せどりで副業専業関係なく50万以上の利益を稼ぎだす流れ

 

この記事の所要時間: 448

こんにちは、細野です。

 

せどりで稼ぎたいって人に「いくら稼ぎたいんですか?」って聞くと

30万とか50万って言う人が多いです。

 

この数字は専業だったら一瞬で到達するのは言うまでもなく、

兼業でも効率化をして仕組みを作っていけば到達可能です。

 

今回はせどりで利益50万以上をコンスタントに出し続けるために

やらなければいけない事、知っていないといけない事をまとめます。

 

利益が伸び続ける人、頭打ちになる人

 

せどりをやっていく上で、2つのタイプの人がいます。

 

厳密には稼げない人がいるんだけど、稼げない人は我流でおかしなやり方をしているだけなんで

ここではスルーすることにします。

 

ここでは塾や教材などで再現性があるノウハウを学んでいる人に限って

伸びる人伸びない人について掘り下げていきます。

 

まず伸びる人というのは、利益が出る仕組みをいくつも増やしていく人のことです。

 

例えば回転商材というものがあり、これは仕入れたら一定のスパンで安定した価格でいく商品のこと。

 

こういった商品をどんどん増やし、仕入れに行く時は在庫切れになっている回転商材を拡充して

確実な利益を確保しつつ、新規の商品を増やしていくスタイル。

 

こういった所まで行くことで月の利益を確保しながら

より上のステージを狙っていけるわけです。

 

ただこれだけだと稼げる金額に限界があり、

頭打ちになってきます。

 

人に任せるという視点

 

一方で毎月の利益が頭打ちにならずどんどん伸びていく人というのは

自分がやらなくてもいい作業を人に任せていきます。

 

せどりであれば、価格改定、出品納品作業、顧客へのメール送品。

 

こういったものは自分がやっても

他人にやらせても変わらない作業なので

人にどんどん割り当てて任せていきます。

 

そうすることで自分は仕入れという収益に直結する作業にだけ集中できるので

仕入れに使える時間が増えて、利益も伸びていくのです。

 

上手な人はこの仕入れの部分までもを人に任せて

自分が仕入れに行けない時も収益が発生する仕組みを作ります。

 

ネット仕入れではリサーチや、購入という作業を人に任せやすいので

電脳せどりをやっている人はこういった仕組みを作りやすいのでやっていくといいです。

 

店舗せどりは地域や、取り組み方によって差がつくので

人に任せるのは難しいじゃないかな?というのが僕の感覚です。

 

ただこれも信頼できる人を確保することが出来れば

任せることが出来るので

社員、アルバイトなど色んな業態を試し目指していくといいです。

 

僕はそこまでしてせどりを組織化する事に情熱を注げませんでしたw

 

どこまで組織化していくのかを考えよう

 

1ヶ月ぐらい社員と外注を入れて回してみたのですが、

出品や価格改定は組織化は簡単だけど

仕入れは難しいなと感じました。

 

もちろん何度も雇って教育して、

雇って教育してを繰り返せば

仕入れの全自動化も可能です。

 

そこはせどりを何のためにやるのか、

どこまで拡大するのかによって変わるので

自分が目指す目標から逆算して決めていきましょう。

 

僕のおすすめは2年から3年程度集中してやり、

出品スタッフ3人から5人、外注さん二人程度を回して

兼業で利益30万から50万、

専業で利益50万から100万を稼ぐ所を目指すというもの。

 

そして1000万から2000万程度の資金を作り

そのお金を使って次のステージに進むこと。

 

あんませどりって長くやることじゃないと思ってます。

 

僕は長くやりましたけど、正直おもしろくなかったし、

得るものよりも多く物を失ったので

(情報発信やアフィリエイトにもっと早くシフトしていたら、もっと成長出来た)

短期集中でやることをおすすめします。

 

時間を捻出する大切さを知ろう

 

専業の人は自分でやる作業を増やしても

時間の確保が可能ですが、

副業の人は時間捻出が肝になってきます。

 

単純に土日のどちらか片方しか仕入れに行かない人と、

土日両方仕入れに行く人との間には

稼げる金額に大きな差がついてきます。

 

だからこそ副業の人ほど人に任せる、

ツールの導入というのは重要になってきます。

 

というか必須だと思って下さい。

 

人に任せずに利益50万というのはちょっと僕はイメージ出来ないですね。

 

月に仕入れ8回、1回あたりの日給十万でも1ヶ月あたりの見込み利益80万しかいかないので、

売れ残るリスクも想定しつつ、回転や効率性が高い経営をしていかないと

副業で利益50万は無理でしょう。

 

まとめ

 

特別な能力や経験、年齢や性別、住んでいる場所に左右されずに稼げるのがせどりです。

 

月の利益が50万を超えれば、会社の給料とは別に収入が毎月50万底上げ、

仮に年収が400万程度でも、これだけで年収1000万突破です。

 

共働きの場合は世帯年収が1200万を超えてくるなんて人も

これからは普通に出てくるでしょう。

 

そういう世界を一握りの人だから行けるのではなくて、

誰もが目指せる。

 

そういうレベルまで現在のせどりのノウハウというのは進化をしています。

 

なのでそういったノウハウをしっかり学び、

行動を司るマインドセットを学び、

日々の作業を丁寧に正確に繰り返す。

 

当たり前すぎることを当たり前にやっていける人が勝つ時代です。

 

いつも言うことですが、個人が最も容易に成功できる時代が到来しているので

夢を持って頑張っていきましょう。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す