大局観の鍛え方。仕事や人生で発揮されることによるメリット

スクリーンショット 2016-03-31 6.13.18
 

この記事の所要時間: 430

こんにちは、細野です。

 

今回は大局観について語ります。

 

大局観ってなんやねん?って思う人もいるかもですが、

わかりにくければビジョン、目標、コンセプトと考えて下さい。

 

要はこういった方向性、考え方で取り組んでいく流れってことですね。

 

これが出来ない人がとても多いと感じるので、

具体的な事例と共に大局観の作り方を解説してみました。

 

 

大局観が持てないと何が問題なのか?

 

今回話した大局観はお金儲けの話だけではなく、

人生レベルでとても大切な概念だと考えています。

 

それはなぜかというと、目標設定や普段の行動に一貫性が保てなくなるからです。

 

一貫性が保てなくなると行動にブレが出てしまい、

あっちに行ったり、こっちに行ったりとおかしなことになってきます。

 

ただ不慣れな環境や、難しいことにチャレンジしている時は

招待がわからないモヤモヤ感というのが発生する時があります。

 

このモヤモヤ感が出ている時というのは

順調に目標に向かって努力できている証拠なので問題ありません。

 

問題なのは何かというと、自分が人生レベルでどうしていきたいのかという

大局的な方向設定です。

 

ここが出来ないと情熱も枯れるし、無理やり行動を続けようとしても

手が止まってしまうんです。

 

よく仕事を引退した人が急に老け込んだり、

アーリーリタイアメントをした人が現場に戻ってくるのは

一貫した目的を失ってしまったからです。

 

僕は人間の人生における充足感というのは

目標を持って生き続けることだと思います。

 

目標がない人生なんて味気なくて

退屈極まりないです。

 

僕自身は仕事を通じて自己実現をしたり、

色んな人と交流を持つことが楽しいので

仕事を辞めてリタイヤしたいとか、そういう思いはないです。

 

自由な人生は理想郷なのか?

 

ただ20代後半の時、仕事がつまらなくなって

何もせずにボーッと過ごしたいなぁと思う時期がありました。

 

その時は何をしても張り合いがなくて

人生すげーつまんねーなって思ってました。

 

時間があって朝から晩までゲームやったり、

漫画読んだり出来ても張り合いがないんですよ。

 

張り合いがない生活ってまじで糞ですよ。

 

なんというか、真剣に死にたくなる。

 

それぐらいつまんない。

 

人間目標やこうしたいというビジョンがないとやっていけないんだなーと

その時に思い知ったんですね。

 

だからこそ、人生レベルで自分がどうしたいのか?

これを考えておくことが大事なんです。

 

選択肢は自分の手の中に。目標設定も自分の手の中に

 

僕はあなたに引退するなとか、ずっと働くことが幸せだっていう価値観を押し付けたいのではありません。

 

引退したいと思うならすればいいし、

働きたくないって思うなら働かなくてもいい仕組みを作ればいい。

 

大切なのは自分が常に自分自身の意志によって人生をコントロール出来る状態であり続けることです。

 

そして、仕事以外に生きがいを見出すのであれば、その分野でこうしていきたいという目標、

行動指針を常に作り、持ち続けていて欲しいんです。

 

そうしないとどれだけ物質的に経済的に満たされていても張り合いのない生活になってしまいます。

 

大局観があればアイデンティティクライシスになる事はない

 

ただお金を稼ぎたい。

そういうふわっとした目標ではなく、目的の実現のためにお金がこれぐらい必要。

 

こういう風に逆算をして掘り下げることで

お金を稼ぐにしてもその根拠や動機に意味合いを持たせることが出来ます。

 

人は何かにつけて理由を求めるものです。

 

ざっくりでもいいので、意味や動機が固まらないと行動が出来ないんですね。

 

だからブラック企業を辞めるために金が手っ取り早く欲しいだよって人も

頑張って掘り下げて考えましょう。

 

ブラック企業を辞めて時間的自由が増えたら本当に幸せなのか?

毎日漫画読みまくってゲームを朝から晩まで出来たら本当に楽しいのか?

 

この辺りは人から諭されるよりも実際に経験をしてみるのがいいと思うので

是非一度経験してみてください。

 

PDCAと全体最適化

 

僕はビジネスも人生もPDCAサイクルと、

最適化の繰り返しだと思います。

 

ネックになっている箇所を潰して全体のパフォーマンスを底上げする。

 

その繰り返しです。

 

ただそれだけだと反復作業を繰り返すロボットみたいな生活になってしまうので、

楽しさ、やりがいも考慮しながら大局的な方向を見据えていくという事です。

 

自分で設定できない人は最初の段階は借り物の設定でもいいと思います。

 

僕も最初は人の価値観をそのまま受け入れてスタートしたので。

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す