せどりラインチームはどこがおすすめ?必要?比較方法は?

スクリーンショット 2016-04-06 13.53.53
 

この記事の所要時間: 532

こんにちは、細野です。

 

今日はせどりのチーム(グループ)を探している人のために、

チームの実態と必要性について語っていきたいと思います。

 

結論:チームなんて要らねーからやるべきことをやれ

 

せどりのチームってものが流行りだしてから、

そういったものを冷ややかに見ていた僕は

いくつかのチームに入ってみました。

 

有名な人の所も行ったし、

実績はまだまだだけど特定のジャンルで突き抜けている人のところも行きました。

 

そうやって業界で開発されたノウハウを一式パクった時に思ったのは

チームに属してなくても無限にノウハウ作れるし、

チームでシェアされる話題も何が売れたとか、代行会社どこがいいかとか

レベルの低い話題ばっかで読む価値が無いなって事だったんです。

 

 

僕がチームを提供しない理由

 

僕は自分の企画の中でLINEグループやチャットワークのグループ、

フェイスブックページといったものを提供していませんが、

その理由は明確です。

 

その種のものを提供することが自分の顧客にとって害悪になると考えているからなんです。

 

僕らがビジネスに取り組むのは慣れ合いをするためでありません。

 

ビジネスを通じて結果を出し、

その先のステージに進むためです。

 

せどりをやりたい人なんて一人もいません。

アフィリエイトやりたい人もいない。

 

情報発信なんてもっとやりたくないw

 

だけど自分の夢を実現するためにやらないといけないからやるんですね。

 

そしてやるからには徹底して勉強をし、

行動をしまくり検証をしていく。

 

この繰り返しなわけです。

 

雑魚と戯れている時間は1秒たりともないわけですよ。

 

帰属意識を悪用された人の末路

 

仲間を作って一緒に頑張りたいと思うのは

人間の基本的な性質でもあります。

 

ただ帰属するにしても大切な視点というのは

誰とやるかという事です。

 

慣れ合いしている人達と付き合って成長しますか?

 

そうじゃないですよね。

 

扉を開き、人生を変えるのは自分自身なのですから。

 

僕は最近はチームよりも、勉強会というものを重視していて、

メリハリをつけた交流の場を作っています。

 

レベルの低い議論を毎日するよりも

質の凝縮された体験価値を1日にしたほうが

成長曲線は飛躍的に伸びていきます。

 

その最たるものが仕入れツアーであり、コンサルなわけですが、

それは参加できる人が限られるので

バランスをとるために勉強会を作りました。

 

これであればより多くの人に参加してもらえて、

参加者の人が抱えている課題を一気にまとめて解決できます。

 

他の人の課題も知ることで自分が同じ状況になった時に

どう対処すればいいか勉強になりますし。

 

この勉強会は僕の運営している企画に参加している人と

和佐大輔さんと共同で運営をしているライスワークラボに参加してくれた人だけが参加できます。

 

もし興味がある人がいたら、まずは僕のメルマガに登録をしておいて下さい。

 

ライスワークラボは半年に1回しか募集しないので

すぐに学びたい人は企画に参加するのがおすすめです。

 

 

有意義なチームの見極め方

 

もしどうしてもチームに入りたいと思うのであれば

そのチームの規模を見るといいです。

 

質の高い議論がされるチームチャットは少人数制です。

少人数というのは15名以下のことを指します。

 

数百人単位のチャットは発言する人が限られて

古株同士が仲良くして慣れ合いコミュになってしまうんですね。

 

なので規模が小さなコンサル生限定のチームだったり、

マンツーマンで語れるLINEサポートを提供してくれる人を選んだほうがいいです。

 

しょっぱいチーム10個入るより

死ぬほど濃いコミュに1個入るほうが価値があります。

 

また参加のハードルが高いチームを選ぶなら選んだほうがいいです。

 

高額塾のフェイスブックグループに参加した時は

皆さん積極的に参加をされていて

有意義な議論が交わされていました。

 

なのでせどりのコミュニティを選ぶなら数十万単位の投資が必要になる超高額なチームに参加すると

意識の高い仲間と出会える可能性が高いです。

 

僕があえてLINEチームを探すなら

そういった場所を探して投資をします。

 

せどりに人脈は必要か?稼ぐために仲間は必須?

 

僕がせどりで稼ぐために付き合った人は片手に数えるほどしかいません。

 

せどりで稼ぎたかったらやることは簡単で、稼いでる人と一緒に仕入れに行って、

作業や普段の行動を極限まで効率化出来るように横について教えてもらうことです。(コンサル)

 

僕はこれだけでどんな地域のどんなジャンルでも稼いでいけるスキルを手に入れました。

 

そして僕が教えた人達も、会社勤めをしながら週に1回とか2回という少ない仕入れ回数で、

年収を100万、200万、300万と上乗せすることに成功しています。

 

せどりというはアフィリエイトや情報発信と異なり

極めて高い再現性があります。

 

また輸入や輸出と異なり、言語や海外の文化を理解していなくても稼ぐことが出来ます。

 

そして仕入れ以外の大半の業務は人に任せて自動化することが

簡単に出来ます。

 

あなたがやらなければいけない事は仕入れのスキルを身につけること

そして仕組みの作り方を学ぶこと

 

この2つだけです。

 

この2つをしっかり理解して実践できれば

副業で月利30万から50万、

専業であれば50万から100万を難なく達成することが出来ます。

 

それも半年以内に。

 

他のジャンルでこんなに高い再現性で

ここまで短い期間で稼げる方法はありません。

 

色々模索したのですが、最初にやるビジネスとしては

せどりがベストだという結論に至りました。

 

稼いでいくために仲間がいれば頑張れる、

頑張っている人が横にいると安心できる。

 

確かにそうかもしれません。

 

でもそういったノイズがあるがために

自分が集中すべき事がブレたり、油断をしてしまう側面があるのも覚えておいたほうがいいです。

 

僕はLINEチームも人脈も仲間も作りませんでしたが、

問題なく稼げましたし、教えて稼がせる世界でも成功できたので

LINEチームは全くもって必要ないと考えていますよ。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す