給食の仕事しながらせどり。時間捻出と在庫管理が副収入の肝

スクリーンショット 2016-04-06 13.23.57
 

この記事の所要時間: 637

こんにちは、細野です。

 

今回は副業としてせどりで取り組む上で大切になってくる事を語ってみたいと思います。

 

副業でハードルになること

 

副業で稼いでいく上でハードルになる事って色々あります。

 

会社にばれないかとか、家族の反対とか、資金の問題とか。

 

時間もそうですよね。

 

基本的には土日祝日以外は動けないので、

その限られた時間で効率的に稼ぐ道を模索しないといけない。

 

資金の問題は支出を減らして、ビジネスに回せるお金を作ってもらうとして、

問題は時間です。

 

時間は本当に大事です。

この世で最も価値が有ることだと言っていもいい。

 

だからこそ時間をショートカットできる知識、ツール、環境には投資をしないとダメです。

 

わからないなら自分で調べるより聞きに行ける環境を作るべきだし、

ツールなんてのは買えば誰でも手に入れられるのだから買えばいいですよね。

 

僕が見ていて成長が遅い人というのは

こういう決断を迫られた時に即断できない事が多いです。

 

決断を先延ばし先延ばしにしてしまうんですね。

 

一方で成長が早い人は即決即断です。

 

LINEで連絡くれる人も最初のメッセージでだいたいわかります。

 

この人冷やかしだなー、この人は本気度高いけどお金あんま持ってないんだなー、

メッセージや行間に全部覚悟や空気感が体現されてます。

 

その辺りは第六感で察知していくわけですけど、

大体当たりますね。

 

副業で稼ぐために超えなければいけないハードル。

 

時間捻出に関してはボトルネックを解消し続けて

1時間あたりのパフォーマンスを上げていくしか無いです。

 

メリハリを付けるということですね。

 

1時間で出来る出力が3であるなら、それを4にするためにどうすればいいかを考える。

 

そのために人も雇いますし、

ツールも使うし、

教えてくれる人を見つけるという作業が大事になってきます。

 

ここをミスるといつまで経っても結果出ないです。

 

せどりを1年とか2年やってるのに

月の利益が30万すら行かないという人は

大体このパターンじゃないですかね?

 

だらだらやるから結果も行動もついてこないんです。

 

そういう弱い自分を追い込むためには

無理やりやらざるを得ない環境に自分を追い詰めるしか無いです。

 

会社作ったら自動化成功

 

偉そうに言う僕もずっとステップメールが作れず

自動化が出来ずにいました。

 

でも2015年の秋に法人化をして

会社の業績を0期目で黒字にすると決めたら

動くようになった。

 

税理士も雇ってお金の管理も自動化をして、

納品スタッフや社員の雇用もしました。

 

社員は一ヶ月で辞めてしまいましたが、

人を雇ったことで学べることは大きかったですね。

 

経営の面白さも感じることが出来たし、

今後人を雇いたいという人にアドバイスをする事も出来るでしょう。

 

納品スタッフに関しては副業の人ほど雇わないといけないのに

やれというと行動しない人が多いですね。

 

自動化に興味が無いのか、

利益を底上げする興味が無いのか、

あるいはそもそも経営感覚がないのかわかりませんが

何かブロックがあるんでしょう。

 

その横で素直に行動をして雇った人は

売上が普通に1,5倍とか2倍になったりします。

 

(僕も仕入れスタッフと納品スタッフを100%稼働させた月は

普通に月利が100万超えました。)

 

これは今まで出品に使っていた時間を仕入れに回せるようになるのだから

当たり前の話なんです。

 

平日は家族や勉強をする時間、

ゆっくり休んで回復する時間に回せるので

メリハリが付くんですね。

 

こうやってテキパキ回すようになると

自分のビジネスというのは一気に拡大していきます。

 

 

せどりはライスワークに最適

 

目標とする金額や資産を作れるまでせどりを継続したら

その後は辞めちゃってもいいですし。

 

あくまでもせどりはお金を稼ぐための手段でしか無く、

人生をかけて取り組む活動ではないと思ってます。

 

飽きてきますしねw

 

ただ他の副業と比べて結果が出るまでの速度が早く、

仕組み化していくことで会社勤めをしながらでも

月に50万ぐらいなら問題なく行くので非常にコスパがいいんですね。

 

年収が500万ぐらいで頭打ちになってきた人であれば

せどりに取り組むことで年収1000万というのは1年もせずに達成できると思います。

 

年収500万ない人も資金を300万ぐらいまで増やせばいいんです。

 

働きながらせどりに取り組んで、資金を増やしつつ効率化しまくれば

そういう世界は普通に到達できる。

 

家族の協力を得る簡単な一言

 

家族にせどりを反対されたり、僕のコンサルに参加するのを邪魔される人は

せどりに取り組んで結果を出した先にある未来を語ってあげて下さい。

 

毎年1回の家族旅行でもいいし、

月に1回は家族で観光に出かけておいしい食事を食べるとか、

子供に家庭教師をつけるとか、

アクセサリーや服を買ってあげるとか

なんでも良いです。

 

生活費を今より1万円増やす。

こういう現実的な話でもいいです。

 

女の人は現実的に物事を見るので

こういう現実的な話をすると乗ってきてくれます。

 

ただ口先で毛ではなくちゃんと結果を出さないとダメですが。

 

在庫管理が最初から委託出来る時代

 

物を売る物販はレバが効かないというデメリットとは別に、

作業工程がとにかく多いという問題点があります。

 

サイトやメルマガだと一度仕組みを作ると

そこから先は放ったらかしておいても回っていくのですが、

物販の場合は作業を止めると売上は激減をします。

 

なので管理する仕組みが必要になってくるのですが、

在庫はアマゾン配送センターに送ることで手元に置かなくていい仕組みができますし、

価格改定も月に380円のソフトで自動化出来るわけですね。

 

これが最初から出来るというのがもはやチートレベルです。

 

楽すぎでしょw

 

僕が始めた頃はこういう仕組みがなく、

価格改定ソフトも月に5000円以上払ってたんで

今の環境は信じられないぐらい恵まれています。

 

その分競合も増えたのですが、勉強してない雑魚ばっかですので、

ちゃんとした環境でしっかり学び仕組みを作ったら

一瞬で抜き去ることが出来ます。

 

これから参入しても全然余裕ですよ。

 

横の繋がりとかなくても全然余裕で勝てます。

 

僕はせどらーの人との付き合いはないですけど、

問題なく結果を出してきましたし、

教えてる人にも結果を出させまくったんで

人脈とか一切いらないと思いますねー。

 

そういう意味で今の時代が最も容易に個人が経済的に成功できると

自信を持って言えるようになりました。

 

仕組みが全てであり、ノウハウを中心とした仕組みを提供してくれる環境を手にしたら

そこから先はひたすら右肩上がりのバブルの扉が待ってます。

 

その扉を開くのは僕ではなくて、あなた自身の決断と行動なんです。

 

やると決めたらだらだらやらずに、ここを一気に駆け抜けて下さい。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す