メルカリ転売塾の手法とリスク。短期間で稼げる可能性があるが‥

スクリーンショット 2016-03-27 23.30.04
 

この記事の所要時間: 457

こんにちは、細野です。

 

昨年辺りからメルカリで仕入れて、アマゾンで転売する手法や、

仕入れた商品をメルカリで転売するやり方に注目が集まるようになってきました。

 

僕の所に面談に来てくれた人にも、子供服を仕入れてメルカリで転売して月収50万という人が来たことがあります。

メルカリで稼げるのは事実だと思うし、今後も続いていくと思います。

 

ただ今回記事を書こうと思ったのは、一部で非常にきな臭い動きが出ている事に警鐘を鳴らさずにはいられなかったからです。

 

メルカリで稼ぐ方法あれこれ

 

メルカリで稼ぐ方法はいろいろありますが、一番メジャーなのはやはり不要品出品でしょう。

 

家に転がっている服やゲーム機を出品してみてください。

すぐに問い合わせが来て売れていくでしょう。

 

メルカリはパソコンからの出品を最近になり解禁したので、今後さらに多くの人が入ってきて活性化することが予想されます。

 

転売視点だと、ネットや店頭から仕入れた商品を出品して稼ぐという方法があります。

 

これはメルカリの売買履歴を見ながら、肌感覚で売れそうな商品を掴んでいくしかありません。

メルカリにはメルカリの相場というのがあるので、それに慣れることが大事です。

 

そしてこれは規約違反になるのですが、空出品という方法があります。

 

実は今回紹介したいのはこの空出品を利用した、メルカリで稼ぐ方法を教える塾やコンサルの存在についてです。

 

空売りは儲かるのか?

 

在庫を持たずに販売できる手法としてはBUYMAというのがありますが、僕自身が会社で取り組んだり、

ライスワークラボでコンサルを受けていた人達の実態を見た時に感じたのは、

大変な割にあんま稼げないなってこと。

 

労力に対するリターンがしょぼすぎて、これならアフィリエイトで資産サイトを作ってるほうが遥かに将来的なリターンが大きくなると感じたものです。

 

メルカリの転売塾の存在を知った時にもこれと同じで、労力の割にリターンが合わないと感じました。

 

ただ実際に自分で作業をしてみて思ったことは、ジャンル選定と商品選定をしっかりやり、数をこなすことでノーリスクで稼ぐことが出来る可能性があるなということです。

 

どういう事なのか解説をします。

 

ヤフオクでもアマゾンでも在庫を持たずに販売することは禁止されていますが、

バレないように空出品をかましている業者や個人はたくさんいます。

 

実は僕もやっていた一人ですw

 

僕の場合は派手にやり過ぎて目をつけられてアカウントを停められたのでやめましたが、

ばれない範囲でやってる人はかなりいるのではないかと思います。

 

物販ビジネスの欠点は在庫を持つこと。

 

在庫を持つことで最初から資金が必要なわけです。

 

これはイニシャルコストが少なくても回せるアフィリエイトや、

無在庫販売と比べると大幅に不利です。

 

この欠点を補えるのが前日のBUYMAであり、

メルカリの無在庫転売なんですね。

 

メルカリの致命的な欠点

 

魅力があるメルカリですが、欠点もあります。

それはアマゾンと異なり発送作業を自動化することが難しいという事です。

 

出品までは外注やツールを自分で開発して効率化が出来ると思いますが、

売れてからの連絡や入金確認、梱包に発送を自分でやらなければいけない。

 

これは致命的です。

 

こういった雑務には思ったよりも時間がかかるので、

たくさん作業しているのにお金を稼げない。。。

 

そんな事になりかねないです。

 

短い期間で月利100万を狙えるせどりと異なり、

メルカリで数十万単位を稼ぐには1個あたりの粗利が大きな

単価の高い商品を狙っていく必要があるでしょう。

 

ただ、それを無在庫で出来るのであれば取り組む価値はあると思うし、

僕自身も実際アウトレットモールの商品を空出品して利益を出したことがあるので

資金が少ない間にパワープレイで無理やり資金を増やしたり、

何でもいいから実績が欲しいという人にはありかなと感じます。

 

メルカリ転売塾の活用法

 

僕が教える企画ではこのメルカリの無在庫販売も僕がやったやり方とその有効性を教えていますが、

これだけで何十万も稼げるというよりは

今の手法に1万円ぐらい上乗せできればいいかなという位置づけです。

 

ガッツリやるノウハウとしては持っていないので、

ここを補うためには教えてくれる人を雇って習う必要があります。

 

ただ前述のとおり、作業量が多く、自動化が出来ないので

会社として参入するかというと微妙。

 

だからこそ、空売りで稼げる可能性があるのを知っていても

今まで参入しませんでした。

 

そして今後もやらないと思います。

 

メルカリ転売塾の活用法としては

資金が少ない間にノーリスクで1万でも2万でも作りたい人。

 

情報発信をするための実績作りをしたい人でしょう。

 

パソコンからの出品が開放されたことで

今後プレイヤーが増えて、アマゾンとの価格差や、ネットショップとの価格差は狭くなっていきます。

 

長期的に稼げるノウハウではないので、

短期で集中して結果を出してそれを売り逃げするという戦術を取らないとダメです。

 

まあまっとうな神経をしていたらそんな事して長く続くはずがないというのは

わかると思います。

 

なので、これからの参入やメルカリ転売塾の実践は僕としてはおすすめしません。

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す