せどり日本一なうのはまさんの塾について。実態や価値はある?

スクリーンショット 2016-04-12 11.27.50
 

この記事の所要時間: 81

こんにちは、細野です。

 

今日はせどりの塾について語りたいと思います。

 

せどりの塾というのはかなりの数があり、

他ならぬ僕も塾でせどりを教える活動というのをやっています。

 

なので、運営する側としても、参加する側としてもこの手の塾とは付き合っているわけです。

 

今まで買ってきた塾

 

僕がうのはま塾以外に入ったものとしては、

与沢さんの塾や、秀吉塾というトレンドアフィリの塾、

せどりの塾はザセドリスクールという塾に入ったことがあります。

 

直接的に塾に入って稼げるようになったものとしては1個もなく、

その大半としては参考になったり、勉強にはなるけど

実践では使えない、長く使いにくいというものでした。

 

教材もかなりの数を買っています。

せどりと名のつく教材はもちろんの事、メルマガアフィリエイト、

サイトアフィリエイトなどかなり買って読みました。

 

稼げた塾は皆無、教材は2つだけいいのがありました

 

現在でも使っている教材はPRIDEとだいぽんさんのABAだけです。

 

だいぽんさんのABAだけは買ってよかったと思える内容で、

このやり方を実践して自動収入が稼げるようになりました。

 

ネットビジネス塾のお粗末な実態

 

僕がネットビジネスの塾に対してこれはないよなと思うのは、

塾と謳っているのにコンテンツを渡して終わりということです。

 

それって塾じゃなくて教材ですよね?

 

こういう塾は本当に多いです。

 

うのはま塾もどちらかというとコンテンツ教材

 

うのはま塾も塾と言っていますが、

実態はコンテンツ配信。

 

それを補足するものとしてフェイスブックグループがあり、

参加者262名。

 

どの塾でもそうですが、始まったばかりの頃は発言が多いけど、

段々と投稿も少なくなっていますね。

 

僕はFacebookは殆ど見ないので一度も投稿してないのですがw

 

セミナーは開催されない塾だったのですが、

塾生から希望があったそうで、5月に開催されることになりました。

 

 

学びづらい環境

 

塾のコンテンツはダウンロード出来ないようになっていて

勉強がやりずらいです。

 

移動中にiPhoneに入れて何度も聞き返したいのに、

ダウンロード出来ない設定にされています。

 

流出すると困ると思っているのか、

配布にはかなり厳しいです。

 

塾の販売から開始まで1ヶ月以上はあったのに、

始まった瞬間に届いたコンテツは、

先行者特典のうのはまさんが仕入れたお店一覧。

 

これはPDFで3枚ぐらいの紙に、今まで行って仕入れられたお店がリストアップされてるだけ。

そしてそのお店も特別なお店はなく、どこにでもある普通のお店ばかりでした。

 

お店攻略のコツも動画で解説をしていますが、

本質的な所はあまり話してくれていません。

 

うのはまさんであれば絶対に知っているであろうことを

出し惜しみしているんです。

 

例えば値札の見方というのがあって、

月利100万以上稼いでる人であればまずまず知っているであろう事も、

一握りのお店だけを紹介して、他の部分は語っていません。

 

これだと大きな街に住んでいる人は稼げるけど、

地方に住んでいる人は実体験として行動が起こしにくいと思います。

 

うのはま塾で稼げるようになりました

 

うのはま塾に入ってからせどりを実践して、稼げるようになった人はいるのか?

 

この記事を書くためにフェイスブックグループを読んでいたら

何人か成果を出された方の報告が見つかりました。

 

スクリーンショット 2016-04-12 10.58.41 スクリーンショット 2016-04-12 10.57.23 スクリーンショット 2016-04-12 10.52.22

 

ゼロベースで学んでこの数字はすごいです。

コンテンツを見て実践しただけなのに。

 

実際の利益はわかりませんが、仮に20%としても利益は100万ぐらい出ていますね。

 

今せどりで月利100万ていうのが割りと普通になってきているんですけど、

うのはまさんや僕が持っているノウハウで行けば到達可能なんだなーと感じます。

 

もちろんこれだけ売るにはそれ相応の資金と作業量(マンパワー)が必要ですが。

 

僕自身はうのはま塾で無料で公開されていた動画のノウハウと、他の人のノウハウを組み合わせて、

仕入れ力が大幅に強化されたというのがあります。

 

具体的には

-値札を効率的に見て、交渉できる商品を見極める

-在庫確認をして、他店舗に在庫があれば取り寄せる

-カート価格で価格改定をして、最安値でなくても売れる仕組みを作る

-ツールに巡回をさせ常にカートを取得できるようにする

といったもの。

 

これらのノウハウはほぼ全て無料で学んだものであり、

無料ノウハウが僕の中では一番使えましたw

 

内部に入ったら人の雇い方、組織化の話が聞けると思ったのですが、

人を雇うにはまずは家族や親戚、友人に声をかけろって言われましたからねw

 

人材募集サイトに出す募集文面や、

どういったサイトや会社で募集をかければいいのかという

具体的な話は一切ありませんでした。

 

うのはまさん自身が兄弟や兄弟の友人を雇って組織化されているんで

赤の他人を雇って教育して育てた経験がないのだと思います。

 

うのはまさんのように縁故で採用が出来ればいいんですけど、

僕はそういう人に頼めない状況だったので

ここはガッカリでした。

 

結局自分のメルマガとクラウドソーシングで募集をして、

社員と納品スタッフを雇いましたからねー。

 

社員は1ヶ月で辞めてしまいましたが、

納品スタッフさんはかなり良い方を雇えて

現在でもコンサル生の方の在庫を管理してもらったりして

活躍してもらってます。

 

また成績としても、1ヶ月社員が仕入れて

使ったお金が150万、売れた金額100万円。

 

その後2週間で30万ほど売れているので、

仕入れてから2ヶ月ぐらいで仕入れのお金の回収が完了する見通しです。

 

そして現在の在庫数としては110商品を保有していて、在庫保有数は300個ほど。

これらが全て売れると230万円の売上になる計算です。

 

売れるまでに時間がかかるものを結構入れているので

時間はかかりそうですが、価格改定ツールを使いながら回転を上げてやれば

トータルでマイナスになることはないでしょう。

 

ただ自分のやり方の課題というか、

儲かるけど利益を確保するために回転を犠牲にしているという特性も

1ヶ月やってわかりましたね。

 

資金力があればこれでいいのですが、

数十万単位の資金を回す方には

もっと回転が早い商品を仕入れるやり方を教えなきゃいけないなと感じました。

 

うのはま塾のバックエンド50万。その価値は?

実は僕はうのはま塾のバックエンドにもお金を払っています。

そのお金実に50万。

 

ただ大半の人が塾のみのコンテンツで稼げていること。

バックエンドで教えてくれる組織化と助成金の話もそれほど濃くないことを考えると、

この投資は微妙だったなーと感じています。

 

ただせっかく学んだので僕の企画ではうのはま塾からパクってきた事も

よりわかりやすく、使いやすい形にしてシェアをしていきます。

 

80万かけて学んだことをその10分の1以下で教えていきますw

 

もし2期があるなら入るべきか?

 

うのはま塾は4ヶ月で35万という価格設定で販売をされました。

 

そして4ヶ月間運営をしてコンテンツ配布が終わらないという理由で

1ヶ月期間が延長されました。

 

それが終わった後はどうなるかわかりませんが、

第二期の募集が始まってもおかしくないと思います。

 

僕を始め、経験者の人もこの塾には入って勉強したと思うので、

今後はうのはま塾に入らずとも、うのはま塾で学んで情報発信をしている人から

同じノウハウが学べるようになるでしょう。

 

僕自身、無料動画で学んだことや、

塾で学んだ業者営業のやり方を実践して

結果に繋げることが出来ました。

 

うのはまさんのやり方を知るまでは、交渉や取り寄せというのは

全くやっていなかったので

このやり方を知れただけでも価値があったと感じています。

 

まとめ

 

うのはまさんがやってることは理解できたので、

これからはうのはまさんのやり方を取り入れつつ、

自分が弱いと思うジャンルで収益を出してる人の仕入れツアーに参加というのをやっていきます。

 

今のノウハウでも月利100万は余裕なんですが、

さらに学び続け、コンサル生や僕の企画参加者を稼がせるために学びまくります。

 

直近だとフィギュアとおもちゃがあまり取れないので

ここで毎月コンスタントに結果を出してる人に交渉をして

一緒に仕入れに行くというのをやりたいです。

 

もしこの記事を読んでうのはま塾について知りたいことがあるという方は

コメント欄に書いて下さい。

 

追記という形で記事をアップデートしていきます。

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す