

昨今ではインターネットで人材を募集することも簡単になりましたし、

家族や親戚、近所の人、友人に仕事をお願いしてもOKです。

 

家族ぐるみでせどりをやるのが当たり前の時代

 

特別な能力や才能がない人でも稼げるのがせどりです。

 

多くの人を今まで教えてきましたが、正しいノウハウをちゃんと学んで

習ったとおりに行動した人は皆稼げるようになりました。

 

年齢も性別も、住んでいる地域も関係なかったです。

 

こんな稼ぎ方は他にないと思います。

 

それぐらい抜群の再現性があるせどり。

 

60代となると家族や子供も大きくなり、

子供も会社の給料が上がらないなどお金に関する悩みを抱えているケースが多いと思います。

 

家族でせどりに取り組み、お父さんと息子さんが仕入れをやり、

お母さんと息子さんの奥さんが出品作業をやる。

 

こういった分業をすることで、今の会社に勤めながら

年間で300万〜600万程度の収入を得る仕組みを作っていくことが可能です。

 

大金持ちにはこれだとなれないかもしれませんが、

会社からの収入もこれとは別に400万とか600万とか入ってくるし、

奥様がパートの仕事をされていれば年間で100万程度にはなるはずです。

 

こういったものを複合的に管理していくことで

夫婦単位だけでも世帯年収600万は当たり前のように突破するし、

親子世代で取り組めば世帯年収1000万、1500万は難なく突破できます。

 

さすがにこれだけお金が入ってくる仕組みがあれば

あとは質素な生活を継続していくことで

お金に不自由してしまうことはないのではないでしょうか?

 

前述の減食と運動を繰り返すことで健康状態も激的に改善されますので、

入院をするリスク、発病をするリスクも減らすことが出来ます。

 

もしお酒やタバコをやるという場合は、その数を減らしていくことで

さらに健康的になっていく事が可能です。

 

まとめ

 

60代だけど稼げるかな?と不安になっている方に

解決策となる記事を目指して今回は書きました。

 

楽して稼げるわけではありませんが、

しっかりとやるべきことをやれば

せどりは結果が出ます。

 

もし今回の記事を読んでせどりをやってみようかなと思った方は

僕のメルマガに登録をして下さい。

 

今回書いたことを実践する上で最高のノウハウとマインドを提供する企画を案内します。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す